| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年08月14日

Aug 14, 2011


    アランの幸福論
  • とどのつまり、インターネットもパソコンもSNSもぜんぶ、優れたテクノロジーはボクらの生活を一変させるモノだけれども、結局は「ツール」に過ぎないんだよね。 つまり、自分が「どう使うのか?」に、すべては依存するんだ。だってそれらはいずれ、紙と鉛筆のような存在になるのだから。 posted at 01:06:15




  • 本当に強烈な出来事があって、本当にたった1日でその人の価値観が一変して別人になれたとする。でも、ボクらは周囲の人間と関わり合いながら生きてる…ということを忘れちゃいけないと思う。周囲は昨日までのその人をみて今日を判断するから。しばらく時間がかかるのがむしろ自然なんだよ。 posted at 01:28:39



  • 日々当たり前のように、ツイッターやフェイスブックやブログで見ていた仲間の姿を見かけなくなるというのは、とても寂しいものである。でもこれで気がつくことがひとつある。いつでもそこに居ると思っていた彼らとの「接触頻度」は、彼らのたゆまぬ努力によって維持されていたんだ…という事実を。 posted at 16:38:24





  • 思考の整理学 (ちくま文庫)
  • 息をするようにテキストを吐き出せたり、自分の身の回りで起きたことをオモシロおかしく表現できる人は、実はそんなにいないんだよね。どこで見たかは忘れちゃったけど、全SNSの半数は、たった数%の人の吐き出したものをRT and/or +αされてるだけ…というニュースも別に驚かない。 posted at 16:45:03





  • まぁこんなことを書くと、「あぁ、〜〜の法則ですね?」とレスしてくる人が必ずいるんだけれど、ボクはそんなことを言いたいんじゃないんだ。なんでもそうだけれど、日々、誰が見てようといまいと、粛々と自分のやりたい・やるべきことをし続ける人には頭が下がる…ということ。ボクもそうありたい。 posted at 16:49:35




  • 『アンチテーゼをどれだけ並べても、テーゼにはなり得ない』ってことなんじゃないかと。 posted at 17:11:34




  • http://j.people.com.cn/94475/7568078.html
  • #China 見落としてましたが、日本政府はこんな全面広告を中国に出していたんですね。反応も好意的に受け止められて​いたようです。制作は電通。リンク先には紙面の全面が見れます​。【日本政府、中国各紙に広告載せ復興アピール】 (参考リンク) posted at 21:49:56



  • 毎年この季節になると、重々しいテレビ番組が続きます。戦争の愚​かさや悲惨さを知ることも、とても大切だってコトは知ってるんだ​けど、今年は…、どうか今年だけは、本当にごめんなさい…。 震​災もあったし、もうこれ以上、重々しいのは見たくも聞きたくもな​いんだ…。テレビを消すよ。 posted at 22:39:57





posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

Aug 13, 2011


  • 最近の政治家はよく横文字を使うし、それがカッコイイと思ってる風潮があるような気がするんだけれど、日本は高齢者社会ということを忘れてるんじゃないかと思うんだよね。ツイッターやSNSなんかではいいけど、やはりTPOに合わせて話し方(表現)は変えた方が「伝わる」と思うよ。 posted at 05:49:08
    - - -
     ※加筆:ひとは、自分がわからない言葉を言われ続けると【疎外感】を感じるんですよ。そうなると、いくら良いことを訴えても、ぜんぜん自分の話として関心を示さなくなるんですよ。ましてや、最近のスピード化社会ということも手伝って、誰もが早口過ぎると思うんです。 これじゃ雑音です。 





  • 【iPhoneでGmail 設定方法】…知り合いがうまくいかないと嘆いていたのでリンクを貼ります。ボクは普通にメール設定して、WEB GmailでiPhoneメアドへプッシュ通知を設定してたけど「Exchange」使うと簡単なのね。http://t.co/l5qYdUt posted at 16:11:40

  • 【iPhoneでGmail 設定方法】続き)…で、『メール/連絡先/カレンダー』で、デフォルトアカウントを『G-mail』にしておけば、基本的にiPhoneメアドは自分で使うことは無くなるんだね。正確にはSMS/MMSで写真送受信などは自動でiPhoneメアドが使われるけど。 posted at 16:15:44





  • ボクらは「生き残るために生きてる」んだろうか? マスコミのキャッチコピーには安易に「サバイバル」や「生き残り」という文字が並んでいて、それこそ表現がすでに死んでるなぁと感じる。個人的には「楽しむために生きてる」を、俄然オシたい…。 posted at 18:17:02



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

Aug 12, 2011


  • Twitterやfacebookで言うところの、『どこ行った、なに食べた』…ってことよりも、(誰と or 独りでも)『どんな時間を過ごしたのか?』ということの方が、ぜんぜん大事なんじゃないかな。 posted at 06:06:47


  • 370712327.jpg

  • 失言、失態、を繰り返す某国の首相っていうか、企業のトップも​そうだろうけど、もうさ、【Mr/Mrs パーフェクト】を求められてるよね。だったらさ、こういうことが​得意の国なんだもの、そろそろこんなトップがでて​きてもアリかもよ? posted at 14:17:40
    - - -
     ※加筆:テレ朝の社長は【ドラえもん】でいいし、東電の社長は【でんこちゃん】でいいじゃないかとw





posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

Aug 11, 2011


  • 「気持ち」と「言動」が一致してないと、不信感を抱くよね。たとえ信じたいと願ってる相手でさえも…。だからわかりやすい言動が必要なんだと思うし、それが配慮という努力なんだと思う。お互いのその努力抜きに良好なコミュニケーションは成立しえない。また、構築よりもむしろ維持の方が大変かも。 posted at 02:30:32





  • もう何度も書いているけれど、このツイッターにおける【140文字縛り】は、自分の文章作成能力をブラッシュアップさせるには絶好の場だと思うし、また、その学ぶべき師匠たちがゴロゴロいる宝庫だと思う。#twitter posted at 02:33:12



  • 終戦記念日が近づいているから書くわけでもないんだけれど、自分の国の国家を歌うのに、学校の先生たちは歌わなかったり、起立しなかったりしたら、学生はどう思うだろうね?【なんだかよくわからない違和感】を覚えないはずがないよね。 ボクはその違和感を抱えたまま40代半ばです(イマココ posted at 02:57:01



  • ようやくfacebookの使い方も理解してきたので、一旦、公開する情報を大幅に見直しました。 posted at 06:01:20


  • 続き)今までは申請があれば誰でもウェルカムで「友だち承認」していて、それが自動的に自分のウォールに流れていたんだけれど、自分とあまり関係ない人たちが「〜〜が〜〜と友だちになりました」的な情報や、関心のない人たちの記事情報が流れても、やっぱり自分には不要だなぁって思ったので。 posted at 06:07:18



  • デリケートな話題は、微妙な雰囲気をつくることも、つくられることも避けたいので、可能な限り自分からは触れないようにしている。しかし、それ故に似たような境遇の方がいらっしゃるととても親近感を抱くのも確か。デリカシー、大事。 posted at 12:57:09



  • ありとあらゆるノウハウ本の本質は、ノウハウそのものではなく、『なぜそれが必要なのか?という考え方(アプローチ)を明確にすること』だと思う。そのプロセスを経るからこそ、漠然とした目的が明確な目的に変わるし、モチベーションもより強固になる。 posted at 13:07:20


  • とても良い本だと思います。おすすめ。「ほぼ日」のズーニーさんのコラムも好きでいつも参考にしています。ref: あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫) by 山田 ズーニー http://t.co/35E6CQZ (amazon) posted at 13:13:44





  • 「要るか・要らないか」目線の商品と、「欲しいか・欲しくないか」目線の商品があるから、これまたなかなか難しいわけですよ。まーけてぃんぐ。 posted at 15:58:49




  • 食べたいっていうから、一所懸命つくった料理を、すぐに食べるでもなく、いつまでもテーブルの上に出しっぱなしにされてたら、いっそゴミ箱に捨ててしまいたい衝動…という、よくある妻の心理は理解できる。(なんにでも応用可な心理)※"ひとの気持ちに応える"…ということ。 posted at 16:08:34

  • 人って、道理で生きてると思いがちだけど、気持ち(感情)で生きてるんだな…と感じることの方が多いよね。ボクの1日の行動を見ててもそうだもの^^ コミュニケーションの根っこって、そういう領域の方が大事のような気がするんだよね。ツールとかスキルとかは、あくまでもウワモノ。 posted at 16:15:36

  • 20年以上も前の本だけど、山根一眞さんの著書である「情報の仕事術」が、「1.収集」「2.整理」「3.表現」の3部構成になってるのは、情報の本質が何かということと、最高のメディアは人(あなた)なのだということを、見事に表していると思う。 posted at 18:07:26




posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

Aug 10, 2011


  • そりゃプロなんだもの、クオリティーがそれなりに高いのは当たり前。問題なのは『それを感じてくれる機会をどうつくるのか?』だよね。そこの領域をも含めて初めて、ひとは「プロ」と呼ぶんだと思う。 posted at 04:10:49




  • しかし、ちょっと前からある件に関して出口が見えない状態が続いていて、目下、暗中模索気味なのだが、困った困った…。このままどうかなっちまうぜと思ってみたり、どうにかなるんじゃない?と、我がことながら他人事と思ってみたり… うーむ…。 posted at 13:02:41




  • お節介だとは思うけど、飲食店などの客商売をしておられるツイッターユーザーさんは、基本的にフォローされたらフォロー返しはした方がベターのような気がします。彼らは自ら宣伝してくれるありがたい貴重なお客様なのだから。そこを気づかずしてリアル商売のコミュニケーションは難しいと思います。 posted at 13:43:16



  • ボクも昔は適当にキーボードタイピングをしていたんだけれど、ある日、完璧なブラインドタッチの人を見て衝撃が走り、その人を真似て徹底的にそれを覚えたんだけど、おかげで、パソコン入力のときは、頭で考えたことがそのままモニタに表示されていくような…そんな一体感を得られるようになりました。 posted at 16:35:15



  • 漢字の書き取りや英単語の綴り、柔道の受け身やギターの運指などなど…。 頭で理解するとかしないとかじゃなくて、カラダが覚えていかないとダメなことって、なんでも簡単にできちゃうこんな時代だからこそ、ボクはものすごく重要なんじゃないかと思う。 posted at 16:42:57



posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。