| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年10月03日

シーテック舞台裏 ここ最近の業界再編のまとめ

「シーテック舞台裏 次なる再編“日立”に注目」ビジネス‐メーカーニュース:イザ!「シーテック舞台裏 次なる再編“日立”に注目」ビジネス‐メーカーニュース:イザ!【e】

 日本を代表する大企業たちが続々と再編成。その数のあまりの多さに情報に追いついていくもの大変ですが、ここに各電気関係のここ最近のまとめ記事があったのでブクマ。


posted by 石山城 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21世紀の国際社会を生き抜くためには、資金運用のための人材を

竹村健一の世界を見る目: 21世紀の国際社会を生き抜くためには、資金運用のための人材を竹村健一の世界を見る目: 21世紀の国際社会を生き抜くためには、資金運用のための人材を【e】

 クたちは国内に目を向け過ぎなのである。

 ラッガーのネクスト・ソサイエティを持ち出すまでもないけれど、これからの社会は好むと好まざるにかかわらず、すべてのモノ・コトは国際競争に晒されているわけで、ボクたちが国内のスキャンダルにまみれた政治やニュースに目を奪われているうちに、日本のGDPが国際社会の中で、どういう順位に落ち果てているのか、そして、その外的要因と内的要因はナンなのか、分かり易いグラフを用いた記事でもあるし、必読記事としてブクマ。
posted by 石山城 at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相撲はガラガラポンして出直したほうがいい

大西 宏のマーケティング・エッセンス:相撲はガラガラポンして出直したほうがいい - livedoor Blog(ブログ)大西 宏のマーケティング・エッセンス:相撲はガラガラポンして出直したほうがいい - livedoor Blog(ブログ)【e】

 の事件に代表されるように、事件が起きてもなぜか業界内だけの処分で済んでしまう不思議な制度が存在することに、そろそろボクたちは疑問を持つべきだと思う。
 
 かも、今回は直接の死因は不明だけれど、現実問題としてひとりの人間が命を失っている事件でありながらも警察がまだ介入していないのも不思議。

 ンク先の大西さんも仰ってるけれど、そろそろガラガラポンにして出直した方が良いのは、今回の相撲だけではないような気がします。
posted by 石山城 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。