| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年04月04日

ブログとツイッターと、ツイッターの特性とか…





    ブログとツイッターの関係性

    ウェブサイトに情報を掲載して、適切なリード文をツイッターに載せるのと、細々と分けてツイッターで大量に投稿するのって、情報の内容にも依るけれど、ボクは前者が良いなぁ。あくまでもツイッターは、即時性とコンパクトさ・簡単さがウリなツールだと思う。(続く posted at 20:04:10
    - - -
     ※加筆:これは地方の某新聞社が『1日、2000を超えるツイート』を吐き出してる現状を見て書いたものなんだけれど、もうこうなると、どれが重要なものか見るのも探すのもイヤになっちゃうよ…ということだよね。

     で、ここでその新聞社は『情報は大量にあった方が良いに決まってるよね』という勘違いをしているんだろうなと思ったわけ。ボクはその現状を見て、ツイッターで『地域別にアカウントを分けた方がベターじゃないですか?』とか進言をしてるんだけれどナシノツブテで、どうやらその新聞社にとってツイッターは、情報の吐き出し口で、コミュニケーションツールにはなっていないという、残念な結果でした、と。まぁいいや。



    続き)あとね、忘れてならないのは、ある一定のボリュームを超えると、人は情報を拒絶するということ。だから、情報は多ければ多いほど良いというものでもないよね。大量にさらってフィルタリングをかけ続けるのが理想? posted at 20:04:45




    ■1万人のフォローしてカッコワルイ

     どこかのブログにも書いてあったけど、【ツイッターで1万人もフォローしてる人はカッコワルイよ】という記事を見たのだけれど、ホントその通り。そういう人に限って『コミュニケーションのプロです』とか『カリスマ〜〜』とか、自分のプロフィールに恥じらいもなく書いてるんだよね。しかも、『今日は〜〜人にフォローされて、〜〜人にリムーブされた』とかツイートしてるの・・・。どーでもいーじゃないかw



*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"


posted by 石山城 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。