| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年08月18日

Aug 18, 2011


  • #biz 今夜は新横浜で新規のコンサル契約が決まる。主な作業としては、事業拡張で散らかった事業プランの整理とその表現プランからその後のプロモーションまでと、いわばコンサルから制作まで、久しぶりにどっぷりと関わらせて頂く。感謝。 posted at 03:53:54


  • I had a long day and I'm done in. Good night! posted at 04:18:55


  • ネガティブな意見は、生理的にでてくるのだけれど、ポジティブな意見は、一度ちゃんと思考回路を働かせないとなかなか出てこないもの。この違いを理解しているかしてないかは大きいよね。 posted at 18:28:24

  • 『こうした方が良い』『あぁした方が良い』…皆、それはわかってるんだよね。ただ最も重要なのは、それを『どう習慣化・ルーティーン化させるかの具体的解決策』なんだと思う。 どんな考え方と方策で…、どんなツールを用いて…、どう日常に取り込んでいく… のか。 posted at 19:13:58



  • 他者と関わることは、自分と向き合うことと同義。より深く、強く、相手に伝えたければ、その深さと強さだけ、自分自身をーえぐってるーことが必要なんだと思う。#communication posted at 19:20:14

  • あらゆる角度から自己分析して自分を知る。例え途中で目にしたくない耳にしたくない部分があったとしても。そして改善するところは改善し、ぜんぶ含めて愛することから、相手に愛してもらう活動は始まるんだと思う。#promotion #Biz posted at 19:26:07



  • ツイッターやフェイスブックが流行ってからというもの、その人を知るための手がかりが増えて楽だよね。その人が日々どんなことを考え、どんな人たちと、どんな会話してるのか?… その人のページに行ったらすべて見えるんだもの。そしてそう見られることを『気づいてるか?』も良い判断基準。 posted at 19:36:05

  • 立派な肩書き、知名度…がある人でも、その人のFBやツイッターのページに行くと、綺麗なお姉ーちゃんとしか会話してない…っていうことまで、すべて丸見えになるのがSNSなんだ。気をつけた方が良いと思うよ。(自戒を込めて posted at 19:38:14



  • 『みんなから愛されたい』…これがマスプロダクトの時代の欲求だと思うんだけれど、時代は『本当のお客様だけに愛してもらえばよい(お客はこちらが選ぶ時代)』にとっくに変わってるんだよね。この潮流は企業に限った話しじゃないような気がするよね。#Biz posted at 19:44:36


  • この間、『ツイッターとかフェイスブックって、しょせん出会い系なんでしょ?』って訊かれたから、こう答えたんだ。

    『世の中、ぜんぶ出会い系なんだよ』って。#Biz #communication posted at 19:48:17





posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サザンオールスターズ / 慕情 - Acoustic Cover by JOE

'慕情- BOJO -' or 'Yearning Heart' arranged by me. Here's my cover to Southern All Stars's '慕情- BOJO -' or 'Yearning Heart'. I hope you guys enjoy this. Well anyways, thanks so much for watching! (^^)/

この歌は桑田さんやカバーしているミスチルの桜井さんの声のイメージが、あまりにも強い...ということと、既にたくさんの方がコピーしていらっしゃるので、本当は敬遠し-ていたのですが、でもやっぱり好きなのでコピーしちゃいました。でもやっぱり、歌に気を取られるとギターがおろそかになり、ギターに気が行くと、歌がヘタるという...w 集中して2時間練習しましたが、これが限界ですね^^ ファンのみなさん、ごめんなさい。
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Me on YouTube / 趣味:ギター| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

Aug 17, 2011


    手軽に使える!デジタル騒音計
  • 「そこにどんな意味があったのか?」

    …そんなのは各々が勝手に決めればよいことで、ボクはどんなに頑張っても他人のそれに関与するコトなんてできない。 ボクはただ「そうなった…という現実」だけをドライに受け止めていくだけ。どんなに厳しい現実でも。ただそれだけ。 posted at 00:44:06

  • 続き)そう考えると、ニュースやワイドショーのコメンテーターや解説者というのは、視聴者の判断力と思考力を著しくスポイルするだけの存在…とも言えるかもね。どう受け止めるかは視聴者の判断であって、あれこれと解説とパッケージ化されたニュースなんて不要なのかも知れない。 posted at 00:48:36

  • 続き)いやいや…、解説がないとまるでわからないというご意見もいっぱいあるだろうし、ボクも必要なときがあるのでw、そう考えると、解説抜きの一次情報(ニュース)だけを淡々と放送し続けるだけのメディア(TV等)があっても良いんだと思う。 posted at 00:52:22

  • 続き)例えばさ、映画を見終わったあと直ぐに、「この映画はどうだった、あぁだった」とか、「こういう意味だったんだよー」とか、したり顔したコメンテーターが語り始めるムービーが、エンドロールと共に流れてきたら、どうだろうね? じゃまじゃね? 要らなくね?  posted at 00:59:35


  • 見つめる鍋は煮えない posted at 03:42:21



  • 「あした、何しよう?」を提案してくれるサービス『キタコレ!』があるなら、検索ワード学習機能で、あなたがつい「ナニコレ!」と、喜びそうなトピックを提示してくれるサービス、『ナニコレ!』があっても良いよねw(いらねーな posted at 14:23:51


  • パソコンを買い換える、外付けモニターを使用する、反応の良いマウスを買う、無線LAN環境を導入する等々…。作業効率は、ほんのちょっとのコストをかけただけでも見違えるほど上がる。…という事実を放置プレイしている人、多すぎ。知らなすぎなのかはわからないけど。仕事で使うならケチっちゃダメ posted at 16:12:22


  • ツイッターを見て思うこといくつか。次から次へと面白いことを呟く人の人生は、それほどオモシロおかしいことに恵まれてるわけじゃないんだよね。「何気ないことを、オモシロおかしく切り取って、それを表現するのがウマい」ということなんだよ、と。もちろんそうなるような努力も惜しんでいないしね。 posted at 16:12:55

  • もう何度目かの紹介リンクなんだけど、これらのTipsの処理をした後にiPhoneで使うとものすごく便利なので。ref: 『Gmailを便利に使う7つのTips』http://t.co/jpaEvlE (ネタフル) posted at 16:15:53



  • 「無くて七癖」という言葉があるけれど、もしそれが悪癖だった場合、ついやってしまうのがクセなので、修正するのはとても難しい。ましてやそれが「考え方の悪いクセ」だとしたら、協力者をともにした相当の覚悟が必要。だって、自覚がないのだから。関連:朱に交われば赤くなる posted at 17:22:30

  • ボクも、よく偉そうに「自分を持て」なんてことを口にするのだけれど、でもよく考えると、オリジナルの自分なんて存在しないんだよね。自分なんてそもそも善かれと思った、人や本のコピー要素の集合体なわけだしね。だから因数分解したらオリジナルなんてないし、人の真似もぜんぜん悪くないってこと。 posted at 17:33:16

  • 間違った意見に対して、いちいち「それは間違ってますよ」と言うのは、その方とよほどの間柄か、もしくは直接的な利害関係があるとき以外、思慮分別のある大人は口にしないよね。わざわざ面倒はおこしたくないし、それほど暇でもないから。 posted at 17:45:09



  • 自分が思考停止で動こうが動かまいが、世の中は無関係に動いてるんだよね。自分が立ち止まってると周りも停止しているような錯覚をついしちゃうんだけどさ。そして、最優先に適応すべきは、間違いなく「現実」という名の後者なんだよね。 posted at 19:08:52



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

Aug 16, 2011



  • 「自分の軸足はどこに置いたらいいんだろう?」という話題になったので、ボクは即答したよ。「自分自身に置いとけよ」って。「軸足の自分がブレてなければ、なにをやっててもキミはキミですよ」と。仕事も会社も趣味も…、ぜんぶ自分の一部に過ぎないよ。 posted at 18:04:59


  • お風呂に入って深く深呼吸する。夜寝る前に静かに目を閉じて深呼吸する。大自然を前に深呼吸する…。もうなんでもいいんだけれど、心を落ち着けて静かに目を開けたときに感じる自分自身が本来の自分。いつでも、どこにいても、誰と会っても、その自分に戻れれば、怖いモノなんてないと思う。 posted at 18:08:38




  • 「花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根はみえねえんだなあ」(みつを) posted at 18:24:46



  • ついていくべきリーダーの不在、まとまらないマニフェストとその実現度… こうなると、『政党って政治家と国民にとってなんなのかな?』と、基本的な疑問を抱かずにいられないよね。 一回ガラガラポンしたらどうかな?(できない現実も知ってうえで書いてるんだけどさw) posted at 18:30:16



  • 人を幸せにする、自分も幸せになる、そして正当な利益を生む…これが正当な企業の姿だよね。それが、存続のために、生き残りのために…となるから、おかしくなる。信じられないぐらいシンプルなヤツが、こういうときは一番強いんじゃないかなと思う。優れた経営者ほどものすごくシンプルだよね。 posted at 18:35:44



  • オモテはもちろん、ウラでも、人の悪口は絶対に言わない方が良い。もし仮に、その根拠が自分の誤解だったとしたら、取り返しが付かなくなるし、その後、その人と良好な関係が築けた場合、「前に、こんなこと言ってました?」ということが後からバレたらもったいなさ過ぎる…ということも想定。 posted at 18:57:39



  • 「金持ち喧嘩せず」は、正しい。絶対に正しい。 posted at 18:58:51


  • 「何がいけなかったのか?」を探すのも大事だけれど、うまくいってる人の「何が良かったのか?」に学び、「自分はこれからどうすれば良いのか?」を探す方が前向きで100万倍好き。 posted at 19:03:03



  • もはや共通の価値観(常識)なんてないんだ。共有する「なんとなくの気分」があるだけで。なので、ある話しを理解するための下敷きとなる情報抜きで、話を始めるのはちょっと危険で、ちゃんと向き合いたいのなら、初めから端折らずに伝える努力は怠ってはいけないと思う。(正しく伝える技術として) posted at 20:07:32



  • 人が信用を勝ち取るためには、自分の目の前にいるときももちろん大事なんだけど、むしろ、離れているときの態度が、より重要なんじゃないかと思う。そこでどう振る舞っているか、じゃないかしら。 posted at 20:26:32



  • 今さらだけど、「ムラ社会で生きてる人」と、「ムラの外の社会でも生きようとしてる人」は、そもそもが違う…っていうことなんだと思うよ。 まぁどうでもいいかw たまったメールの返信しろって、おれw posted at 20:30:21



  • 『ノーリスク』…何をやっても、やらなくとも、選んでも、選ばなくとも、それだけはないんだ。 やらなければやらなかったリスクが、選ばなくとも選ばなかったというリスクがあって、それの責任は自分で負うことになるんだ。 posted at 22:37:18



  • 腹を決めて…覚悟を決めて…涙を浮かべながら…とある友の重大な決断の瞬間に立ち会い、いざ、その覚悟が試されるとき、決断が揺らぎ、もっともらしい理由をその場でつくり、他人に吹き込まれ、結局またズルズルと惰性の世界へ逆戻りしてゆく……ボクはそんな光景を何度も間近で見てきた。 posted at 22:48:27



  • いつ爆発するかわからない爆弾の解除ができず、怯えているのなら、最低限の被害に押さえ込むことを前提に、いっそ爆発させて除去することも選択肢のひとつ。 posted at 23:53:35



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

行動の記録


    ファイロファックス FILOFAX ピアッツァ Piazza ポケット Pocket ブラック
  • …ボクが行動の記録を取り始めたのはハワイに留学した19才のときから。それは1日もムダにしたくないと強く感じたから。最初はルーズリーフから流行のシステム手帳へ、そしておっさん御用達の黒革の手帳を経て、今ではGoogleカレンダーをiPhoneで…と変遷を遂げてきた。 posted at 02:45:19





  • …書き記す内容も、最初は「〜〜に行った」から、その日一日を振り返って感じたこと、そして絵日記みたいな感じと、バリエーションに富んでいたけれど、結局は行動の「予定」と「終了したこと」「TO DO」、そしてちょっとした各々のメモ…と極限までシンプルになっていった。 posted at 02:46:53




  • …いつの頃だったか忘れたけど、自分の行動の記録や思いを書くのに慣れた頃、ボクはその手帳さえあればいくらでも時間がつぶせるようになった。何故なら、自分の思いをどこかに吐き出すほどに、自分が癒されるような気持ちになれたから。勝手にライティングセラピーと名付けたりもした posted at 02:47:48



  • …今ではこうしてツイッターやフェイスブックにそのときどきの思いを吐き出す場ができたことで、スケジュール帳に自分の思いを書く機会は減ったけど、でもそれはとてももったいないような気もしたので、その解決策として、ボクはツイッターをGoogleカレンダーに流し込んでいる。 posted at 02:49:09



  • …もっと細かく書くと、Googleカレンダーにはここでは書けない思いやメモを「説明」のところに書いたりしてる。その場合、その他のスケジュールと判別がつくように、タイトルの頭に「*」という印をつけて一目瞭然にしている。時系列に埋め込むのは意外に重要な気がしている。 posted at 02:52:02




  • (おまけ)…とまぁ、ダラダラと書いてしまったわけだけど、つまりはこういうことを『行動の記録』とともに一緒に記録してるのでありますw どーでもいーけど、GoogleカレンダーにGoogleドキュメントを埋め込みできたら最高なんだけどなぁー。できないのかしら。(おわり posted at 03:00:17



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。