| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年09月13日

Sep 13, 2012



  • 『やるときにはきっちりやりきる几帳面さ』と『やれるのにやらない余裕』(これがオトナ) posted at 17:10:36
    - - -
     ※加筆:こんな画像つけちゃうと、「ヤる」の意味が限定的になっちゃうねw 別にそれに限った話じゃ無いのだけれど…。




  • ノウハウやスキルなどの情報収集ばかりに目が行きがちだけれど、それを実際に繋いでいるのは「人的ネットワーク」だと思うんだよね。
    そこにこそ感謝なのだと思うよ、ボクは。

    #ひとりごと posted at 17:21:50
    - - -
     ※加筆:例えば、いつもSNSで良質な情報を配信してくれるパソコンの向こうにも、実際の人間(相手)がいる。「フォロー」や「購読」のボタンをクリックすれば、それらは勝手に自分でアクセス可能になって、自動的に情報が収集される…みたいに思えるけれど、そこにも仕事か善意がは別として、実際の「人間(相手)」がいるんだよね。であれば、たまには感謝のレスしたり、盛り上げに貢献したり…という感謝の表現をいつもボクは模索しているし、そういう意識は忘れちゃダメなんじゃないかな。#ひとりごと



  • 制限・制約…という不自由さがあるから、自由があるんだと思うし、だからこそ創意工夫が生まれるし、だからこそ限りある自由は貴重なものなんだ。 言い換えれば、世の中は自分の思うようにならないことばかりなんだ。だからせめて自分でコントロール可能な領域は全力で楽しみましょうよ、と。 posted at 17:47:53



  • 今、ドキュメンタリーのTV番組との関わりが多いのだけれどそこで感じたこと。それは、TVは尺が決まってるので、どうしてもそれに納まりきれないアナザーストーリーが出てくるのね。しかも、それが面白いし興味深いものばかり。ボクはそれをSNSや違うメディアで採り上げられないかと模索中。 posted at 17:51:16

  • テレビに限らず制作現場って、そのできあがる過程そのものも面白いとボクは思っていて、でも、一般の方たちは「完成品」しか見ることが出来ないわけ。で、その過程をぜんぶ見せたのが、古くは「浅ヤン」のモー娘。だったと思うし、今のAKBだと思うんだよね。言わばプロセスプレイ。 posted at 17:54:01

  • 続き)楽しみ方はひとつじゃないってことだよね。これは例えば、ある漫画があって、その登場人物や設定はそのままに、主人公を変えて同人誌として楽しんだりするのも一緒かなと。ニュースがあってそれについて盛り上がる2chもある意味同じ。情報のコンテンツ消費の発展系。 #ひとりごと posted at 17:57:23



  • TwitterやFacebookやLINEとか…。当たり前に繋がって、当たり前にリアルタイムでやりとりができるようになると、そこで繋がれない相手だと「ちっ」とか思っちゃいがちだけれど、大間違いだよねw いかんいかん…(自戒を込めて) posted at 18:21:31



  • 有名人を特別扱いするバカな飲食店って少なくないけど、それと同じことをTwitterとかfbでも無意識にしてる人、たくさんいるよね。入口に一生サイン貼っとけって思う。相手にされてるかどうか、リプライとフォローを見れば全部バレバレなのにバカバカしいよ。 posted at 22:41:00



  • 良い意味でも悪い意味でもぜんぶバレる。
    前提条件としてそう割り切れば、あまり不都合なんてない。
    それが自分の名前でネットに出て仕事してる露出社会の宿命だと受け入れている。
    むしろあまりあるメリットの方が上。
    それは何故かというと腹をくくっているのが滲み出るから。
    なんとなくそう思う。

    posted at 22:52:26




  • 『スゴイかも知れないけど、嫌い』って言われるより、『まだまだかも知れないけど、好き』って言われる方が、今の時代はお得のような気がする。ともあれ、共感を得ている(支持されている)人の方が強いのは確か。それが評価経済社会のパワーだと思う。 posted at 22:57:01


  • あがいてる姿は、見苦しいか、それとも、応援をしてもらえる材料になり得るか。…もちろん、対象に依ってかわるのだろうけれど、それも、セクハラかどうかの違いと同じなんだろうね、結局のところw 好感を得られてるかどうかの違い。 posted at 23:03:08


  • 自分の中では「やるならとことん」、でも、「見せるのはほどほど」…が良いようで。 posted at 23:14:06


  • 【人目にさらす】…あくまでもボクの場合だけれど、定期的に誰かを部屋に招かないと部屋はどんどん荒れていくのねw それと同じように、自分のあらゆるところを、どんどん人目にさらすと、どんどん自分を律することが出来るみたい。カフェで仕事が捗るのもそういうことかな、と。 posted at 23:27:39






*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"


posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。