| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年08月31日

Aug 31, 2012『ロンドン五輪2012 のバランスシート(B/S)』



    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36008
  • 【サムスングループ備忘録】 ・22万人の従業員と83の事業部門。 ・韓国の輸出の5分の1を占める。 ・韓国総合株価指数(KOSPI)の約4分の1。 (参考リンク) (JBPRESS 8/30/2012) posted at 01:42:10



  • http://bit.ly/SY9TL3
  • 【韓国5大財閥 まとめ】 1.サムスングループ(279兆820億ウォン) 2.現代自動車(154兆7140億ウォン) 3.SK(136兆4670億ウォン) 4.LG(100兆7750億ウォン) 5.ロッテ(83兆3910億ウォン) (参考リンク) posted at 01:44:43




  • 001.jpg
  • RT @HeizoTakenaka: 永田町・霞が関では、時に面白いジョークが作られる。昨日あるメディア関係者から聞いたジョークは。「国民の生活が”第一”」ではなく、「国民の生活が”台無し”」。「政治家の生活が第一」。追加で、次のようなものもあるらしい。「鳩にエサを与えないで下さい」。面白いが、悲しくもなる。 posted at 04:50:10




  • 『伝えたい』…その思いを、誤解されることなく、そのままダイレクトに、あなたに届けたいから、ボクは今日も、試行錯誤を繰り返すんだ。 posted at 06:01:28



  • 一度、情報をフラット化してみたらどうかと思うんです。やり方は、その情報に付随するあらゆるメタ情報(誰が言ったとか、テレビや新聞で見たとか…)をぜんぶ取っ払っちゃうの。そうすれば、ジェネレーションギャップも、国民性も、性差も…、あらゆる既成概念が消えるから。 posted at 07:22:25


  • 『機能優先か、手に取れることが大事なのか?』…なんのことはない、ウェブか出版かというお話しなんだけどさ。例えば、最新のウェブ情報をまとめた出版物だと千円ぐらい(?)で流通可能なのに、ブログで書くとタダ。ネット経由だと85円でも躊躇する的な。本じゃリンクも貼れないのにねw posted at 13:30:33



  • http://ukmedia.exblog.jp/18321664/
  • 【ロンドン五輪2012 B/S】 △経済効果:165億ポンド(期間: 2005〜2017年)  ▲開催予算:92億9800万ポンド  (収支)△72億200万ポンド (参考リンク) #Olympic posted at 18:04:49
    - - -
     ※加筆:(参考リンク)にある『小林恭子の英国メディア・ウオッチ』は、とても参考になります。Twitterでも最近絡ませて頂くようになって、個人的にとても嬉しい限りです^^








*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

Aug 30, 2012『ノウハウやスキルのコピーは怖くない』など



    http://bit.ly/RoT4ER■健康寿命

  • #health 平均寿命ばかりに目が行きがちだけれど、問題なのは *健康寿命(介護を必要とせず健康に過ごせる寿命)なんだそうだ。平均寿命からそれを差し引くと、日本の男性で9.2年、女性で12.8年も。けっこう長いね。リンク posted at 14:28:51
    - - -
     ※加筆:細かいことはバッサリ省いちゃうけれど、やっぱり人間『ピンピン・コロリ』が一番だよね、と思う。自分ひとりで生きてるわけじゃないから…。





  • 大津浪記念碑

    高き住居は児孫の和楽、
    想へ惨禍の大津浪、
    此処より下に 家を建てるな。

    #jishin #tsunami
    posted at 15:45:09
    - - -
     ※加筆:結局、ボクらはなにを学んだんだろう…。




    ■ノウハウやスキルのコピーは怖くない。

  • #Biz 誰でもコピー可能なノウハウは、どんなに共有されても怖くないし痛くないものだと思う。その理由は以下の2つ。 1.汎用性の高いノウハウの実施には、個別のカスタマイズ(考え方・アプローチ)が必須だから。 2.誰がやるのか、は意外に大きな要素だから。 posted at 16:48:03
    - - -
     ※加筆:あくまでも一般論ね。アップルとサムスンのような話しはナシでw



  • ■神様のカルテ

    …現役の医師である作者が、第10回小学館文庫小説賞を受賞したデビュー作で、2009年8月に小学館から単行本化、2010年には本屋大賞で2位。すいません、ぜんぜん知りませんでした。(参考リンク) posted at 17:21:20









*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『神様のカルテ』とか、『エウレカセブン』とか…




    kamisamanokarute.jpg


    昨夜、電車のドア横広告で偶然見つけて、『あぁ、なんだ…。また "もしドラ" 数匹目のドジョウで、イラストですか… 』ぐらいにしか思ってなかったんだけれど、ちょっと気になってたのでちゃんと調べてみたらーーー


    『累計218万部を突破!』


    ーーーとかで大変申しわけないです、すごいんですね。すいません、ぜんぜん知りませんでした。


    ちょっとボクなりにまとめるとーーー現役の医師である作者が、第10回小学館文庫小説賞を受賞したデビュー作で、2009年8月に小学館から単行本化。2010年には本屋大賞で2位。2011年には映画化…と。ーーー(公式サイト:参考リンク)

    で、今、累計218万部を突破!…と。


    しかし、最近はめっきり小説の類いは読まなくなってるし、っていうか、関心がなくなってきてるし、そもそもどっちかっていうと邦画もあまり関心が無いので(ましてや、映画化でジャニーズが主役…というだけで、そもそも視界に入ってませんでした)、この手の話題にはとんとついていけません。元、某ぴX総研出身としては風上にも置けない存在になってしまいました…。とほほ。


    - - -

    001.jpg


    また、風上にも置けない話しの余談ですが、ボクの苦手な分野のひとつに「アニメ」があります。


    それもたまたま昨夜、ケーブルテレビで『エウレカセブン(劇場版)』を観てしまい、現在進行形で放送している『エウレカセブンAO』は何度か観たことがあったので、なんとなくわかるかなぁと思っていたら、


    『なにこれ、ぜんぜん違うじゃん??どーなってんの?』


    …ってことで、実は、小一時間ぐらい、ネットで『エウレカ』について本気で勉強してたのはナイショです。ホント、最近のアニメは勉強しないとついてゆけないものばかり…。

    でも、ちゃんとお勉強すると、『あぁ、なるほどこりゃ面白いわけだよね』…ということが推測できて、近々あらためて『エウレカセブン(テレビ版:全50話)』をTSUTAYAで借りてこようかな…という気持ちになっております。※プラモデルもかっこいいなーなんて気持ちにもなってますw




    閑話休題


    まぁ、日々の時間のない中で、世の中で流行っていることを全方位的に網羅することなど不可能なことは知ってはいるんだけれど、できる限り、食わず嫌いはやめて、とにかくなんでも首は突っ込んでいたいなぁ…と思うわけですが、なんて言うんでしょうねーーー


    でも、『もういいや…』って投げ出した瞬間からすべてが終わってしまう


    ーーーそんな気がして、なかなかやめられないのが本音ですw

    - - -
    参考リンク:

     ・神様のカルテ公式サイト(リンク)
     ・Project EUREKA公式サイト(リンク)


    - - -
     ※加筆:しかし、エウレカセブンって、知れば知るほど、サーフボード乗ってたり、名前がいちいち何かにひっかけてネーミングされてたり、くすぐる要素がてんこ盛りだよね。ホント、うまい。






*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

ガイアの夜明け 『あなたの知らない"格安航空"の真実』を観た




    http://awe.sm/e3rB2録画していた #ガイアの夜明け 『あなたの知らない"格安航空"の真実』を観た。

    今年就航ラッシュのLCCについては、既に定点観測的なシリーズ化のようにも見えて、一瞬「またか…」と思ったけど、今回は「LCC」=「良いことばかりじゃない」という注意喚起や、LCCでにわかに活況を呈し始めたバス会社事情など、空港周辺ビジネス情報もあって、番組的には広がりがあって見応えもあったと思います。




    でも一方で、LCCについては、雑誌で特集が何度も組まれていることから、既に知る人にとってはどれもが既知の内容ばかりで、

    「え?LCCについてはこれで終わり? で、バスの話し???」

    …っていう、ネタ切れ感も拭えなかったんじゃないかなとも思うのが正直な感想です。



    これは勝手な想像だけれど、今回の制作チームは取材する中でバス会社のネタもヒットして、どこかで使いたかったんだろうなぁ…とも思うんですよ(もちろん、千葉の「平和交通」さんの企業努力のストーリーは、それはそれで感動的ではあったからね)


    でも、タイトルを『あなたの知らない"格安航空"の真実』としている以上、最初から最後までLCCの話題に的を絞るべきだったんじゃないかなー、と。


    http://sankei.jp.msn.com/region/news/120806/fkk12080602170000-n1.htmまた、余談だけれど、LCCについては、『安さ魅力だけど…LCC乗り換え消極的 安全・サービスに不安 福岡』(MSN産経ニュース 8/6/2012)っていう、ちょっと関係者には耳の痛い現実も見え始めてきたみたいだけれど、ボク個人としては、どんどんこの勢いは加速していって欲しいなぁと思ってます。


    そしてもちろん、『ガイアの夜明け』についても、遠巻きの関係者のひとりとして、10年目の節目を超えた新境地を切り開くべく、既存の視聴率に振り回されずに恐れずにチャレンジしていって欲しいなぁと思うのであります。






*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

WOWOW×TBS のコラボドラマ「ダブルフェイス」香川照之×西島秀俊に、残念20% ワクワク80%のワケ




    doubleface.jpg■WOWOW×TBS という衝撃

    WOWOWには、フジ(9.99%)、TBS(9.69%)、日テレ(9.07%)と、ほぼ似たような比率で資本が入ってるんだけれど、こういう地上波とドラマコラボするのはTBSだった…というのが意外。

    仕掛けますね−。っていうか、もはや地上波もBSもCSも、はたまたキー局もローカル局も、ウェブもテレビも関係ないよね。どんどん仕掛けていく時代なんだと思う。(参考リンク:wiki)



    ■残念20%

    それにしても、新しい試みでわかりやすいとはいえ、持ってくるコンテンツがコレですか…という、ちょっと個人的には残念感いっぱいなのです。

    という ”コレ” というのは、トニー・レオンとアンディ・ラウの主演の香港映画「インファナル・アフェア」 → それをハリウッド映画でリメイクしたのが、レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンの「ディパーテッド」→ そして、それをまた日本のヤクザと刑事ものでリメイク…←イマココ …という具合だから。


    ここはいっそ、コンテンツも新境地を切り開くようなタイトルを持ってきて欲しかったなぁ…などと、まったく無関係のボクは思ったりするわけです。(番組参考リンク:ダブルフェイス)


    ■テレビは終わったのか?

    さておき、『テレビがつまらなくなったなぁ…』というのは、あちこちから聞こえてくる今日この頃だったりするわけですが、実は、個人的には、「いやいや…テレビの復権…というか、隆盛は、むしろこれからなんじゃないかな」などとボクは思ってたりするんです。


    というのも、今はまだ放送局の垣根や制作会社のあらゆる垣根が、まだまだドンと存在している状況ではあるけれど、『このままじゃマズいよね…』という雰囲気は、今までの "なんとなく" ではなく、ボクの関わっている限りでも、かなりの現場レベルでも "そろそろマックス" で感じている状態だし、そこでは全方位的に顔色をうかがいながらも(笑)、『一発仕掛けてやるぜ』的な熱気はビンビンと伝わってきてるから。


    http://bit.ly/OqC8NX■ワクワク80%

    更には、既存のテレビ…という意味合いとはちょっと違うけれど、スマートテレビの時代だって、もうすぐそこまで来ているのは事実なんだよね。(参考リンク:スマートテレビ)

    更に更に、やっぱりお茶の間の特等席にデンと構えるメディア(受像器)の強さ…とでも言うのでしょうか、これを超える存在はなかなか難しいんじゃないかとも思うのですよ、ボクは。それを裏付けるように、国内の人口ピラミッドを見ても、ますます高齢化社会は進むわけで、その方々がこれからの新しいデバイスに馴染めるか?って考えると、最上級のマスメディアたり得る存在は、やっぱりテレビなんじゃないか?!…と思うわけです。




    ■これからのクロスメディア・コンテンツのあり方の可能性を感じた『メイキュン』

    meikyun.jpg



    ちょっと余談ですけど、先週土曜日(8/25/2012 放送)の『メイキュン』っていう番組は、『TBS』 x 『PLAZA』 x 『みんなのメイク』という3社のコラボ番組で、相当にが面白かったんですよ。

    これは言わば、『人気SHOP』と『人気WEB』を、『テレビ番組』にまとめあげた、最強のTVコラボコンテンツ展開のカタチ。作り方もとても上手だったなぁと、いちいち頷きながら番組を観てました。(番組:参考リンク)


    また、番組の続きは『みんなのメイク』のウェブで見せることで、ロングテールの話題づくりとしても上手だし、なんせ『みんなのメイク』はそもそもメイク動画の投稿サイトなので<視聴者参加型>ときてるし、もうすべてがWIN x WINの関係性を構築できてる。本当に上手。しかも、放送枠も土曜日午後の『王様のブランチ』のすぐ後だったので、もうパーフェクトな流れだったんじゃないかと。※たぶん、今回は関東ローカルだったことからするとパイロット放送だったんじゃないかと思うんだけれど、この店舗×ウェブ×番組というあり方は、全国のローカル局でも今すぐにでも応用可能な仕掛けだったんじゃないかと思うわけです。



    <閑話休題>


    とにもかくにも、だらだらと書いてしまったけれど、ボク個人としては、こんな激動のテレビ業界の片隅に居られる興奮は隠しきれないよなぁーってことと、日進月歩であらゆる放送局やメディアの枠を超えるコンテンツ・番組が増えていくことに、ワクワクしっぱなしなのです、ということで。

    https://www.facebook.com/ishiyamania- - -
     ※加筆:この記事は、ボクのFacebookページのリライト版です。もし宜しければ、ボクのFacebookページで「いいね!」をクリックして頂けると嬉しいです。m(_ _)m (Facebookページ)








*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"
posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。