| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2010年11月15日

Nov 15, 2010





    jump2.jpg



    ■フットワーク命…だからこその健康

  • #guitar 今、ボクと繋がっている全国のギター仲間はすべて、ネットを通じた仲間たちばかり。最初はブログからYouTube、そしてツイッターと、もはや共通の趣味でつながる仲間たちに距離は無いんだよね、ホント。 でも、最後の最後は「フットワークの軽さ=体力勝負」なんだw (つづく posted at 02:46:21


  • つづき)いかにネット社会になろうとも、最後の最後はやっぱり「リアル」なわけで、そうなると「フットワークの軽さ=体力勝負」が肝。それはビジネスだって、なんだって同じなんだよね。だからこそ、日頃の健康管理が一番大事なのですよ…ってこと。 posted at 02:50:03





  • ■若者から学んだこと

  • 昨日、自分の息子ほどの若者たちと、まる1日ぐらいゆっくり話す機会があったのだけれど、そこで改めて感じたこといくつか。それは、「『一所懸命さ』と『学ぶ姿勢』は、損得を越えて周囲を動かす」ということ。やはり人間は謙虚さをベースに、かくあるべし…と再認識しました。(づづく posted at 14:19:23


  • つづき)また、教えられたらすぐやってみせる…という「プライドを捨てる大事さ」も痛感。やはり大人になると、恥ずかしくて目の前でやってみせるのは、恥ずかしく思っちゃうんだよね、やれない自分のプライドも邪魔をして。でも、自分をさらけ出す勇気は忘れちゃいけないな、と。(つづく posted at 14:19:41


  • つづき)『知ったかぶり、やれるフリは、なんの得にもならない』ってことを、純粋無垢で、一途で、一所懸命な若者を前に、イヤになるほど再認識しました。(おわり posted at 14:20:12





  • ツイッターを見て思うこといくつか。

    次から次へと面白いことを呟く人の人生は、
    それほどオモシロおかしいことに
    恵まれてるわけじゃないんだよね。

    「何気ないことを、オモシロおかしく切り取って、
    それを表現するのがウマい」ということなんだよ、と。

    もちろんそうなるような努力も
    惜しんでいない。

    posted at 14:27:39






*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"


posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「押尾コータローとギターを弾こう!」 at 渋谷




    #guitar 昨日のイベント写真(渋谷音楽祭「押尾コータローとギターを弾こう!」 at 渋谷109) posted at 15:07:28

    oshio001.jpg

    oshio002.jpg

    oshio003.jpg


    oshio004.jpg


*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Private Photo / 本日の一枚| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

コミュニケーションスキルをツイッターで学ぶ




    selfportrait-27.jpg


    ■コミュニケーションスキルをツイッターで学ぶ


  • つい自分のタイムラインばかりを見てしまいがちだけれど、「これは?!」と思った人を見つけたら、その人のページに飛んで、・どのぐらいの頻度で@返信してるのか? ・どのように会話してるのか?は見ることは可能。 posted at 01:30:19


  • また、ツイッターアプリを使えば、@返信で会話をしている人同志でどういう掛け合いがなされているかの「会話」すら追うことができるので、少なくともツイッターは、ネット社会のコミュニケーションスキルを学べる宝庫。 posted at 01:30:37


  • もちろん、ツイッターの関連本はたくさんあるので、それを見ても良いのだけれど、先ずは「これは!?」と思う相手を見つけ【徹底的にその人のツイッター上での動きを観察する】のも一考だとw posted at 01:31:01




  • なにかとツイッターとビジネスを絡めた内容を目にする機会は多いけど、言い換えれば、それはそれだけ現代の社会的に「注目」されているから。 posted at 01:36:29


  • 個々人が今のコミュニケーション時代を謳歌するために必要なスキルを学べる場が、ツイッターではないかなと。大袈裟かw でも、どこにも売っていない生きた教材の宝庫なのは確かだよね。 posted at 01:38:12


  • - - -
     ※加筆:ソーシャル時代の「立ち居振る舞い」は、TwitterやFacebookを見てるとなんとなくわかるよね。ボクがお手本的に振る舞えているかどうかはさておいて、『先ずは真似る』は何事においても基本のような気がします。





*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

Nov 13, 2010





    jnrst.jpg



    ■違憲交換をする大前提


  • うまく言えないけれど、コミュニケーションの下敷き(価値観や情報量や経験値など…)が見えない相手との違憲交換は、可能ならば避けた方がベターだと思う。でも、どうしてもしなくちゃいけない場合は、それなりの用意(時間や心の準備や段取りなど)が必要だよね。真面目に向き合うならば、だけどw posted at 01:16:36




  • ものごとすべてを「好きか嫌い」の二元論でわけちゃうのは悲しいよね。基本「好きか大好き」、そうじゃないものは「フラット」で良いじゃないかと思う。でも、どうしてもダメなら自分から(あらゆる意味で)距離をおけば良いだけ。 posted at 01:21:52




  • 1日7〜8時間は寝てると思うんだけれど、何故か細切れなんだよね、最近。ヘンテコな時間に脳内モルヒネが出ちゃって、でも、そういうときにやっつけちゃいたい類の作業というのがあって、それに取りかかってると、またヘンテコな時間になる…という日々スパイラル。おはよう。 posted at 06:23:52





*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

ケーブルTVをつなごう




    earth.jpg



    ものすごく安易かも知れないけれど、
    ケーブルテレビに加入して、
    世界各国の番組を観ただけでも
    明らかに日常の世界観は変わるよ。






*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。