| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年07月26日

Jul 26, 2011


  • 【どこに書いたか、書いたのか、書かなかったのかイシュー】…ツイッターやフェイスブック、そしてブログなど、いくつかやってると何をどこに書いたのかを忘れてしまいがち。あと、書きたいことと「やっぱり辞めておこう」という脳内問答を繰り返すうち、結局どっちだったのか忘れちゃうことがある。 posted at 00:39:25



  • 世の中は理解不能なシステムで動いてるんだと思います。で、そのシステムを本気で変えたいのなら、自分がその理解不能な一員になっちゃうか、もしくは、まったく新しいシステムをつくるかしか、方法はないと思うんだ。 posted at 01:00:32

  • システムエンジニアの世界に限らず、システムの修整は、新しく構築した方が楽だし効率的だったりすることが多いんじゃないかと思うんですよ。で、肝心なのはその新しいシステムの善し悪し論の他に、『どうスライドさせるのか?』という方法論は本論と同じぐらい重要ってこと。 posted at 01:03:21


  • こんなこと書いちゃうとボクの立場上、あまり良くないのかも知れないけれど、ボク、企画そのものを考えるより、それを考える上での力関係とか、人間関係とか、感情の落としどころとか、お金の決着の仕方…とかを考える方が得意なんですよ。それが結果的に企画(スキームづくり)に活きてるだけ。 posted at 01:06:08


  • A:Bの対立構造ではなく、A:B:Cのパワーバランスにしたらうまく行くことってあるよね。あるいは、A:B:C:Dかも知れない。どう巻き込んで行くのかってことだけれど、だけどやっぱり皆、大の大人であることを考えると、そこにメリットを発生させて絡めないと長続きしないよね。 posted at 01:39:16






posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。