| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年02月29日

Feb 29, 2012『ボディメイクトレーナー、カーヴィーダンスの樫木裕実さん』など




    _h475_9784056059748in01.jpg

    録画していた『ソロモン流〜芸能人からトップアスリートまで カリスマトレーナー樫木裕美 48歳〜』見てる。

    やはり基本は #骨盤 と姿勢なんですね。ものすごい変な見方だけれど、これはお金払いますね。個別指導されたいと願う女性の気持ちがとてもわかる。ムリせず変身願望と健康が手に入るもの。 posted at 04:21:12
    - - -
     ※加筆:ボクは番組しか見ていないし、本は読んでいないのだけれど、動きはやはり骨盤矯正というか「関節を柔軟に全部使いましょう」ということではないのかな、と感じました。そしてまた、ワークアウトやエクササイズというより、普段の何気ない動きの中にこそカラダ全体を意識する…ということの重要性を言っているのではないかと受け取った。

     まぁ、そんなことより、遅咲きの彼女の成功に、「ずっと頑張ってきて良かったですね、おめでとうございます」と、素直にエールを贈りたいです。






  • なんだかんだでさっき帰宅。倍速でサッカー観戦しながら久しぶりにギターを弄ぶ。今日はぜんぜん呟く余裕が無かった。会議が続いて思考回路を持って行かれると、どうしてもその話題に触れちゃうから危ないし…。器用貧乏を自称していたけど、どうやらボクの頭のキャパはそんなもんらしいw posted at 23:25:55








*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

Feb 28, 2012『視野を広く持つためのウルトラCとその条件』など




    427664_3397190975275_1434752118_33216241_390472786_n.jpg

  • 新宿の打ち合わせが終わって終電数本前で地元に戻った。なんとなくボーっとしたくて、近所の公園でひとり缶コーヒーを飲みながら空を見上げた。星は見えない。寒いけど前ほど息も白くない。早くコート脱ぐ季節にならないかなー。 posted at 00:49:32




  • ここ数日、今まで関わったことのない業界からの依頼で、久しぶりに情報収集にバタついてる(まぁ、これも楽しいのだけれど…) で、その関連するツイッターのアカウントを、毎度の非公開リストを作って追ってるわけだけれど、意外にも知ってる方がいたりして結構驚いている。へぇ〜… posted at 01:05:44



  • 怒ったり、泣いたり、嘆いたりして、世の中が変わるなら楽なんだよね。ものすごいドライな意見かも知れないけれど、そこはクールに戦略を考えないと…。ハートの熱さとは別問題。それはボクも負けてないよ^^ (誰にともなく) posted at 01:09:26



  • 法整備や人権等、言い換えれば既にガチガチに縛られた国と、もはやなんでもアリで追いつけ追い越せをやってる国が、国際舞台では同じ土俵に乗ってるわけ。もっと言えば、国際批難に対する考え方だって違う。単純に比べてどうするの?と個人的には思う。(独り言) posted at 15:55:10



  • 「もう2月も終わりかぁー、早い!」という呟きが多いけれど、「今年は9週目に入ったばかり」という週単位で視点を変えると、また違った感覚になります。ボクはそのぐらいの単位で動いた感覚の方がマッチしてるみたい。 posted at 16:33:26



  • ■視野を広く持つためのウルトラCとその条件:

  • 「視野を広く持つ」のが難しければ、一番簡単なのは、「いろんな人たちと関わる」という、ウルトラCがあります。 posted at 16:36:58


  • 続き)それには、アクティブでフットワークが軽いこと、健康であること、食事考える、生活習慣見直す…など、やはり基本の基本に戻るわけです。#health posted at 16:38:47



  • ボクのツイッターの使い方のひとつとして、自分の備忘録としても利用してるんですが、それに「感想コメント」や、「いやいやそうじゃないよ」とか意見を頂いたりして、そこからまたブラッシュアップされたりする。本当にうれしい。日記との最大の違いはこれ。感謝!! posted at 16:49:51



  • 1ヶ月単位で日々を過ごすのではなく、週単位で見ると新しい視点が生まれると、さっき書いたけど、ダイエットの摂取カロリーも、1日単位じゃなくて3日単位でコントロール(今日は食べすぎたから明日明後日で調整しようなど)すると、精神的プレッシャーなく無理なくできる…とどこかで読んだよ。 posted at 16:57:31



  • 頑張るとか頑張らないとかそういうことじゃなくて、なにかを取り組むにあたって新しい視点やタスクを、いかに「自分の普通の生活習慣に採り入れられるか?」だけに注力した方が、プレッシャーとか変な精神論から離別できるよね。あなたやボクは、そのままでいい。 posted at 17:03:20



  • #Ads あなたのスマホがタクシー乗り場ーというキャッチコピーうまいね。/ 『「全国タクシー配車」アプリ、配車エリアを福島/静岡/長崎県まで拡大』http://japan.internet.com/allnet/20120228/7.html posted at 18:14:09



  • 『迷惑メール』…テキストに含まれるリンクをクリックしてもダメ、配信停止はこちらのリンクをクリックしてもダメーーースルーしかないという点では、道端で酔っ払いに近寄られても相手にしない…という行為に近い。憤慨したり廃絶を求めたり相手にするのも無意味という点も同じ。 posted at 19:47:29



  • ノウハウ本は売って終わり。でも、ウェブ制作会社さんはサイト作って終わり…でいいのかな? 例えるならウェブサイトやSNSは子どもと同じで、産んだら終わりじゃなくて、むしろそこがすべての始まりで本番はそのあと。ソーシャル運用のコンサルできないなら辞めた方がいい。そういう時代だと思う。 posted at 20:36:26



  • 政治家ってひとりひとりは、皆、それなりに良いことを言うんだよね。なるほどなって。 でも、それが集合体になるとまるでダメになる問題点をどうにかしないといけないんだよね。そこに気がついて無い。機能しない集合体なら強烈なリーダーシップの小勢力が魅力的に見えて当然。 posted at 20:47:41



  • 『最近の愛読書は?』と質問されたので、『小悪魔agehaです』と答えたら、スルーされました。某会議にて posted at 20:58:55



  • 仔犬にはたまに食糞する子がいるんだけど、今、「可愛い〜」ってキャッキャしながら顔を舐められていた女の子の顔を舐めてたワンコは、さっき思いっきり自分のウ○コを、まるっと食べていたワンコと同じワンコだ。某ショッピングセンター前での出来事。さて、ボクは帰る。 posted at 21:51:40










*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

Feb 27, 2012『ソーシャル時代の処世術』『花粉症の季節の都市伝説』など



  • 元を遡ればバブル崩壊以降…ってことなのかも知れないけれど、世の中が右肩上がりじゃなくなって以来、ボクたちがまざまざと学んだたったひとつのことは、ちゃんとしてるだろう…と信じてきた役所のひとたちとか大企業の人たちなんて、けっこういい加減だった…ってこと。 posted at 01:20:56



  • وأنا أكتب تعليقا لأول مرة باللغة العربية. ليس لدي أصدقاء العرب في التغريد. هذا هو الاختبار. أنا أعيش في اليابان طوكيو. posted at 02:38:10
    - - -
     ※加筆:(翻訳)私はアラビア語では初めてコメントを書いています。私はアラブの友だちはツイッターではいませんが、これはテストです。私は日本東京に住んでいます。




  • 言葉は研ぎ澄ませば研ぎ澄ますほどシンプルになっていくので、ややもすると、宗教家のようなメッセージになりがち。で、「このツボ買うと幸せになれますよ」とあまり変わらないニオイがしてくるから要注意ねw(自戒を込めて) posted at 03:53:08




  • http://www.nhk.or.jp/creative/
  • 「見る」NHKから、「使って、つくる」NHKへ… NHKクリエイティブ・ライブラリー (参考リンク) / 知りませんでした。#Ads posted at 04:44:13
    - - -
     ※加筆:使用目的をきちんと守れば、NHKのアーカイブ素材を自由に使って自在に動画をつくることができる。すごいね!




  • ■花粉症の季節の都市伝説

  • その昔、男子はスキーウェア着てると(正確にはウェア着てゴーグルかけてると…)みんなカッコヨク見えるという都市伝説があったんだけれど、最近の女子は、アイメイクをばっちりしてるから、『マスクしてるとみんな可愛くみえる』ということを、有権者の皆さまに訴えたいのであります。 posted at 04:54:18





  • ■ソーシャル時代の処世術:

  • 『叱る時はこっそりと、褒める時は人前で』というのは、わりと有名だと思うんだけれど、これをSNSに流用するのならば、『ネガティブなことを言うときは伏せ字で、褒めるときは(@アカウント名)入れて』ということなんだろうと思う。#SNS posted at 05:01:59



  • 『段取り7分、仕事3分』…デキる人は予習復習に余念が無い。経験上、ミーティングにノープラン・手ぶらで来る人にデキる人を見たことがない。※あくまでも個人的見解だけれど『自分はメモをとらない』と豪語する人は、ものすごいデキる人か、バカ。 posted at 14:50:10




  • 『泣かぬなら殺してしまえホトトギス』
    …の気持ちはわからないでもないし、
    正直、以前のボクはそういう傾向があったかもだれど、
    としをとったせいなのか、
    ひとつのことだけでそういう判断をすることはなくなってしまった。

    自分の中での適度な距離感をつくれるようになったと思う。

    (独り言)
    posted at 15:10:22



  • 「共感と断絶は、同時に、違うレイヤーで起きている」(「キュレーションの時代」著 佐々木俊尚)にとても共感。 posted at 15:24:13








*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

Feb 26, 2012『たびぃじょ』『モバイルの進化について』など




  • ボクもそういう人になりたいと常々思っているけどなかなか難しいよね。でも、ボクが辛いときに助けてくれた、優しい言葉をかけてくれた、人たちのことは一生忘れない。 RT @daichi: 「世の中でもっとも希少価値のある能力は、人を励ます能力である」的なこと言ったひといたよな… posted at 01:10:42



  • http://www.tabiijyo.jp/■たびぃじょ

  • ボクのまわりにはこんな人が続々いる。ムズムズする…。"たびぃじょ" ならぬ、"たびぃめん" 襲名したい。 RT @TakaFlight: @joe_i は〜い、都度都度アップしますね〜。 今回は パキスタン(ラホール & イスラマバード) と タイ(バンコク中心)です。 posted at 01:36:43
    - - -
     ※加筆:ボクがここのところ注目している"たびぃじょ"さんのウェブサイト。あまり詳細は今後のボクのネタに関わるので教えないけれどw、とにかく、要注目だと思います。http://www.tabiijyo.jp/



  • 【急募】 #YouTube の動画を見るにあたり、早回しで再生できるアプリあったら便利なんだけれど、そんなアプリかウェブサービスありませんか?…最近、セミナーとか見る機会が多いので、1.3倍速ぐらいで見られるととても便利ですよね。【関係者RT求む】 posted at 15:35:45



  • ■モバイルの進化について

  • RT @sakunkensuke: 日本の携帯電話の進化、スマートフォンの進化についてわかりやすい動画です。「モバイルの進化について」夏野剛 (参考リンク) posted at 15:41:06
    - - -
     ※加筆:特に中盤から後半にかけて、どんどんディープになって白熱していきます。ものすごくストレートでわかりやすいです。夏野さん、好き。




  • RT @joe_i_f: 記事内の受験生のコメントに泣いた。 RT @asahi_fukushima: 25日、国公立大学の2次試験が始まりました。県内では福島大、県立医大、会津大の3校で試験がありました。福島大では受験生が増えました(参考リンク) posted at 16:05:31









*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

Feb 25, 2012『美人すぎるーーの失礼』『アドバイスとダメ出しは紙一重』など




  • よく考えたら、ツイッターって現状説明や実況中継と似てるんだね。いかにテキスト化していくかという訓練。昔、アナウンサーの友だちから実況中継がいかに難しいかを力説したことを思い出した。でも、慣れだと思う。やれてるかはわからないけど。 posted at 01:19:19



  • ツイッターで相手とコミュニケーションするのに先ず大切なのが、自分が何者か、自分を知ってもらうための情報を相手にある程度見せているか?っていうのがあると思う。だって、相手の名前を聞きたかったら先ず自分から名乗る。…それと同じ。(最近ツイッターをはじめたあなたへ♪) posted at 01:22:46





  • 数年前から目にする『美人過ぎるー』という形容詞は、そもそもその業界や職種にはカワイイ子なんているはずないよっていう前提条件の共有化があってこそ成立する…というドライな視座を忘れちゃダメよw  posted at 01:32:59



  • 工藤公康さんの野球解説者がこれまでとひと味違っていて面白い。その理由をボクなりに考えてみたんだけれど2つ見つけた。1.解説を投手に限定している(特化してる)、2.常識を越えた年齢まで現役だった。即ち自分なりの試行錯誤の経験値が秀でてるので「解説における引き出し」が多い。 posted at 01:46:16




  • フラストレーションやストレスをそれで終わらせる人、それをモチベーションに変えられる人、その差は大きいよね。できるなら後者になりたい。例えるなら、ゴミでもなんでも燃料にしちゃう、バックトゥザフューチャーのデロリアンみたいな人ねw  posted at 01:53:10



  • 論客、論争に興味は無いんだ。黙々と行動する人が好き。ボクはそうありたい。 posted at 02:00:01



  • ■朝まで生テレビ

  • 観てるんだけれど、参加者がツイッターユーザーが多いので、各々のアカウントで、各々に出演しながら、ツイートしてる。ハッシュタグでも意見が飛び交ってる。これは新しい展開ですね。#asanama posted at 03:18:20


  • 理路整然と説明できなくたって、「今」という時代に生まれ育った若者たちは、社会の損得勘定を皮膚感覚で感じてるんだと思う。それは時代を問わずいつの時代もね。だから今人気の企業というのは、その時代における「お得」と感じられてる企業ということ。#asanama posted at 03:31:10
    - - -
     ※加筆:朝生のすべては、実はキャスティングで決まるとボクは思っている。出演するメンバーがわかるとおおかたの流れがわかるもの。

     でも今回の朝生は、普段ツイッターでよく顔を見る方たちが多かったので、それは普段のそれより年齢層は若返っていたし、また、普段のそれよりも『皆、なんとかそれなりの結論をだそうよ』という雰囲気が感じられて、今までの朝生よりも個人的にはだいぶ楽しめた。だって、普段は政治家など、ポジショントークしか話せない人たちが、各々の言いたいことだけを言って「はい、終わり」ばかりだったしね。

     そういう意味では、あの番組が日本の世論の集大成的な議論の場とするならば、今までの日本よりもまったくもって活路を見いだせているんじゃないかと思う。



  • 朝生の最後の最後に、夏野さん(@tnatsu )が若者に投げかけた質問(フリップ)に対して、「この質問は若者以外に訊いたら違う答えが出てくるんですかね?」という言葉がすべての答えのような気がした。いつの時代も若者たちの姿は社会そのものを映し出してるのだから。#asanama posted at 04:28:34



  • ものすごく的確な現代社会の例え。コミュニケーションの社会構造的に、オモテ・ウラがすべて見える時代。 RT @koukoku_bot: 見た感じはイケメンふうで上手にクドいてきたけど、ネットで調べてみたら性格悪かったよ……みたいな。いまはそんな世の中なのだ。(須田和博) posted at 14:13:07



  • アドバイスとダメ出しは紙一重。だからせっかくの企画のご提案も、現状否定から入ると反感を買いがち。特に提案型営業をしてるところは、ともすると、「あんたのこれがダメ、だからこうした方が良いよ」って突然言われても、「うるせーよ」となるのが心情だよね。 posted at 14:21:06



  • 興味を持たれて質問をされてから答えるのと、誰も聞いちゃいないのに、勝手にベラベラと自分のことを話すことの違い。順番や段取りで印象は180度変わる。 posted at 14:24:42



  • 巷ではPinterestが流行ってるらしいけど、Facebookと連動してダダ漏れされても、観ている側からすれば、なんの興味もひかないのが正直なボクの感想。やはり、コンテンツとコンテキスト(説明・脈絡)があってこその情報価値ではないかな、と思う。 posted at 14:44:42



  • 運の強い人を求むので、我が社の採用試験はジャンケン大会です。勝ち抜け7名まで絞りますが、そこで負けても敗者復活戦で3名の枠を用意してます!…という、会社が出てきても良いと思う。ニュースになるだろうし面白い会社だというブランディングと媒体効果は大きいよ。 posted at 17:06:39



  • #China 坂口さんに拡散協力(ボクは調整中) RT @masakaguchi: 2012年3月8日アジアビジネス交流会対談「最新・中国大学生の意識と実態を探る」今回は対談形式。中国の若者、大学生の意識を探ります。 (参考リンク) posted at 17:32:02



  • 中国ビジネスに関わらず、もうね、やりたきゃやればいいし、行きたきゃ行けばいいんだと思う。そういう時代ですよ。 但し、どこを頼りにするか、誰を頼りにするか、だけは見定めてね…という条件付き。GoogleやYahoo!抜きではネットの海に沈むだけ。それと同じです。 posted at 17:44:38










*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。