| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年01月25日

Jan 25, 2011




    ■ツイッターについて:

  • ボクにとってツイッターは、情報収集ツールでもあり、コミュニケーションツールでもあり、ひとりブレスト/ログのツール。あと、いろんな意味で、ボクの生存確認のためのツール…でもあるw posted at 13:41:37


  • やっぱりふつーに人間やってれば、機嫌の良い日だってあるし、胸くそ悪い日だってあるし、体調が悪い日だってあるよね。 で、そんな中でずっとコンスタントにブログを更新したり、ツイッター続けてるっていうだけでも「あぁその人は信用できるなぁ」とボクは思える。ふつーに続けるって難しいもの。 posted at 13:44:55
    - - -

     ※加筆:画像で紹介する本小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力中村 仁 (著) は、現時点でツイッターについてボクが一番参考になると思っているもの。


     この本の著者は飲食店「豚組」の経営者として有名なので、どうしてもその業界以外の方は手に取りづらい傾向があるかも知れないけど、どっこい、ツイッターの基本性能や特徴をこれほどうまく捉えて説明している本は、まだお目にかかっていない。


     また、サンプルがすべて実例なので、とてもリアルでわかりやすいです。ツイッターをビジネスユースで活用したい方、また、広告業界でソーシャルサービスを提案する立場の方は、是非、読むことをオススメします。





  • 「やらない」も問題だけど、「やり過ぎ」はもっと問題を引き起こしかねないから要注意だ。(自戒を込めて) posted at 13:58:09





  • なんだこれ。ガツンときた。 RT @ShinNishino: RT @tanigox: RT @Horivish: 長い旅行に必要なのは 大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ (スナフキン) posted at 15:13:35





*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。