| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年05月30日

May 30, 2011



    (TVのニュースを見ながら)うーむ… コミュニケーションのお仕事に関わってるひとりとして、今さらながらに学者言葉や政治家言葉に違和感を覚える。

    『0ではない』は『ほぼ0に近い』
    『遺憾に思う』は『残念に思う』

    と言い換えるだけで、どれだけわかりやすい言葉になるのかと遺憾に思うよ。 posted at 07:46:54



    ■SNS雑感:

  • 自分でもよくわからないし、うまく言えないのだけど、twitterではtwitterの、fbではfbの、YouTubeではYouTubeの…それぞれに別の繋がりがあるよね。混在している人もいれば各々だけの交流の人もいたり、なんとも不思議だよね。#SNS posted at 08:23:38


  • 続き)どんなに英語を勉強しても、その環境にしばらくいないと使いこなせない言葉のように、今、ボクの中で、twitterとfbとYouTubeなど、それぞれの使い分けのルールができあがりつつあるような気がしています。自分で使っていくうちになんとなく理解してきた感覚…という感じ。 posted at 08:28:46


  • 続き)なんとなくの感覚だけれど、ぜんぶの人が各々のSNSで繋がっちゃうと、なんかつまんないような気もするしね。『バラバラ・ウェルカム』…というのが、ボクの正直な気持ち(今のところ posted at 08:31:08




  • #guitar 1年弱のあいだ撮り溜めた『#YouTube 公開 弾き語り』をまとめてみました。やっぱりきれいに編集するなら元の素材が良くないと限界がありますね。なんでも一緒w (参考リンク) posted at 15:52:52





*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"




posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YouTube ダイジェスト(過去1年間の弾き語り)

Here's a video of me singing on YouTube "Sampler Ver.1.0" Aug 2011 - May 2011. I hope you will enjoy it. Anyways, thanks for watching.

2010年8月から、弾き語りをYouTubeに公開し初めて、あともう少しで1年が経とうとしております。そして気がついたらその数も10曲以上がたまったので、これを機会にダイジェスト版をつくってみようと思いつきました。※先日、Final Cut Express(動画編集アプリ)の使い方友だちに教えてもらったことですしw


さて、このとりまとめ編集作業をしていて思いついたことをいくつか。

1)クオリティの高い作品を作りたいなら、素材から考えろ

 もうね『当たり前』の風上にも置けない話しなんですが、16:9の画角で仕上げたいなら、素材は3:4じゃダメなんですよねw むりやり合わせちゃうと、この動画のようにちょっとヒシャげた映像になっちゃう。

 また、最初からハイビジョンで撮影していたのなら、もっともっと仕上がりの映像は綺麗だったはずなんですよね。本当に、なにかをし始めるなら、最終アウトプットまで想定して取りかかれ…は、なんにおいても同じってことですね。


2)これからは動画の世界…の盲点

 デジカメや携帯電話・スマートフォンに当たり前に動画(ムービー)機能が搭載されたことと、YouTubeやUSTREAMなど、ネット上の環境が整って、既に機は熟してますよね。とは言っても、動画編集する作業というのは、正直、敷居の高い環境ではあるとは思うんですが、これからは、いかに簡単に動画を撮影して編集して公開できるか?という時代の本格的な幕開けを感じています。

 でも、いくつかのYouTubeやストリーミング放送を見てみて思うのは、きれいな映像よりも、『聞き取りやすい音づくり』の方が、感覚的に優先順位は上ナンじゃないかと思うこと。

 音が汚いと、綺麗な映像でも10秒見ていてもツラい…というのが、ボクの今の正直な感想です。『百聞は一見にしかず』の音声版は、なんというのか知りませんが、うん、そういうこと。

posted by 石山城 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Me on YouTube / 趣味:ギター| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。