| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年03月20日

「娘の思い出消された」と500万円請求 - 社会ニュース : nikkansports.com

「娘の思い出消された」と500万円請求 (nikkansports.com)

修理に出したら無くなった娘の大事なデータがすべて消失していた…っていう事件なんだけれど、これって、業者も事前にあらゆる確認をしておくべきだったし、ともあれどっちも悲劇だよね。



 …というか、「パソコンはもはや家電」っていう認識が広まりつつあるけれど、あくまでも「使いやすさだけを喧伝した結果」というプロモーションの功罪は否めないとボクは感じる。ボクから言わせれば、パソコンはぜんぜん家電じゃないし、どう使って、どうメンテナンスして…っていう買った後の自己責任的な要素が強いまったく異質の商材なんだと思うけれど。



 この悲劇って、あの「のだめカンタービレ」が流行したことによってクラシックの裾野は広まったものの、コンサート運営に支障を来している現象と似ているよね。あまりにもクラシック素人がコンサートに押し寄せているためにこれまでの「マナーを心得た鑑賞スタイル」が維持できずに、本当のファンががっかりしている…っていう。



 そう考えると、携帯電話がある特別な人の持ち物から一般的な商品にシフトしてからだよね、携帯電話のマナーの問題が持ち上がったのも。



 なにかが広がって一般化される…って、あらゆる弊害も抱き合わせで広がることも、最初からリスク管理してないといけないのかもしれませんね。



posted by 石山城 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。