| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年09月19日

GONE FISHING / しばらくお休みいたします


ちょっと休憩が必要なようです。
ちょっと疲れちゃいました。
誠に勝手ながら、このブログをはじめ、
Twitter, facebookを含めたネット活動は、
しばらくお休みいたします。

石山 城 Sep 19. 2011




posted by 石山城 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sep 19, 2011




    話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)
  • 誰にナニを伝えるべきか? それを伝えたら相手はどう思うのか? 確認してから連絡するべきなのか? それとも事前に確認するべき相手と内容なのか? 等々…。やりとりはオープンなことに越したことはないけれど、うまく回すためには『順番』や『伝え方』などの配慮はものすごく大事。 posted at 01:21:58
    - - -
     ※加筆:よくわからないけれど、日本では伝え方を考える際によく引き合いに出されるのが『クチがうまい』という表現がある。あとは、『二枚舌』とか『口先三寸』などなど…。これらは、どう前向きに受け止めてもポジティブなイメージではないよね。更には『不言実行』とかね…。 でもさ、そういう時代はとっくのとうに終わっちゃってるんだよね。今は『能ある鷹は爪を…出してる』っていうか、むしろ『見せびらかしてる』時代とも言えるしねw ボクは "コミュニケーション" というお仕事に関わっているので、この『伝える』ということにおいて、もっともっと基本的なところから見つめ直す時期が来てるのかもな、とさえ思うのです。




  • 過去の分析は重要なことだけれど、未来の予測とアクション手順を決めることは、最も重要なんじゃないかな。 ボクらは過去に生きてるんじゃなくて、今と、そして未来に向かって生きてるんだよ。全ては、今と未来をよりよくするため…という目的を見失わないように。(自戒を込めて) posted at 01:26:19



  • 72.jpg
  • 身内の話は、身内でするから「身内話」って言うんだよ。身内以外の人が知って、楽しいコトなんて、実はあんまりなくって、不快にさせたり誤解を与える結果になることの方が圧倒的に多い…という事実を、是非、押さえておいて欲しいなと思う。 posted at 02:51:24






  • 『元ーーーヤンキーとか引き籠もりとかーーーが、今は一所懸命〜〜をやっていて…』という美談をよく見聞きするけど、ボクは思うのだけれど、曲がることなく真っ直ぐに、一所懸命やりつづけている普通の人こそ賞賛されるべきで、マジメにやってきている人を社会がないがしろにしちゃイケナイと思うんだ posted at 03:01:02



  • 『恋人は一人だからこそ、オネダリ(ONE DARLING)も許される』ってもんだよね。何人もいたら、それは違うものになっちゃうよ。…という、ウマいことを思いついた。 posted at 11:03:07



  • 普段はクチにしないことでも、ふとした言葉の端々やウカレたときの冗談なんかに、その人の本音が見え隠れ。「あぁ、本当はそう思ってたのね…」とw 特に男性の場合、普段の一人称が「私」だったとしたら、突然「オレ」とか言い始めたときが最も危ない。っていうかわかりやすすぎw posted at 11:45:31



  • 約束が守れない人の最大の欠点は、その人間性がうんぬんではなく、ただ単純に、その約束を自分ができるかできないかを本気で考えていないこと。要は、現状認識と目標設定の甘さ。そしてそれが周囲にどれほど迷惑をかけるかを理解していない、想像力の欠如。きわめてシンプル。 posted at 15:13:38
    - - -
     ※加筆:あとね、約束が守れない人に限って『やさしい人が多い』のね。っていうか『やさし過ぎる』が正解。だからこそ、断れないの。『できないことはできない』と断ることの方が、どれほど相手や周囲に対してやさしい行為か?っていうことを知らない勘違い。




  • ■メモ、とれよ。

  • #Biz 結構な内容を話しているのに、メモをまったくとらないので、「すげぇなぁー」と関心していたら、やっぱりそれなりの人だったw  posted at 19:14:20



  • #Biz 続き)結構な内容を話しているのに、メモをまったくとらないので、「すげぇなぁー」と関心していたら、最後に「そのメモいただけませんか?」と言われたw  posted at 19:16:45




  • 「たまには男同士の会話をしませんか?」と持ちかけられたので、一応念のため、差し障りのない範囲でそれなりに答えていたんだが、後日、そいつのカミさんから「あの彼女とはどうなりました?」って訊かれて腰抜かしたことがある。逆に聴いた話しを全部、カミさんにバラしてやろうかと過ぎったよw posted at 19:30:33


  • #Biz ボクは初対面の人と会話する場合。先ずは、知ってても知らないふりして、トボケて話しをウケていることが多いです。いくつか知っていることを自由に話してもらうことで、相手の情報の範囲と深度、そして用心深さがわかるから。そして、後半に自分で話すときの展開に活かします。 posted at 19:44:40


  • #Biz 続き)ジャンケンで後出しは反則だけど、会話や会議ではとても有効。特に自分にとってアウェーだった場合、状況をなにも知らずに戦闘開始する方が無謀だよね。 posted at 19:50:23



  • 自分のBioに、自ら「カリスマ〜〜」と書いてしまえる人で、本当にカリスマだった試しがないよね。だってそれは、他人が言うことだもの。 posted at 19:57:03



  • いろんなものには限界がある…ということを、最近、よく思い知る機会が増えています。当たり前すぎるんだけれどさ。そろそろボクも限界かもなぁ…ともw  posted at 21:10:07



*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"

posted by 石山城 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。