| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年09月09日

Sep 9, 2011


    http://www.phileweb.com/ifa/index.html
  • #IFA2011 ボクはこのサイトで楽しませてもらってました。日本語サイト(参考リンク) 関連記事一覧をまとめ(参考リンク) posted at 01:45:24
    - - -
     ※加筆:IFA:世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー




  • #Biz 編集力やアレンジメント力が、そのまま企画力に繋がってることを、意識している人は意外に少ないよね。例えば、同じグループのトークも、気が利いたモデレーター(進行役)がひとり加わるだけで、格段に面白いトークが広がる…とかさ。 posted at 13:21:18


  • 会話の上手な人と、野球の練習のノックの上手な人って、とても共通点があると思うんだ。最初は正面から、そして、ギリギリ捕れそうな場所とか、ギリギリ捕れなそうな場所に、どんどん放り込んでくれて、気がついたら、あぁ、こんな球まで捕れるようになってる…とか感動するんだ。 posted at 13:25:42





  • 어제 일을 들추어 오늘을 아프게 하지 말고 지나간 상처를 들추어 지금 짓고 있는 미소를 흉터를 만들지 말라 posted at 17:43:03



  • スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
  • うわべだけのやさしさやお愛想とかじゃなく、『相手が本当に必要なもの』で、ボクが与えられる、ボクだけが与えられるもの…は、なんだろう? いつもボクはそれを考えています。ときに耳が痛いことも、目障りなことも、ボクはするかもしれませんが、それがお互いハッピーになる近道だと信じています。 posted at 20:39:11



  • 『前例があるかないか』が、よく取り沙汰されるけど、ボクらは日々、前例のない『今』を生きてるんだよね。 posted at 21:15:59



  • 話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)
  • 近づき過ぎてもいけない、離れ過ぎてもいけない。相手との適度な距離ってものすごく難しいと思います。安心感は感じたいけど緊張感がまったくなくなったらダメ…というのを、ボクは自分なりの経験則に基づくものさしにしています。それは公私を問わず。 posted at 21:42:32


  • ドラッガーや松下幸之助さんや稲盛和夫さんやユニクロの柳井さんの本を、これでもかと読んでる人はたくさん見かけるけど、一番重要なのは、彼らを「銀幕のスター化(あっちはあっち、うちはうち)」にしないことで、いかに自分の職場やライフスタイルに採り入れるのか?というアレンジメント力かと。 posted at 21:59:42



  • 企業も人も、調子の悪いときにこそ『その本質』が見えるもの。どう過ごしたのか、どう対処したのか。それは、取り巻く企業や友だちも同じ。 どう関わってくれたのか、知らんぷりをしてたのか…。調子が良いときを基準にしてると見えてこない。 posted at 22:46:08






posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。