| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年05月10日

May 10, 2011



    ベストセレクション・日めくり 復刻版 おかげさん
    勘違いすんなよw

  • 相田 みつをのヘタうまな筆文字とそれっぽい言葉というのは、たいした修行なんかしなくともそれらしいことは1分でサル真似が可能。でもさ、ひとを感動させる突き抜けた域に達するには数年単位はかかるんだよ。そのことに気づかず、すぐやれちゃった…って勘違いしてる人、多すぎ。 何においても… posted at 02:12:06



  • 慣れれば慣れるほど、極めれば極めるほど、ムダが削ぎ落とされて、最終的にドがつくほどのシンプルになっていく…っていうプロセスは、何においても通ずるのかも知れないね。 posted at 02:15:13




  • 『もっのすごく楽しい!』…と思えるようなコトは、意外なほど期間的には短く儚いもの…と知って以来(理由はいろいろなので割愛)、『これか?』と思ったら、恐れずに自らどんどん突っ込んでいく・ぶっこんでいく…という姿勢を貫いています。 posted at 02:32:49



  • こういう時代だからこそ、オーナー社長というか、創業者社長というか、即断即決が可能な会社は強いね。また、同様の理由から、自己判断ができない御用聞き営業は、ビジネスの現場からどんどん居場所を失ってるよね。 posted at 11:46:53




  • チームを動かす人とチームで動く人。たとえ優秀であったとしても、個人で動くには限界がある。時代と環境に適したチームづくりはものすごく大事。 posted at 12:02:33



  • ドラッカーの言葉だけれど、チームを率いるマネージャーやリーダーは、偉いんじゃなくて、そういう役割•職務なんだよね。それを偉いポジションと勘違いしてる人多い。基本は社長も社員もフラット。それがこの時代的だと思う。 posted at 12:11:30
    - - -
     ※加筆:同様に、「うちの社長はゴルフばっかり…」というのも、もしかすると、それはそれで外から仕事引っ張ってくるための、社長という役割というか仕事だったりするのかもよ?




*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。