| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年02月10日

Feb 10, 2012『"企画提案書"と"仕様書"の違いをレバニラ炒め定食の写真で表現してみた』『お笑いトーク番組に学ぶ会議術』…など



  • とても核心。同意。 RT @japan47saitama: しかしながら日本の未来やこれからの生き方、シェア、ノマド、リスク分散など、もう提案はわりと出尽くしている感があり、もう分かったよ、あとは個々の生活へ各々がどう落とし込むかでしょと、いう空気を友人とともに感じている。 posted at 02:26:18

  • いかに高尚な理由を並べてみたところで、根底にあるのはいろんな意味で貧乏(お金や時間の余裕がない)ということは外せないんじゃないかとボクは思っている。その二つがあれば、意外と今では考えられないほど遊ぶんじゃないかと思ったりもする。それが人間のような気もするしねw posted at 02:30:18



  • ■今どきのエキュスキューズ(excuse):

  • 今これを言ってれば間違いない(誰もが納得してしまうような)っていうような弁解ね。かつては「バブル」だったし、今は「震災で…」…とかね。ものすごく便利が故にチープだよね。「お前、関係ねーじゃん」…みたいなw posted at 02:36:53



  • 結論一発どーん!…っていう提案はもちろんアリなんだけれど、だいたいにおいてプレゼンで勝つのは、考え方やアプローチが受け入れられたものなんだよね。だからこそ思考プロセスこそが大事だとボクは思っていて、Twitterはいろんな人のそれを垣間見れるツールとしてとても秀逸で好き。 posted at 02:41:16



  • どうやってその数字が出てきてるか…の前提条件は常に意識したいですね。 RT @payapaya108: 東欧の失業率ヤバいな。ちなみに韓国の失業率が低いのは「失業者として認めてもらうことさえ大変だから」 >世界の失業率ランキング(参考リンク)  posted at 19:02:07

  • #China よその国の機関が発表したのではなく、北京市旅遊委員会が発表している点に注目ですね。 RT @sayu_xiaolin: ブログを更新。【北京 八達嶺温泉リゾートなど11スポット、Aランク取り消しに】 (参考リンク) posted at 19:15:07




  • Maslow.jpg
  • 前からたまに話題に触れてたけど、ここ最近、米国の心理学者マズローの自己実現理論(欲求段階説・人間の欲求の階層)をよく目にするね。→1.生理的欲求、2.安全の欲求、3.所属と愛の欲求、4.承認の欲求、5.自己実現の欲求。#Maslow posted at 20:11:23






  • kikaku.jpg

    #Biz 『企画提案書』と『仕様書』の違いをレバニラ炒め定食の写真で表現してみた。 posted at 20:26:50





  • 【お笑いトーク番組に学ぶ会議術】…人の話は最後まで聴く、ちゃんと反応(リアクション)する、テーマはプレない、ときに脱線もアリだがまた戻る、キッチリ結論(オチ)を出そうと全員が努力するー ちゃんと会議ができない人は、アメトーーク!とか見た方がいいと思うよ。 posted at 20:43:33



  • たびぃじょの宏美さん(@mihiromihi )南米・アメリカへ1ヶ月、明日から。更新に期待!気をつけていってらしゃ〜い! RT @mihiromihi: 出発前夜SP★旅女必見!写真満載 (参考リンク) http://fb.me/Db69Y1S7 posted at 21:17:44



  • ■フラットな社会:

  • 同意。ネットで分け隔て無く個々が自由に交流が可能な時代に、もはや世代や人種で論じるのはナンセンスだよね−。 RT @hongo: (前略)…「若者は〜」って語るなら、統計的に見てどうなのか?って話をした方が良いように思うけど。細かすぎるか。 posted at 23:21:17


  • もはやネットで個々に交流が可能な時代に世代論はナンセンス…の続き。ちなみにボクが今仲良くしてる友だちは24才と73才なんだけど、その二人と向き合ってるボクは、まったく同じ感覚で会っています。もはや世代も人種も…あらゆる境界線を越えてボクたちは繋がれるんだと思う。 posted at 23:26:16


  • 続き)もっと言っちゃうと、雇用者と被雇用者という違いも、これからは「働く同じ仲間」という認識にならないと、いろんな意味でアウトだと思うし、今まで分け隔てられていたあらゆる違いは、意識的に取っ払っていった方が、これまたいろんな意味で得策なんじゃないかと思う。 posted at 23:29:49








*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"


posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。