| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年07月31日

「コミュニケーション・エラーによるリスク」を想定する

デコルテ、ミドリフ、ベリー、クロッチ、タミー、ソング、タンガ…等々。


 たことも聞いたこともないこれらの単語。

 なくともボクにとっては、何の話しか、何の業界の、しかも何語なのかすら、わからりませんでした。


 れと同様、ギーク、トラバ、サムネイル、ASP、SNS、セカンドライフ…等々、ボクや友人たちが当たり前に使っているこれらの単語も、インターネットにまったく無縁の人が聞いたら同じ感覚になるはずです。


 コミュニケーションを語る上で、最も重要なことのひとつとして『お互いの共通言語で話す(相手と自分が知り得ている共通の言葉で伝え合う)』ということが、最近忘れられがちかな…と感じ始めたのでメモ。

 
(冒頭の答えは下...)
posted by 石山城 at 19:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

せめぎ合いの現場を支えるプロ意識と、神様の種類

 クは『せめぎ合いの現場』が好き。


 その反対側にあるのは『馴れ合いの現場』とか『予定調和の現場』なのかなと思う。

 新規のクライアントさんや新しいプロジェクトでは、それぞれの立場の人たちが参集し、それぞれの立場で、同じ目的を持って、せめぎ合う。

 ときには激論を交わすこともあるだろうし、事前の根回しも必要かも知れないし、根気強くこれでもかと嫌気がさすほどの時間をかけた説明も必要かも知れない。


 も、それはそれぞれの立場で、最高の技術や、ノウハウや、そういうものを結集させた、よい仕事をしたいから『せめぎ合う』のである。



 して、そのせめぎ合いの現場を根底で支えるのは、それぞれの立場の人たちひとりひとりが持つ『プロ意識』でないかとボクは思う。


 そういう現場は、本音を書けばとてもツラいけれどボクは好き。(続きを読む...)
posted by 石山城 at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

『レジャー白書2007』レポをちょろっと見ての感想

FujiSankei Business i. 総合/「レジャー白書2007」 ギャンブル低迷で80兆円割れFujiSankei Business i. 総合/「レジャー白書2007」 ギャンブル低迷で80兆円割れ【e】

 チンコ・競馬というギャンブル(レジャーと呼べるのかどうかは、さておき…)が連続のマイナス傾向、そして、旅行業界もマイナスとなる反面、手短に楽しめるゲームやフィットネスなどがプラスとなった。

 チンコ・スロットについては、昨年の人気機種への規制が関係しているらしいのですが、ボクが言いたいのは、海外旅行の減少についてです。


(続きを読む...)
posted by 石山城 at 17:37 | Comment(2) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

Since we met W/ Tommy Emmanuel in YOKOHAMA BLITZ Live and Super Guitar Clinic.

070724_01.jpg

 ジネス主体のこっちのブログでは、このオジサマが誰なのかをご存じの方は少ないと思いますが、それはそれは世界屈指のフィンガーギター奏者の、あの、トミー・エマニュエルなのである!

 本当は大興奮冷めやらぬ状態なんですが、詳細は是非ともボクのアコースティック・ギターブログに記してあります。ご興味のある方はどうぞ。


 ともあれ、ボクにとって一生忘れることができないであろう2日間となったのは間違いのない事実として、本家のブログでも「本日の1枚」として記録としてログります。

- - -

■右手にスカルプチャー(石山城ギターブログ)
 
 Tommy Emmanuel Guitar Clinic(トミー・エマニュエル・ギタークリニック)に参加してきましたよ(7/24/2007)
posted by 石山城 at 02:49 | Comment(4) | TrackBack(2) | Private Photo / 本日の一枚| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

すべてのマーケター、プランナーに役立つレポートセンター:レポセン

様々な調査データを掲載する、役立つ調査資料ポータルサイト - 【レポセン】様々な調査データを掲載する、役立つ調査資料ポータルサイト - 【レポセン】【e】

 タイトルに「すべてのマーケター、プランナーに役立つレポートセンター:レポセン」とあったので、取り急ぎ、便利そうかなと思い、中身はまだ未確認ですがブックマーク。

 個人的には【「ちょいワルオヤジのイメージ」に関する調査 】なんてのが気になるところですが、後でゆっくり見てみることにします。


posted by 石山城 at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。