| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年02月28日

電通の「鬼十則」と「責任三ヵ条」

 と思い立ち、古い書棚から埃だらけの「電通」(田原総一朗著 朝日新聞社)を取り出しトイレでフムフムと眺めてみた。

 存じのようにこの本は、当時(S59)メディア界のタブーとされる電通を田原総一朗が一刀両断に斬ってみせた…と、絶賛される本である。


続きを読む

posted by 石山城 at 02:44 | Comment(15) | TrackBack(2) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

トリノオリンピックを振り返って

結果的にメダル1個という成績に終わった今回のトリノ五輪。
今朝、眠い目をこすりながらも
閉会式のライブ中継を見届けたあと
ボクはあちこちのネット上でみることのできる
今回のトリノ五輪の情報をあらためてザラッと見まわしてみた。

それは、
「どんな切り口で今回の模様を伝えてるんだろう」
っていう単純な野次馬根性から。

まぁ、一様に
「荒川静香フィーバー」一色の感はある中で
次の記事が特に秀逸だなーって感じたので紹介しながら
ボクなりのトリノを振り返ってみたい。

続きを読む
posted by 石山城 at 18:06 | Comment(16) | TrackBack(2) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

責任って何かな?〜永田議員辞意表明についての一考察〜

永田議員が例の件で辞意を表明したとかしないとか…
民主党の執行部の責任は、どう落とし前を着けるんだとか…

とかく「責任の取り方=辞める」
みたいな風潮がまかり通っているけれど
本当にこれで良いんですかね?

辞めれば本当になんでもチャラになるんですかね?

ここらへんで
少し次元の違う形で「責任」っていうものを
考え直す必要があるんじゃないだろうか。

続きを読む
posted by 石山城 at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(3) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

CSやロイヤルカスタマーの原点を考える

CS(顧客満足)や、
ロイヤルカスタマー(上得意様)など、

「いかに顧客に喜んで貰えるか?」

っていう対外的ことばかりに
注意が向けらがちだけれど

社員や取引会社など
まずは身内から愛されることを最初に考えるべきだ。


ベクトルを外側へ遠くに届かせるためには、
まずは同距離で内側にも向いていないとバランスが取れない。

posted by 石山城 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

情報ソースについて ー武部問題を追及する...2ー

お陰様でアクセスが集まったので、
前回に引き続きパート2。

今回は「情報ソース(source)」について迫ります。

続きを読む
posted by 石山城 at 16:04 | Comment(4) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。