| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年02月19日

Feb 19, 2011




    KR.jpg


    ビジネスマンよ、商人(あきんど)たれ!

  • 今日は近所の韓国料理屋で夕飯を食べてきたんだけど、あまり詳しくは書けないけれど、韓国料理屋さんなのに、DVDレンタルや、ダビングサービスまで、全韓流ブームを一手に引き受ける【商魂】には、日本人にはない逞しさを感じる。ビジネスって響きはキレイだけど、商売の基本はこの精神だと思う。 posted at 01:29:53
    - - -
     ※加筆:もちろん、イリーガルなのは理解してますけど、この商魂ね。



  • #Biz 今、日本人はーーーと、ひとくくりにする表現は嫌いなので、ボクの周りでは、と言い直すーーキレイに商売し過ぎのような気がする。もっと商売って泥臭くて良いし、ギラギラしてて良いと思う。 ボク? はい、お金大好きですw posted at 01:34:17





  • ■案内する人次第

  • 新宿エリアが良い例だと思うけど、アテンドする人によって、まったく別な街の顔があるよね。だから、一度行ったことがあるぐらいで、その街を知ったつもりになっちゃダメだよねと思う。(自戒を込めて posted at 02:00:14



  • つづき)アテンドする人によって街の印象が変わるように、人だって紹介者によって、また、会う人次第で印象はまったく変わって当然。接客業だって同じ。でも、『あそこサービス悪くてさぁ…』と、いつも言ってる人は、その人自体に問題があることが多いのかも知れないよね。(これも自戒を込めて posted at 02:02:51




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

Feb 17, 2011




    ■人間のプロ=大人?

  • 調子が良いときも悪いときも、ある一定のパフォーマンスを発揮し続けられることが『本当のプロ』だと思う。 で、『人間のプロ』という表現もおかしな話しだけど、良い意味で、精神的に浮き沈みすることなく日々を過ごせる境地が『大人』ということなのかなと思ったりもする。 posted at 01:02:35
    - - -
     ※加筆:画像にある本は『生きる』ということに対して、ボクが一番影響を受けたと言っても過言ではない サミュエル・スマイルズの『自助論』です。





  • ■ボクの健康法:鼻洗浄

  • #yoga ヨガ本でよく紹介されているネティーポット(鼻洗浄の器具)だけど、あの小林製薬からこんな商品も出ていたのね。しかも痛くないらしい。「ハナノア」 posted at 02:06:42


  • 鼻洗浄の「ハナノア」で思い出したけど、ボクは海外に行くと、カフェとか行く先々で直ぐに洗面所に行って、手洗いとうがいと鼻をかんでるのは内緒w (特にアジア圏 #asia …でもおかげで海外で体調を壊した経験がない。 posted at 02:11:52
    - - -
     ※加筆:実は、毎回シャワーを浴びてるときにも、普通のお湯でもやっております。





  • ■ワンセグの誤算?

  • ワンセグって本TV放送とは競合関係じゃなくて、本来は補完&新マルチ展開するポジショニングだったはずなんだけど、どうもシオシオになっちゃった感があるね。もたついてる間に、USTやニコ動などのネットストリーミング放送が、そのポジション先取りしちゃったのも要因かな。 posted at 07:32:39




  • ■最近、中国どうよ?

    「秘密のケンミンshow」というテレビ番組を見てるんだけど、同じ日本なのに、これほど食文化が違うのかと驚くよね。 しかも、毎回。地元のソウルフードなんかは、もはや理解不能だよねw posted at 21:25:06
    - - -
     ※加筆:まぁ、毎度書いてることなんだけれど、言いたいことは『日本国内だけでもこんなに違うんだから、やれ中国ではとか、韓国ではとか、騒ぐな』ということ。




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

Feb 16, 2011




    ■『ツイッターをやってる』というお得度:

  • 世の中は実に日々いろんなことが起きていて、できれば自分も楽しそうな出来事すべてに参加したいとは思っているのだけれど、やはりカラダはひとつしかないわけで…。

     そんなとき、自分と感覚を共にするツイッタラーのみなさんが呟いてくれることで、どれだけボクが『お得感』を感じているか。改めて感謝。 posted at 00:42:34


  • ツイッター情報のフォローは、フォロー・フォロワーの関係性だけじゃなく、リストや検索機能をフルに活用することによって、そのパワーは数倍に増すよね。あとiPhoneなどのスマートフォンとポケットWi-Fiなどを持ってるかどうかも、情報量は雲泥の差がでるよね。 posted at 00:45:49




  • しかし、ツイッターの使い方はコレ!って定義されてるわけじゃないから、TLを見てると、本当にいろんな使い方をされてる人がいてすごく勉強になります。ずっと独り言のように一人ブレストしてたかと思ったら、途中で感想が入って会話になったり…。ある意味ドラマみたいな展開もあるんだと知った。 posted at 02:29:05





  • CREA (クレア) 2011年 09月号 [雑誌]
    ■『イケメン』という言葉の万能感:

  • 女子が男子に使う【イケメン】ってスゴく便利な言葉だよね。 言われた男子は悪い気はしない上に、変な下心も含まれていない、カラリとしたニュアンスがある。 方や男子が女子に使う褒め言葉で、これほど万能な褒め言葉はないと思う。 【カワイイ】が思い浮かぶも、言う人を選ぶので万能感はないw posted at 22:47:41
    - - -
     ※加筆:よくよく考えると、世の中『イケメン』の安売り状態で溢れかえってるわけで、いったいいつから巷にこれほどのイケメンが増えたのだと錯覚してしまいそうなんだけど、まったくもってそんなことはなくて、ただ『便利なだけなんだよ』という理屈なんじゃないか、と。


     で、女子に対する『かわいい』なんだけど、もう耳タコ感もあるし、よい大人がこれを連発しすぎるのも『表現力ねぇーなぁー』という、もはやイメージダウンにもなりかねない言葉になってるのかなぁとすら思う今日この頃。


     ましてやオッサンが言おうものなら、『セクハラ』感が増してる気がするし、ホント、『クチにする人次第感』は日々増してる気がするよねw




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

Feb 15, 2011




    評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
    ■評価経済社会
    - ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている -

  • RT @ToshioOkada: 「やりたい仕事をやる」「やりたくない仕事はやらなくてすむ」…こんな下らない世界は目指したくない。「仕事でなくても、やりたければやる」「人がやりたがらないことをやった人は、それが仕事じゃなくても評価される」・・・こういう世界を目指すべき #otakingex posted at 13:07:22


  • 「人助け」と感じながらそれをしているなら辞めた方が良いんだよね。どうしても見返りを求めちゃうもの。「やりたいからやってる」と言い切れれば自己処理に破綻を来さない^^(自戒を込めて posted at 13:11:02
    - - -
     ※加筆:岡田斗司夫 さんの新刊が2/25発売ということで、Amazonで予約が始まりましたね。(参考リンク) ボクがこのブログでも度々使用している「評価経済」という言葉は、すべて彼からの引用です。…というのも、この本の発売前に彼のブログでかなり書かれているばかりでなく、この本の原作と言われる『ぼくたちの洗脳社会』という本をボクは読んでいたから。






  • 空気が読めるから、周囲に流される・合わせる…じゃなくて、読めるからこそ、他の選択肢も見えるはず。これが「KY力2.0」w posted at 13:21:15



  • ■*阿闍梨なお姉住職

  • 今、TVで出始めてる水無昭善(みずなししょうぜん) ってスゴいね。キャッチコピーは、お姉住職だって!!  そろそろ政界にも、こういうキャラが出てきてもいいかもね。マジで。 posted at 19:14:33
    - - -

     ※加筆:『カリスマお姉ブーム』からマツコ・デラックス、そしてミッツ・マングローブと来ての流れだから、きわもの枠でのメディア登場なんだろうけど、ボクはぜんぜんOKでいいんじゃないかと思うわけ。

     というか、そろそろこういう人が政界に出たり経済界に出たりしてない方がおかしいとすら思ってる。 もうそういう時代なんだと思う。


     というのは、政界・経済界の人たちは、皆、一目見ただけで「その手の人でしょ?」ってわかるんだよね。


     これは逆説的に言えば『異端児を許さない文化で凝り固まってる』んだと思う。凝り固まってるから風穴が開かないんだよ。いろんな人が居ていいんだと思う。いや、いろんな人が居なきゃ『ダメ、絶対』w




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

Feb 14, 2011 Happy Valentine's Day!




    PEACE.jpg


    Happy Valentine's Day!

  • 贈る人も、贈られる人も、何もない人も… ぜんぶひっくるめて「ハッピーバレンタイン・デー」ってことで、いいんだと思うw なんかよくわからないけれども、ハッピーな気分になれるなら、それでいいじゃないか^^ posted at 00:45:36
    - - - 
     ※加筆:ボクは以前までは、この手のイベントが正直大嫌いだった。

     それはお盆もクリスマスも正月も、なにか他人のお仕着せで『さぁ、休みなさい。有り難がりなさい』と言われているような気がして、極力、『いつだって同じただの1日じゃねぇか』という気持ちでやり過ごしていた。


     でも、いつからかは忘れちゃったけど、特別意味なんかわからなくたって、盛り上がれるなら盛り上がって、ハッピーな気分になっちゃえばいいじゃないかという自分に変わった。


     小難しく生きるも一生、ハッピーに生きるも一生、という二つがあるとしたら、今、ボクは迷わず後者を選ぶ。それがたとえ、大いなる勘違いであったとしてもねw 




  • White Valentine's Day in Tokyo.
    Love and Peace!

    posted at 20:25:09

    - - -
     ※加筆:部屋中の暖房機器に火を入れても、大きなガラス窓の横に置かれたボクのデスクは、とても寒い。 こんな夜は早く寝なさいってことかもね。 この部屋に引っ越してこの春でまる3年。初めて庭に雪が積もっています。おやすみなさい。




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。