| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年08月11日

Aug 11, 2011


  • 「気持ち」と「言動」が一致してないと、不信感を抱くよね。たとえ信じたいと願ってる相手でさえも…。だからわかりやすい言動が必要なんだと思うし、それが配慮という努力なんだと思う。お互いのその努力抜きに良好なコミュニケーションは成立しえない。また、構築よりもむしろ維持の方が大変かも。 posted at 02:30:32





  • もう何度も書いているけれど、このツイッターにおける【140文字縛り】は、自分の文章作成能力をブラッシュアップさせるには絶好の場だと思うし、また、その学ぶべき師匠たちがゴロゴロいる宝庫だと思う。#twitter posted at 02:33:12



  • 終戦記念日が近づいているから書くわけでもないんだけれど、自分の国の国家を歌うのに、学校の先生たちは歌わなかったり、起立しなかったりしたら、学生はどう思うだろうね?【なんだかよくわからない違和感】を覚えないはずがないよね。 ボクはその違和感を抱えたまま40代半ばです(イマココ posted at 02:57:01



  • ようやくfacebookの使い方も理解してきたので、一旦、公開する情報を大幅に見直しました。 posted at 06:01:20


  • 続き)今までは申請があれば誰でもウェルカムで「友だち承認」していて、それが自動的に自分のウォールに流れていたんだけれど、自分とあまり関係ない人たちが「〜〜が〜〜と友だちになりました」的な情報や、関心のない人たちの記事情報が流れても、やっぱり自分には不要だなぁって思ったので。 posted at 06:07:18



  • デリケートな話題は、微妙な雰囲気をつくることも、つくられることも避けたいので、可能な限り自分からは触れないようにしている。しかし、それ故に似たような境遇の方がいらっしゃるととても親近感を抱くのも確か。デリカシー、大事。 posted at 12:57:09



  • ありとあらゆるノウハウ本の本質は、ノウハウそのものではなく、『なぜそれが必要なのか?という考え方(アプローチ)を明確にすること』だと思う。そのプロセスを経るからこそ、漠然とした目的が明確な目的に変わるし、モチベーションもより強固になる。 posted at 13:07:20


  • とても良い本だと思います。おすすめ。「ほぼ日」のズーニーさんのコラムも好きでいつも参考にしています。ref: あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫) by 山田 ズーニー http://t.co/35E6CQZ (amazon) posted at 13:13:44





  • 「要るか・要らないか」目線の商品と、「欲しいか・欲しくないか」目線の商品があるから、これまたなかなか難しいわけですよ。まーけてぃんぐ。 posted at 15:58:49




  • 食べたいっていうから、一所懸命つくった料理を、すぐに食べるでもなく、いつまでもテーブルの上に出しっぱなしにされてたら、いっそゴミ箱に捨ててしまいたい衝動…という、よくある妻の心理は理解できる。(なんにでも応用可な心理)※"ひとの気持ちに応える"…ということ。 posted at 16:08:34

  • 人って、道理で生きてると思いがちだけど、気持ち(感情)で生きてるんだな…と感じることの方が多いよね。ボクの1日の行動を見ててもそうだもの^^ コミュニケーションの根っこって、そういう領域の方が大事のような気がするんだよね。ツールとかスキルとかは、あくまでもウワモノ。 posted at 16:15:36

  • 20年以上も前の本だけど、山根一眞さんの著書である「情報の仕事術」が、「1.収集」「2.整理」「3.表現」の3部構成になってるのは、情報の本質が何かということと、最高のメディアは人(あなた)なのだということを、見事に表していると思う。 posted at 18:07:26






posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。