| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年02月15日

Feb 15, 2011




    評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
    ■評価経済社会
    - ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている -

  • RT @ToshioOkada: 「やりたい仕事をやる」「やりたくない仕事はやらなくてすむ」…こんな下らない世界は目指したくない。「仕事でなくても、やりたければやる」「人がやりたがらないことをやった人は、それが仕事じゃなくても評価される」・・・こういう世界を目指すべき #otakingex posted at 13:07:22


  • 「人助け」と感じながらそれをしているなら辞めた方が良いんだよね。どうしても見返りを求めちゃうもの。「やりたいからやってる」と言い切れれば自己処理に破綻を来さない^^(自戒を込めて posted at 13:11:02
    - - -
     ※加筆:岡田斗司夫 さんの新刊が2/25発売ということで、Amazonで予約が始まりましたね。(参考リンク) ボクがこのブログでも度々使用している「評価経済」という言葉は、すべて彼からの引用です。…というのも、この本の発売前に彼のブログでかなり書かれているばかりでなく、この本の原作と言われる『ぼくたちの洗脳社会』という本をボクは読んでいたから。






  • 空気が読めるから、周囲に流される・合わせる…じゃなくて、読めるからこそ、他の選択肢も見えるはず。これが「KY力2.0」w posted at 13:21:15



  • ■*阿闍梨なお姉住職

  • 今、TVで出始めてる水無昭善(みずなししょうぜん) ってスゴいね。キャッチコピーは、お姉住職だって!!  そろそろ政界にも、こういうキャラが出てきてもいいかもね。マジで。 posted at 19:14:33
    - - -

     ※加筆:『カリスマお姉ブーム』からマツコ・デラックス、そしてミッツ・マングローブと来ての流れだから、きわもの枠でのメディア登場なんだろうけど、ボクはぜんぜんOKでいいんじゃないかと思うわけ。

     というか、そろそろこういう人が政界に出たり経済界に出たりしてない方がおかしいとすら思ってる。 もうそういう時代なんだと思う。


     というのは、政界・経済界の人たちは、皆、一目見ただけで「その手の人でしょ?」ってわかるんだよね。


     これは逆説的に言えば『異端児を許さない文化で凝り固まってる』んだと思う。凝り固まってるから風穴が開かないんだよ。いろんな人が居ていいんだと思う。いや、いろんな人が居なきゃ『ダメ、絶対』w




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。