| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年01月07日

Jan 7, 2012『プロフェッショナル論』『お金の神格化』など



  • 我が家のネット環境がちょっとトラブっていて修復に時間がかかりそうなので、急きょ近所のカフェに避難。しかも大きな声では言えないけど”ノラWi-Fi”なので、ガラガラに空いてるカフェなのに「え?そこ?」な場所(Wi-Fiが入りやすい場所)に陣取っているw とほほ… posted at 11:49:03

  • 【本日の本音】…少なくともボクの周りでは、ボクは、デジタルとかネットとかーーーもうなんて言っていいかわからないけれどwーーーそういう類のことにとても詳しいと思われているのだけれど、次から次へと出現する新しい機器やサービスにトライするのが、最近とても億劫になっている。 posted at 11:56:40

  • 続き)というのも、今、とある新しいメンテナンスのアプリを試していたら、Firefoxのデフォルト設定がぜんぶぶっ飛んで、どうやらヤっちまったくさい。これを契機にメインブラウザ変えちゃおうかなぁと…。使い慣れて育て上げたアプリって、こんなときじゃないと変えようと思わないし… posted at 12:03:15



  • YouTubeギター講座

    #Biz 『YouTubeで弾き語り解説』とかやってみたら、「有料で個別指導お願いします」という問い合わせが数件来て驚く。もはやもう何屋さんなのかわからないけれど、ボクなんかで役に立つのなら何をやって食べていこうと構わないかなぁとw http://youtu.be/lYNJ4By3zaU posted at 12:21:10



    ■プロフェッショナル論:

  • #Biz 最近よく思うのだけれど、プロとそうじゃない人の境界線って誰が決めるのかっていったら『お客さんとなる方』なんだよね。ボクらはよくその道のプロ目線で評価しがちだけれど、その顧客(…とそれになる方)の満足(CS)が高ければ、もうどの道のプロも関係ないんじゃないかと思い始めてる posted at 12:24:07

  • #Biz たまに『よくこんなレベルでお客からお金取るよなぁー』と思う商品やサービスがあったとしても、その場における提供者と顧客の両者の満足(いわゆる契約関係)が成立してればそれでOKということ。このレベルじゃいけない…というのは、最低限の基準はあったとしても広義の意味ではノー問題 posted at 12:27:43

  • 続き)そういう意味では、ヘタに『既成概念の価値観によるプロ』を名乗らず・縛られず、『素人のプロ』を自称して、これまた既成概念をぶち壊した料金体系を打ち出すサービスが次々と現れてもおかしくないんだよね。だって選んで決めるのは『お客さん』なのだから。 posted at 12:30:04




  • あえてアカウント名は伏せるけど、『本日発売のAERAが気になる』と書いてあったので続きを読んでみたら…『グンちゃんが、髪の毛切ってたから…』という驚愕の理由に、良い意味で衝撃を受けた。世の中のマーケットはかくも深い。 posted at 12:39:36


  • もうさ本音で言っちゃうと、『信じるとか裏切られたとか何言ってんの?』って思うわけですよ、食べログとか評価に対して。極論、メディアであろうとなんだろうと、『街なかで出くわした人たちのすべてを信用できるか?』と同義なんだよね。評価軸は自分で決める。(続く posted at 12:46:04

  • 続き)だから今はなによりもブランド価値(信憑性や信頼)が何よりも尊重されて、企業もお金を掛けてるし死守してるわけですよね(だからSNSでも『いいね』とかの評価を集めたがってるわ) それが岡田斗司夫さんの言葉を借りれば評価経済社会なわけで、評価という軸によって経済が回り始めてると。 posted at 12:49:57



  • 何かを体得したいなぁと思ったら、デキる、これは!…と思った人から直接1:1で教えてもらうのが一番の近道なんですよね。お金も正当に払う。今、これほど個人と繋がれるSNSが広がってる環境で、それを活かさないのはもったいなさすぎる…とボクは思う。ボクは直ぐにアポ入れちゃうw posted at 12:57:25

  • 続き)SNSは究極の出会い系だと思うんだけれど、それをどう活かすのかは使っている人次第。リアルライフだってそう。言葉を換えれば、直接会うことでいろんな意味でレバレッジがかかって、どれだけの時間と労力が今後かかるのかを考えればまさに動いた者の勝ち。だって、会えなくてもともとだものw posted at 13:01:57



  • 【お金の神格化】…何かをしてもらったら、それに見合うと思えるお礼をするのが当たり前。それに見合うものが返せなければ対価を払う。すべては無料じゃない。ていうか、お金の神格化はよくない。たかが流通のひとつの手段に過ぎないのに。もっと気軽にお金をやり取りしてもいいと常々思う。 posted at 13:08:14




  • ボクはツイッターやフェイスブックを始めたときには、既にiPhoneを使っていたからわからないのだけれど、これがもし使い慣れていないWinマシンとガラケーという環境だったら、まるで接し方は違っていたんだと思う。もう戻れないしそのつもりもないけれど…。 posted at 13:27:57




  • 収入源はどこか?どこに帰属してるのか?は、ものごとの本質を見極めるのに欠かせない視点。 posted at 16:23:32



  • 三すくみの関係性ってあるよね。どこも引くに引けないんだけど、「これじゃいかんとは思ってる」…みたいな。そこで、新しい参加者を割り込ませることによって、どこも「じゃぁーしょがねーかー」的に一歩進める…みたいな。自助作用が働きづらいところには有効。(外注の効用) posted at 18:41:13



  • ボクの親友によれば、『聖書とは関係学の書である』と言っていたんだけど、言い得て妙だよね。だってこの世はすべて他者との関係学だもの。 posted at 18:45:20

  • 続き)で、個人と個人が場所も世代も社会的立場も…すべてぶっ飛ばして繋がったのがインターネットであり、その進化系がSNSなんだよね。まさに、関係学=コミュニケーションの時代ってことだよね。(独り言) posted at 18:49:08

  • 韓国人が、中国人が、好きとか嫌いとか、そんなのぜんぶ、相手によるってw posted at 19:29:46

  • あんこに、きな粉に、磯辺焼きに、えーとえーっと… 七草粥にちなんで七つの味のお餅に挑戦しようとした自称 "餅らー" ですが、ネタ切れ。 posted at 19:45:59








*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"


posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。