| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年03月19日

米国SNS市場、MySpaceがシェア80%でトップ

米国SNS市場、MySpaceがシェア80%でトップ(ITmediaニュース)

それにしても、2位のFacebook(シェア10.32%)と3位のBebo(シェア1.18%)と比べると、もはやぶっちぎりですね。



たとえデファクトを押さえたといってもこのシェア比はすごいですね。世界的なSNS市場におけるMySpaceのシェアも知りたいところです。



記事には上位20位までが掲載されています。



posted by 石山城 at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(2) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4大ポータルはますます強く

4大ポータルはますます強く(Ad Innovator)

Googoe、Yahoo!、AOL、MSNの4大ポータルのオンライン広告費シェアは、2004年47.8%から2006年には57.4%となりますます伸びていることがわかった。Googleの成長率は下がってきているものの、それでも4大ポータルでトップである。

集中と拡散化された社会はなにもインターネットだけじゃないですよね。今後ますますこういう傾向が強くなっていくんだと思う。もはや格差社会がどうこうっていうレベルじゃなくて、これは全世界的に動いていることなので、もはや、そのことを嘆くことよりも「ではどうした方がお得なのか?」を考えた方が得策ってこと。…



まぁ、基本的にはP・ドラッガーのネクストソサイエティの読み方と同じなんだけれど。

posted by 石山城 at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

Let's Note 発売10周年記念無料リフレッシュサービス

Let's Note 発売10周年記念無料リフレッシュサービス(天漢日乗)

パナソニックはモバイルノートのブランドをレッツノート一本化するだけでなくて、対衝撃落下、対水など、ますます進化させて、モバイルユーザーのハートをガッチリ掴んでますよねー。ボクもMacユーザーじゃなければ絶対コレ使ってたと思う。



で、今回の無料リフレッシュサービスっていう戦略はウマイ。下手な新規のブランディングプロモーションをするのであれば、既存のユーザーにメリットを与えることはとても大事です。新しいユーザーよりも使い続けてくれたユーザーにも視点が行ってる。これは外でお客を作るより先ず、社員などの身内に愛されるっていう姿勢と似ています。これ大事。

posted by 石山城 at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

「ガリガリ君入浴剤Cool!」

36962


「ガリガリ君入浴剤Cool!」(バンダイプレスリリース)



こーゆー商品開発の発想はすごいよね。大好き。



完全に2匹目のドジョウ狙いで、今度はバスクリンの津村順天堂が、ピカチュウとかポケモンカプセル(正式名称忘れた)型で、「マサラワールドの湯」とか「シンオウ地方の湯」とかの入浴剤出したら、オモチャのバンダイのお株奪えるかもね(笑)

posted by 石山城 at 14:28 | Comment(2) | TrackBack(2) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「セキュリティーを考慮したIDとパスワードの作り方」の新提案

#60:辞書にない言葉(パーセプション・ギャップ)

これ、素晴らしいアイデアですね。所詮、その人個人が考えつく「言葉と数字の組み合わせ」の創造力なんてタカが知れてるもんね。こういうヒネリがないと危ないのかも知れません。ただ、入力の度に本人も戸惑っちゃうだろうけれど、そのぐらい面倒くさくないとダメかも(笑)

posted by 石山城 at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。