| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年05月01日

激安10円缶コーヒーとコウノトリ(自販機の現代事情)

 代の潮流を受けるように、自動販売機にも激安の波が押し寄せているようです(参考リンク)。といっても、この現象は、激安になったことに注目するニュースなんじゃなくて、生産メーカーと販売店側の関係性と、販売サイドの価格の自由化の結果…という見方が正しい。

 いうことで、日本自動販売機工業界のサイトを見てみたら、「コウノトリ自動販売機」っていうのが、ロケーション大賞っていうのを受賞していてビックリ。え? 詳細は以下。

(続きを読む)


posted by 石山城 at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「説明できないことをひとつでも減らす努力…それが明るい社会をつくる源」という大人の考え方

 「それはつまり…、その…、なんだな…、えーっと、むにゃむにゃ…」


 家とか、会社とか、大人たちとか、そういうそれぞれの事情で、繰り返され、放置され続ける、どう考えてもツジツマが合わない色々な出来事に対して、今、ボクたち大人は、子供たちにどう説明すればいいんだろう。

 はバレなければOK。つき続ければOK。知らないフリをし続ければOK。ウマいことやっちゃったモン勝ち…。


 節操にタレ流され続けるテレビや新聞で知る、こういう大人たちの現実の社会のなかで、まっすぐ育って欲しい願う親や大人たち。


 めて自分の関わる身の回りの出来事ぐらいは、できる限りシンプルに、誰にでも説明が可能な状況を作る努力っていうのを、今、ボクら大人たちは取り組まなきゃいけないんじゃないのかなー…などと、子供のいないボクが言うのもなんだけど。

- - -
※関連記事
 いつでも、どこでも、誰とでも、何をしてても自分「4W1H Me」という考え方
posted by 石山城 at 13:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。