| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年10月09日

平和ボケの代償

「【やばいぞ日本】第3部 心棒を欠いている(9)」マネー・経済‐経済政策ニュース:イザ!「【やばいぞ日本】第3部 心棒を欠いている(9)」マネー・経済‐経済政策ニュース:イザ!【e】

 ボクはことある毎にあちこちで書いたり言ったりしているんだけれどさ、今、日本はエリカ嬢や相撲なんかの話しで盛り上がってる場合ではないのだよ。

 ましてや、ドメスティックな政治の話しをエンターテイメント化して遊ぶのももうやめましょうよ。

 国内のどうでも良い問題(くだらない少数の利権の取り合い含む)に終始している間に、各国から日本なんて相手にされない国家(注目されるのは日本企業だけ)になろうとしているのだよ。

 マスコミなんてシンガポール空港の規模や香港港のとてつもない拡張工事の実態など耳にしたことも目にしたこともないんだから。やばいぞ、日本。

- - -
補足リンク:アジアにおけるジャパンパッシングと夜郎自大な日本(カトラー)


posted by 石山城 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『無料』を考え直してみる。

 さらだけれど、今、ふたたび「無料」の話題が多いような気がする。本来、無料とは「お金のかからない」ことを意味しているのだけれど、最近の無料は「その場は無料」という意味合いが強い。

 してそれを大々的に宣伝してちょっとした社会問題にもなった「携帯0円(ソフトバンク)」という表現で、知っている方も多いように、本当に、その場はタダで持ち帰ることができるけれど、「月々の利用料金には割賦料金が加算されますよ」という、まさに言葉のイメージの裏をかいた…というか、なんとなく良い意味でも悪い意味でも「ヤラレちゃった感」のある販売戦略も記憶に新しいですよね。(続きを読む...)
posted by 石山城 at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。