| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年02月23日

Feb 23, 2011




    2億円馬券とアイデアフラッシュ

  • ボクは競馬をやらないから知らなかったんだけど、4月から100円で最高2億円の払戻金になる『5重勝単勝式(愛称:WIN5)』という新馬券が発売されるんですね。(参考リンク) *JRAの2010年度の総売り上げは約2兆4300億円(前年比93.7% 平9年の4兆円をピークに13年連続で減少) posted at 09:12:55
    - - -

     ※加筆:ボクはJRA 福島競馬場の真横にある中学校に通っていたのでw、その『みるみる宇宙ステーションのように増改築されていく競馬場』の姿を目の当たりにしながら育ってるんだよね。なので、週末になると隣接する山形とか宮城からわらわら車が集まって、国道4号線が競馬渋滞になるのが当たり前な光景として焼き付いているんです。

     で、前述のようにボクは競馬をやらないので、今回あらためて、1.平成9年をピークに13年連続で売上が落ちているという事実と、2.ピーク時でも約4兆円しかなかった…という事実に本当に驚いているんです。



    ■パチンコの約1/8弱の市場規模:


     というのも、毎度引き合いに出されるパチンコ市場は、なんとなく30兆円という記憶があったので、それの約1/8弱ぐらいしか売上がないのかと…。(※パチンコ業界もレジャー白書2010によると、2009年の市場規模は21兆650億円と年々落ち込んでいるらしい…)

     余談だけど『昨今のギャンブル離れ』…についてだけど、勝手な想像で言わせてもらえば、最近の若者は恋愛やセックスにも興味が薄れてきてると言われてるのに、ギャンブルだけが盛り返せると思ったら大間違いじゃない?…なんて思ったりするんだけれど、どうなんでしょ?w


    ■アイデアフラッシュ:

     さておき、ボクはなんとなく思うんだけど、なんか懲りすぎなんじゃないかと思うわけです。

     いろんな面白い売り方をして興味を惹こうとする狙いはわかるんだけれど、ボクのような素人は、もう複雑すぎてどんどん興味が薄れちゃってるんですよ。これじゃ新規のファンは増えないよね。


     であれば、『競馬と宝くじを組み合わせて馬券を発行して、レース後に当選番号を発表する』みたいなことをやっても面白いと思うんだけど、どうだろう。


     たとえ当日ハズレてしまったとしても、その場で馬券を捨てることもなくなるし、誰にだってチャンスがある公平なギャンブルになり得る。また、配当金は、清掃員のコスト削減費用から浮いた金額と、期間をある程度バッファを設ければ、単価を今のままの据え置きで実施可能なレベルになるのではないか、と。※もちろん、数千円程度のショボイ当選金の設定は論外ね。面倒臭くて捨てちゃうものw


     たぶん、こういうアイデアは現在の縦割り管轄省庁の体制では、なかなか出てこない発想だと思うし、これからは横断的なこういう発想がとても大事なんじゃないかと思うわけです。

     ※宝くじは総務省、競艇は国土交通省、競輪とオートレースは経済産業省、競馬が農林水産省、サッカーくじは文部科学省



     もっとドラスティックなこと言っちゃえば、『公営ギャンブル省』創設して、一度それぞれの利権をガラガラポンしちゃうのが、一番手っ取り早いんじゃないかと思うわけ。

     ついでに管轄が警察なのかどこなのか、中途半端になってるパチンコ業界も、公営ギャンブルではないにせよ、このギャンブル省のパチンコ課に移動させると警察とのこれまでの腐れ縁だって断ち切ることが可能だよね。




  • 今回のクライストチャーチの地震でも思うのだけれど、石造り・煉瓦造りの都市って、地震があると脆いよね。世界屈指の日本の耐震・免震システムは、それらに採用可能かどうかも素人のボクではわからないけど、とにかく日本は地震大国でもあるわけで、そういう技術を世界に向けて加速させて欲しい。 posted at 17:56:05
    - - -
    地震イツモノート−阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル






*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

Feb 22, 2011




    ■マイケル・サンデル教授

  • 録画してた『たけしのIQ200〜世界の天才が日本を救う〜』を観た。

    サンデル教授による生白熱教室は、毎度のその場の空気を一変させるほどの迫力を感じてもちろん良かったんだけど、その他の天才たちによるアイデアが圧巻。内容はこちらを参照 (参考リンク) posted at 02:46:14



  • サンデル教授の『ハーバード白熱教室』を何度か観てきて、ボクはその度に感じることがあるんです。 それは『パフォーマンスがウマいなぁ』とか『勉強になるなぁ』とか、思うことはもちろんなんだけど、最終的に『哲学は人を幸せにするのか?』という疑問です。(つづく posted at 02:56:26



  • つづき)というのも、なるほどなぁ…、勉強になったなぁ…と毎回感じながらも、『じゃ、ボクの生活にどう役立たせればいいのか?』という答えを、毎回見つけられずに…、というか、自分なりの落としどころを見つけられずに悶々しちゃうボクがいるのです。 posted at 02:56:56



  • つづき)そのやるせない自分の気持ちは、『あぁ、これはものすごく重要なことなんだろうな…』というのを、なんとなく感じているが故なんだけど、でも、最終的には『良いもの観たな』で終わるしかない自分の浅学非才さに呆れるんだw posted at 03:02:10




  • 新党EXILE』というアイデア

  • #EXILE ふと思いついたんだけど、『新党エグザイル』を旗揚げして都知事選にHIROが出馬したら、あらゆる意味で激震が走ると思う。 posted at 05:15:12
    - - -

     ※加筆:もしかしたら、もしかして、ですよ。若年層の政治に対する意識付けと投票率を上げるだけでなく、民主党でも自民党でもない浮遊票を、一気に集める可能性はとても高いのかも知れないよね。そして、EXILEを卒業してゆくOBたちは政治の舞台『新党EXILE』に参加してゆくというストーリーね。



    『おいおぃ…こんな若造に政治を任せられるか?』
     
     …という意見もあるかも知れないけど、よく考えてみて欲しい。



     わたしたちが、政治家にふさわしいと思われる人たちを選んできた結果が今なんじゃないか…ということを。


     こう言っちゃなんだけど、今までの政界の理屈が通らないような人たちが、どんどん参加した方が風通しは確実に良くなるよ。ついでに言っちゃうけど、結婚して引退も囁かれる浜崎あゆみなんかも政治家になればいい。



     正直、もし仮にあまり役に立たなかったとしても、彼らのファン層が政治に興味を持って、積極的に参加するのなら、それは今までに起きたことのない新風が確実に吹く。


     もしかすると、現職の政治家さんたちも、この勢いに乗れとばかりに、彼らに迎合して新党に続々と入党してくる可能性だって、低くはないのかも知れないよね。





  • やりたいこと、してみたいこと、やらねばならないこと…は無限にあるんだ。目標設定は間違ってないの。でも、リソースが無いんだ。で、リソースが無い中での『方法論』と『優先順位付け』が、なんにせよ最大の難問なんだよね。 posted at 19:13:46




  • ■フットワークの良さは、ネットも同じ

  • 出会うための最低条件は『フットワークの良さ』であることは間違いないと思うんだけれど、実は、インターネットだって同じなんだよね。いつも同じページ、ツイッターでも同じ人だけ見てたんじゃ広がらないしつまらない。どんどん新しい扉を開ける。これもフットワークの良さ。 posted at 23:04:52





*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

Feb 21, 2011




    ヨガ・ベーシックス~初級編~ [DVD]
    ■【素の美しさ】

    自分が40半ばになって感じるのは【素の美しさ】 それは歯や髪や肌…といった美しさです。それらが美しいのは健康体あってのものなので、そこに通ずる食生活だったり、生活環境だったり、適度な運動だったり…という総合的要素が、ダイレクトに影響してくる誤魔化しが利かない部分だから。 posted at 00:29:10
    - - -

     ※加筆:なんかこう書くとキザったらしいけど『装飾する時代の終わり』というか、『+よりも−していくシンプルライフ』というか…、そもそも『本当に欲しい物はなんなのか?』という、物質社会の最終到達点に足がかかり始めた感。






    http://www.agc.cc/artist/index.html■ホストNo.1を決めるイベントを見て…

  • Tokyo Girls Collectionならぬ、A.G.C(Air Group Collection)というホスト界のイベントを知って衝撃が走る。No.1を決める「A-1」だってある。小さなコミュニティからそれぞれにスターが輩出される時代。(参考リンク) posted at 00:56:35
    - - -
     ※加筆:ボクはこのA−1というイベントの様子をたまたまTVで見たんだけれど、「へぇ〜」と思ったことがひとつだけあるんですよ。


     それは、並みいるーーーイケメンと呼ばれる…今風のアシンメントリーな髪型のホスト風味な外見ーーー参加者の中で、今回優勝した彼の外見が『普通の好青年ルックス』だったということ。


     もちろん、ボクは彼の中身なんかはわからないし外見だけで感じただんだけど、彼以外の参加者は世間一般で言うオジサマたちからは、あまり好感が得られないタイプの外見だったんだけど(ごめんなさい)、彼だけはJUNON BOYみたいなルックスだったんだよね。で、やっぱりこんな時代でも『素のイケメン(好青年スタイル)』は評価が高いんだな、と思ったんですよ。王道強し、というか。






  • ■発展途上国にエコを求めるのはナンセンスかもよ?

  • #china 中国に対して、大量消費社会を謳歌せずに、エコだ、シンプルライフだと、求める方が間違ってるような気がしないでもない。日本だって端から見たら、浮かれきったバカみたいな時期を通過して「今」があるんだもの…と、ふと思った。 posted at 14:43:33



  • #China 80后90后と呼ばれる年代の女子たちは、かつての日本のfine〜Hanako世代とマインド的共通点は少なくないと思ってみたり。 posted at 14:46:44



  • #China 山根一眞さんの『変体少女文字の研究 -文字の向うに少女が見える-』(1986年2月著)的な傾向は、韓国ではTVの字幕を見れば見て取れるし、実際にボクも目にしたことがあるけれど、一方、中国の女性たちが丸文字で漢字を書いてるのを目にしたことがない。まぁ時代はデジタルかw posted at 15:28:47







  • 芸能人愛用★POLICEサングラス
    ■EXILEというビジネスモデル

  • #EXILE 既存のビジネスモデルが崩壊したなら、グダグダ言わずに次から次へいろんなことに挑戦する。彼らのチャレンジングスピリッツは個人的に好き。良い意味で商売人だなと思う。RT:「EXILE」アルバム初回盤に映画DVD (参考リンク) posted at 18:08:52
    - - -

     ※加筆:「ファンですか?」と問われると困るけど、彼らの商魂はものすごく見習うべき点が多い。

     そして彼らは彼らなりの…ジャニーズ王国ならぬ、エグザイル王国をつくりあげ、更にはモー娘。AKBのマルチ展開まで果たしていると言えるよね。もはやワンソース・マルチユースのレベルじゃないし、その枠にも当てはまらない。

     
     彼らの活動領域の広さは、単なるミュージシャンのみならず、ショービズ、物販、ファッション、アーティスト育成、芸能事務所などなど…。ボクがここに書ききれないほどのマルチぶり。特に、企業タイアップの営業力は本業の広告代理店をも舌を巻くレベル。


     彼らのサイトを見たことがない方は、この機会に是非見た方が良い。その多彩っぷりに驚かれることと思う。(参考リンク)


     これはもはや、『エグザイルというビジネスモデル』




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

中国 茉莉花革命について雑感(ツイッター)




    http://yinguo.tumblr.com/post/3379081545■Jasmine revolution:

  • #China 辛亥革命からちょうど100年目の【茉莉花革命】本日午後2時。Jasmine Revolution (参考リンク) posted at 02:22:32
    - - -
     ※加筆:左の画像は、中国共産党党内の人間が、ジャスミン革命集会にアドバイスを寄せている日本語版です。信憑性は不明ですが、こういう情報もあらゆる言語で出回っている…という事実のひとつとして。




  • #China 【茉莉花革命】统一口号(統一スローガン):我们要吃饭(我々は、食べたい)我们要工作(私たちは仕事をしたい)我们要住房(我々は、住宅が欲しい)… posted at 02:29:49




  • #China エジプトの話題にはあれほど反応した日本のメディアやツイッターが、なぜ今回の中国の茉莉花革命について、これほど無関心なのかが個人的に不思議。国内メディア事情が透けて見えてる残念感があるのはわかるけど #CNJasmine2011 #cn220 posted at 17:41:49



  • 北京王府井(ワンフーチン) 茉莉花革命現場の様子:
    ※加筆:…これから一体、何が始まるんだろう? どうなるんだろう? という、期待と不安が入り交じる人々の心理が透けて見えます。

    たぶん、ボクも現地にいたら、遠巻きに見ているだけの傍観者だったと思います。





  • 『過去の出来事を現在の価値観で測ってはいけない』とは、よく耳にするけれど、もっと大袈裟に言えば、『先月の出来事を今月の価値観で測ってはいけない』ぐらい、ボクらを取り巻く価値観は変わってきていると思う。 posted at 23:15:40



  • ※加筆:各地の状況を伝える現地のニュース番組(YouTube)だけど、こうして見てみると、香港の集会が一番集会らしい集会となっていた様子がうかがえます。

    Googleの検索結果も香港とその他の地域は違うことは有名ですが、やはり香港の警察の対応もその他の地域とは少し違うような気がしますね。




  • ツイッター検索で「茉莉花革命」や「Jasmine revolution」、ハッシュタグ #CNJasmine #CN220 #Jasmine を見ると、重複情報(RT)は多いけど、極端に情報ソースが少ないのがわかりますね。(良し悪しじゃなく現象として posted at 23:35:19


- - -
 ※加筆:実は、今回の革命でイマイチの盛り上がりだった要因(こんなことを書くのは失礼だけど…)は何だったのかをボクなりに考えてみたんだけれど、それは、「政府による徹底的な情報規制」とか「事前の警官配備」とか、そんなことじゃなくて、「集合を呼びかけた場所が、都市部だったから」じゃないかと思うんです。


 なぜなら、中国の不満要因は、圧倒的に地方にこそあるので。


 それは例えば、中央と地方の「戸籍問題」から始まり、それは中央政府と地方政府の扱いの違いなどなど…、これらの問題は海外の人があまり耳にすることもないことだと思いますが、爆発寸前なのは間違いなく地方部の人たちなのです。


 更に、都市部の人たちは、なんだかんだ言いながらも、中国の経済成長を肌で感じているので、例え自分がまだその立場でなくとも、「高揚感」に刺激された人たちが多い…というのがボクの印象です。


 ともあれ、世界的に見られるこれらの革命ムーブメントの根底は、宗教対立なのか、反米運動なのか、理由は各々複雑だと思いますが、行き着くところまで取りあえずは行ってしまうんだと思います。どういう結果になるかはわからないけれど、情報リテラシーを総動員させて、ボクは見守っていきたいです。





*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Feb 20, 2011




    NRMY.jpg


    ■大人子ども・子ども大人:

    時代の傾向の先駆けはファッションから始まると言われているけれど、いつの頃からか、大人の服も子どもの服も、サイズが違うだけで差が無くなったあたりから、現実の世界も境界線がなくなったような気がする。 posted at 01:39:32
    - - -

     ※加筆:ボクの個人的な印象を書けば、アメリカンカジュアルのGAPが日本に来たあたりからこのムーブメントが始まって、子供服の「ナルミヤ・インターナショナル」がブレイクして定着したような気がします。


     また、一見無関係のように思えるけれど、いわゆる「これは大人の話だから」という、子どもに対する境界線も大人側が取り払ってしまい、大人の会話に子どもが同席してる(または参加している)…という光景が、増えたような気がします。 だから、なんだ…ってわけじゃないんですけどねw





  • 何かしら自分のリアルと繋がっていないツイッターの使い方は、単なるファンタジーだよね。もちろん、非難するつもりはないけれど。(自戒を込めて posted at 23:55:19




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。