| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年02月09日

Feb 9, 2011




    ぼくたちの洗脳社会
    ■評価経済社会

  • 超今さらだけど、岡田斗司夫さんの評価経済社会の誕生の導入部分を読んで、もう一度『ぼくたちの洗脳社会』を本棚から出して、サラリと読み返してからまた戻ってこよう!と思いつく。その方がもっともっと楽しめそう♪ (参考リンク) #otakingex posted at 02:57:26
    - - -
     ※加筆:あらためて読んでみました。で、「この本は完全な書き下ろしではなく、僕のデビュー作『僕たちの洗脳社会』のリメイク版だ(評価経済社会)」と、岡田さんも言っているように、その箇所というのは、『僕たちの洗脳社会』187ページ…『価値観で判断される個人』という部分に集約されてるのかな、とボクは思いました。少し引用します。


    自由経済社会では、他人をその人の持っている「モノ」で測りました。
    たとえば、「一戸建てを持っている」とか「三十五歳になってもまだ社宅に住んでいる」「別荘がある」「ベンツに乗っている」……といった評価です。当然、自分自身についても「五百万貯金があって、もうすぐ一戸建て購入予定のサラリーマン」というふうに考えます。

    これと同様、自由洗脳社会ではどの価値観や世界観を選んでいるかで他人を測ります。「子供の早期教育にすごく熱心だ」とか「犬を飼っていて、ものすごくかわいがっている」「無農薬野菜を共同購入している」・・・といった感じです。



     ーーーこの本は1995年の本ですが、実はこれは現代における、ツイッターでのフォロー・フォロワーも特性そのものではないか、とボクは思うのです。・・・一度、どこかでまとめて書こうかな、と。





  • 岳 -ガク- Blu-ray通常版
    ビッグコミックの山岳救助の漫画『岳』が映画化されてたんだね。主演の三歩は小栗旬ですか…。うーむ、もっと無骨な男が良かったなぁ。公開は5/7から。(参考リンク) #gaku posted at 04:45:23
    - - - ※加筆:
     ※加筆:ボクはあまりマンガは読まない人なんだけれど、このマンガは大好き。単に山登りが好き…とかそういうレベルじゃなくて、なんだか読み終えた後の"ほんわか"とした読後感が実に好きなの。


     でも、よく考えるととても不思議なんだよね。だって、ストーリーは山岳救助隊の話なので、かなりの頻度で死人とかがボコボコ出てくるんだけど、後味がイイって…ね?w


     それはたぶん、生死をわける世界だからこそ見える、「やさしさや愛」という話にまとまっているからじゃないのかなと思うわけです。そして、いつも辿り着くのは「人間はちっぽけだ」「自然のなかで生かされている」という壮大なストーリーにくるまれているから、心地良いのかな、と。お勧めです。是非。



  • #health 【定期ツイート:My基礎データ】…45才 身長186cm 体重79.7kg(79.6kg) 体脂肪率14.9%(15.6%) *カッコ内数値は前回1/18計測 (参考リンク) posted at 06:26:06




  • http://j.people.com.cn/94475/7278787.html#china 『中国人が幸せを感じられない7つの理由』(人民網日本語版)…基本的に中国人に限らないとも思うけどw (参考リンク) posted at 10:28:10



    http://j.people.com.cn/94825/100653/101147/index.html#china 『業界別:中国の代表的企業リスト』としても活用可? (参考リンク) (人民日報) posted at 10:37:54





*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。