| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2008年02月18日

IOC、北京オリンピック期間中の選手や関係者によるブログ投稿を正式に許可(japan.cnet.com)

IOC、北京オリンピック期間中の選手や関係者によるブログ投稿を正式に許可(japan.cnet.com)

 クは常々懸念していることのひとつに、世界中から人が押し寄せる北京五輪開催時に、『中国から自分の国のウェブサイトが見られない(検閲に引っかかっている…)』という事態がはじめて世界中の人たちが知る契機になることなので、『そうなったらいったいどうなっちゃうんだろう?』っていうことがあります。

 もしくは、それまでに中国政府はネット検閲フリーの体制を準備するのでしょうか? はてさて、ボクとしては見守るしかないのだけれど…。

 ちなみにボクのメインサイトでもあるSeesaaブログのドメインは、中国からはアクセス不能です。

 ●国際オリンピック委員会(IOC)は現地時間2月15日、初めてオリンピック期間中のブログ投稿を許可し、8月に開催される北京大会に向けたガイドラインを公表 ●【ルール1】ブログを投稿する選手または関係者は、認可された領域外で撮影された静止画像または認可された領域内で撮影された自分自身の写真(ただし競技の様子が一切写り込んでいないもの)のみを投稿できる。●【ルール2】ブログはいかなる企業とも独占的な契約を結んではならず、また特定商品についての言及や広告を含めたりすることも許されない(続きを読む...)


posted by 石山城 at 16:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<北京五輪>関連求人説明会は大盛況!

<北京五輪>関連求人説明会は大盛況!(headlines.yahoo)

 ろそろ8月の北京五輪開催に向けて『駆け込み特需の最終局面に突入』ということでブックマーク。(人材募集はインフラ整備の最後のフェイズだからね) 

 ってことで、ボクも独自ルートを使いまくった、普段ではブッキング不可能な【中国視察ツアー】【対中ビジネスマッチング・コーディネート】等、本格稼働させなくちゃ。

 ●春節後、初めての大規模求人説明会「2008年春期人材大市場」が北京市で開催され、5万人を超える入場者を集める大盛況 ●参加企業数1450社以上、総求人数が約3万人と、春期としては最も大規模 ●求人職種は、通訳、秘書、運転手など多種 ●ある企業の「運転手」の募集条件は「月給4000〜8000元(約6万〜12万円)

 
posted by 石山城 at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップチャンネル年商1000億円 小売業界不振よそに好調なTV通販

ショップチャンネル年商1000億円 小売業界不振よそに好調なTV通販(FujiSankei Business i. 2008/2/18)

 クは常々「現在売上XXXX個」ってリアルタイムで販売個数が表示される某TV通販番組が気になっていたんだけれど、やっぱりこんなに売れてたんですね。改めて驚いたと同時にうまくまとめられた記事を見つけたのでブックマーク。

 ●テレビ通販最大手、ジュピターショップチャンネル(東京都中央区)の昨年1年間の売上高が初めて1000億円を突破 ●24時間365日生放送の「ライブ感」と生活雑貨中心の品ぞろえが、中高年女性の固定ファンをつかんだことにある。 ●2011年のデジタル放送への移行で、一時的に視聴者数が減ることが予想され、いかに顧客を引き留めておくかが課題 ●ショップチャンネルの番組のうち一日の間で最も電話注文が多いのが、深夜0時から日替わりでお得な商品を提供する「ショップスター・バリュー」のコーナー(例)「ダイソン」の小型クリーナー、定価7万2000円を3割引の4万9980円で販売したところ電話が殺到、1日で1万2000台を売り尽くした ●顧客の8割以上を30〜60代の女性が占める。視聴可能世帯数は2000万以上だが、顧客のほとんどはリピーター。購入額が年間1000万円以上の「超お得意さま」も約50人 ●不安材料は11年のデジタル放送への完全移行 >●QVC:親会社の三井物産がBSデジタルの無料放送「ワールド・ハイビジョン・チャンネル(トゥエルビ)」を昨年12月開始……(記事要約抜粋:石山)
posted by 石山城 at 10:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。