| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年06月17日

Jun 17, 2011


    あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
  • 血の繋がった親兄弟でさえも、いろんな感覚は違うし「話せば通じる」も幻想だって認識できるのに、どうして人は他人にそれを求めるんだろうね。でも解決策は意外にシンプル。「お互いは違う」をすべてのスタート地点にすればいい。 posted at 01:46:19



  • もうさ、本気になればなるほどモノゴトは、いろんな意味での無限ループw まぁ、それが面白くて楽しいんだけれど、一方で、いつまでたっても到達すべき限界が、見えない自分に腹立たしさも感じたりしてさ。うきー!ってw コーヒー飲んで寝よ。 posted at 02:47:18



  • 【今、話題になってることはないか、どこよりも早く!でも、公序良俗を考慮し裏録りをして…】と同じ方向を向いてるから、マスコミのニュースは結局、どれを見ても同じになっちゃう。良し悪しじゃなく。でも、これって極論するとボクら自身も同じ傾向にはあるんだよね。意識しないと皆同じ視座。 posted at 15:21:57




  • 72.jpg
  • 【コミュニケーションの時代】と言われて久しいけれど、話題は圧倒的に他者とのコミュニケーションについてばかり。ボクは思うのだけれど、他者との関わりの前に、自分自身とのコミュニケーションがあってこその他者のそれだと思う。自分との付き合い方、大事。 posted at 16:47:12



  • 続き)企業や商品のPRに関わっていて、先ず取りかかるべきコトは、その企業なり商品なりを徹底的に「知ること」なんだよね。それを踏まえてからの外に向けたコミュニケーションという順番。人だって同じ。 posted at 16:51:28



  • 勝手に対立構造を自分でつくりだした挙句に、勝ったの負けたの、どっちが良いとか悪いとか、もう勘弁w ものごとすべて仕事のマーケじゃあるまいし、多様性を認めないと永遠にハッピーになれない。発想アプローチ転換の時期。 posted at 18:00:30


  • どうせなら、ハッピーのマッチポンプが良い。それじゃー単なるノーテンキかw posted at 18:02:39






posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

Jun 16, 2011


    あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
  • 例えば、男性なら自分のことを『オレ』から『ボク』に、一人称の言い方を変えただけで、後から続く言葉がやさしくなったりするから不思議。

    『自分は口が悪いなぁ』と思ってる人は是非試して欲しい。言葉づかいで人の印象はけっこう激変すると思う。ボクはマイルドが好きw posted at 00:42:23
    - - -
     ※加筆:このちょっとしたことを変えるだけで、抜群の効果アリ。




posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

Jun 15, 2011


  • 情報発信者の”意図と狙い”なんか知るよしもなく、ただ、受け手は『アウトプットでしか判断しない』…という、とてもドライなものだよということだけは確かだよね。#communication posted at 23:05:22




  • 情報はすべて『受け手に依存する』ものであることは事実だけれど、だからといって、伝えやすさと伝え方に、手を抜いて構わない…というのは、情報発信者のエゴだとボクは思う。#communication posted at 23:07:56



  • ツイッターは『独り言』を共有するものだけれど、改めて考えると、日々の呟きを何から何まで興味がある相手なんか5人もいないよね。と考えれば『ボクからはどんな呟きが発信されることをフォロワーさんは求めてるんだろう?』と考えるのは自然の流れ。それを意識するかしないかは大きいよね。(続く posted at 23:14:19


  • 続き)それはツイッターでも、人付き合いでも、仕事も何でもそうなんだと思う。既成概念はときとして邪魔なものだとは思うけれど、周囲の人たちは自分に何を求めているんだろう?自分は〜〜がしたいんだ、ということが、マッチしてればそれはハッピーだよね。アジャストする努力は必要。 posted at 23:16:39




  • journalist.jpg
  • どんなに素晴らしい内容でも、解説やレコメンドがないとチンプンカンプンなことは、思いのほか多いんだよね。情報洪水の中ですべては埋もれているから。 時代にマッチした、素敵なものをすくい上げる人(目利き)と解説が上手な人(語りべ)は、これからもますます貴重になっていくと思う。 posted at 23:23:15
    - - -
     ※加筆:ぶっちゃけ、革新的なことなんてそうそうあるわけじゃないんだよね。だから、日々の生活のなかで大切なのは、コレ大事だよ!って教えてくれる人と、それを分かりやすく解説してくれる人なんだと思う。まさに、池上彰さん…なんだよね。



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

Jun 14, 2011


    16.jpg
  • 情報にはストックとフローがあって、長い目で見れば、そのノウハウを含めてストック情報を保有している方が有利だとボクは思うのだけれど、今の霞ヶ関と政治家のパワーバランスはまさにこの図式なんだよね。しかも、常に自分の居場所の確保に頭を奪われてる者と、一生クビなんて無縁という立場のハンデ付きw posted at 01:48:44



  • どうでもいいけど、もっと企業が気楽に弁護士雇ったり、コンサル雇ったりが当たり前の環境にならないかなぁと個人的に思うのだけれど、でも、肝心の中小企業がその重要性を理解していないことがとても残念でならない。言葉を選ばなければ、形のないものにお金は払わない…という価値観。 posted at 01:53:06


  • 大企業ほど第三者をウマく使って外部の智慧をドガドガ使ってるのに、小さな企業ほど、なんとか自分たちだけでどうにかしようと思ってる傾向は高いと思う。それじゃいつまで経ってもパラダイムシフトは起きないよね。小さな企業ほど自由にパートナーシップを組んで総力戦で戦わないと。(独り言 posted at 01:55:39



  • さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
  • #biz 以前ネットのどこかで拾ったメモ:深い。ref: 『ゴールドラッシュで最初に億万長者になったのは採掘者に作業着を売っていたリーヴァイス。不況の時に儲けたのは「たい焼きビジネスが儲かる」って広告出して、たい焼きを焼く機械を売っていた側』 posted at 13:36:10




  • グローバルな時代は、その対極に位置するパーソナルな時代でもあるんだよね、今さらだけど。だから、パーソナルを前面に打ち出すSNSが流行っている…という背景もあるよね。これも今さらだけどw 全体は一部の集合体なわけで、極の振り幅が大きくなれば対極も同じ作用が働く、と。イチブトゼンブw posted at 14:24:45




  • 『あなたの当たり前は、私にとっては当たり前じゃない』…なんとなくネガティブな耳障りがするこのフレーズだけど、実は、コンテンツづくりの気づきになるよね。当たり前にこそ当たり前が存在しないという面白さ。(例)秘密のケンミンSHOW / ここがヘンだよ日本人 posted at 14:29:04



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

Jun 13, 2011


    また君に恋してる/アジアの海賊
  • 女性が男性に贈る「さしすせそ」

    既出のネタではあるけど、あえて。これを言われていれば、たいていの男は気持ちよくなりますw さ=「さすがですね〜☆」し=「知らなかったです。」す=「すごいですね〜!」せ=「世界的(グローバル)な○○なんですね!」そ=「そうなんですか〜!」 posted at 01:04:32





  • 【成し遂げる人の条件】…成し遂げるまで諦めない人とか、よく言われるけれど、敢えて補足を加えるなら、間違えに直ぐに気づき、それを素直に認められて、すぐに修整して…という「トライ・アンド・エラーを繰り返せる人」なんじゃないかと思っている。 posted at 01:13:24




  • 最近のアプリケーションというのは、感覚的にいじっても、なんとか使うことができちゃうシロモノが多いんだけれど、でもある領域を超えるためには、マニュアルを熟読するとか、絶対に『基本』は押さえておく必要に迫られるんだよね。その作業抜きに突破できるのは、ひと握りの天才だけ(そう信じたいw posted at 02:32:07




  • ■人脈とSNS:

  • 人脈というのは優先順位が付けられないほど貴重な財産だと思うんだけれど、twitterやfacebookで繋がったぐらいで、直ぐに活用できるほどそれは安易なものじゃないと思うんだよね。あえて言うなら、それはほんの入口に過ぎない。信用は簡単に得られないよ。 posted at 09:16:13


  • ゴルゴ13 ゴルゴ13アイマスク
  • 続き)ボクとしてはSNSで友だちの輪が広がるのは嬉しい反面、公開したくない人たちもいるわけです。仕事の生命線の一部でもあるから。だから、ものすごく大事な人とはあえてフォローし合わずに非公開リストで繋がって、連絡はメールと電話でしてます。(こういう人は少なくないと思う) posted at 09:21:45


  • 続き)仕事柄、守秘義務契約を交わしながらも、何気なくツイッターでやりとりが増えてたら、「あぁ、あそこと最近つるんでるんだね」と見える人には見えるよね。また、誤解も与えたくない。そのぐらい慎重にボクは進めたいし、ケアレスミスはボクだけじゃなくてみんなに迷惑がかかるから。 posted at 09:27:40



  • 『なさそでありそな一線について』…みんなに紹介したい人、自慢したい人、自分だけで大事にこっそり付き合いたい人、拡散したい情報、自分だけで止めておきたい情報… 線引きは限りなく曖昧で、どこにあるのかわからないけど、【なさそでありそな一線】って確かにあるよねw posted at 09:48:43





posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。