| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年12月01日

週末グラフィティ〜青山一丁目から渋谷まで〜

先週末のこと。

青山で友達と別れたあと、
ボクは久しぶりに青山一丁目から渋谷まで
ブラブラと歩いてみたときのお話し。

- - -

距離にしても約2〜3キロ、
普段なら間違いなく地下鉄に乗っちゃうし、
中途半端な場所だったら
間違いなくタクシーに乗っちゃう距離の青山ー渋谷間。


この辺ってピンポイントや局地的な面では知ってるけれど、
連続して街と街の間を歩くっていうことは
いい大人はあんまりしないことだと思う。


こうしてただなんとなくブラブラと渋谷まで歩いたのは
どのぐらいぶりなのかすら思い出せない。



ボクは青山一丁目駅前で友達と別れ、
フラフラとただ宛てもなく渋谷方面へ歩き出した。



その昔、一世を風靡した旧パイロン跡地を横目に見ながらーー当時の苦い思い出をあれこれ思いだしながらーー突然目の前にあらたれたavexの前にある巨大クリスマスツリーにビックリする。
 >参考リンク



おぉ!これは綺麗だ!
さすがavex、やることが派手だ〜…


…などと感心していたら、

この場所で新人さんたちの売り込みライブが毎週末に行われるらしいので、
さすがその辺もしっかりしてるなーと、これまた感心。

さすが、だてに派手に金使ってるわけじゃないのね、と。



で、またフラフラ歩いていると、
La Placeでもクリスマスのイルミネーションが。

しかもこんなイベントをやっていてとっても嬉しかった。

IMGP0683.jpg
IMGP0684.jpg


ボクはあんまり興味がないので知らなかったんだけど、
「F1でルノーとアロンソが一番になったんだよ」という
記念イベントだったみたい。


間近でF1マシンって見たことがなかったので、
細かいところまでよく作ってるナーなんてこれまた感心。

当たり前なんだろうけれど、
なんかおもちゃみたいにしか見えないし…。


こ綺麗なママに連れられた男の子がしげしげと見ていたら、
「ボク、乗ってみるか?」と
係のオッサンがドライバーズシートにひょいと男の子を乗せる。


ボクもじーっとそのオッサンを見てただけだったんだけれど、
「あぁ、大人はダメです」と遮られる。

そりゃ、あのスペースにボクは入るまい。
わかってるよ!わかってるさ!<ちっ。


と、ここでデジカメを持ち歩いていることを思い出す。

ぱちり。

- - -


そしてデジカメ持ってることを思い出したら、
数年前に●●●ちゃんに連れて行かれた
青学のクリスマスツリーの存在を思い出して行ってみようと思いつく。



そいつは、ボクが初めて会ったときからなにも変わることなく、
ひっそりと、静かに、佇んでいましたよ。



IMGP0693.jpg


この「ひっそりと…」という言葉がこれほど似合うクリスマスツリーは
ボクの部屋の押入で眠っているそれしかお目にかかったことがない。


とかく最近のクリスマスツリーはといえば、
華やかさを競うばかりで華美になっていくばかりの中で、
この佇まいはどうだ。


IMGP0687.jpg



どうでも良いけれど、
古くはサザンや川島なお美、槇原敬之などを輩出した青学が、
こんなにオンボロで、、、

いやいや、格式高い校舎とクリスマスツリーだとは、
地方出身者のボクにはまったく想像ができなかったよ。


でも、それがいーんじゃないか(笑)


初めてこのツリーの存在を知ってからというもの、
ボクはすっかりこの大学が気に入って、
たまに学食にこっそり食べに来たこともあるし、


この季節になると、
「青学を卒業したかったなー」などと思ってしまうほど、
このツリーは見事な質素ぶり。いや、ホント、良いですよ。



仮にこのツリーが華美な装飾で飾られるようになったとしたら、

その時は、「もう青学も終わった」
というバロメーターになるとボクは思っている。


※なにが始まりで、なにが終わりなのかは知らないけれど。



- - -まだまだ続く- - -




で、またふらふら歩いていると………「!!!!」


IMGP0697.jpg

クォン・サンウのオフィシャルショップ〜?? >「KSJ」


最近の彼の人気やミルクのCMに出演等の噂は知っていたけれど、
青山にオフィシャルショップを出すほどだとは知らなんだ。


しかも、お店に近づいてみて更にビックリ!!



IMGP0698.jpg




二階に居るじゃないか!!



人形が。



芸能人は、ルックスと作品と人格はイコールじゃないので、
一言で好きか嫌いかを聞かれるのは困っちゃうけれど、
ボクの中では韓国人男優であればイ・ビョンホンの方が上。


いや、なんとなくなんだけれど。




で、またフラフラ歩いているとこの看板に驚く。



IMGP0694.jpg



確かにボクは40才になったけれども、まだ子供ですよ。

自分でも分かっている。

でも、看板で、しかも石で彫られた看板で言われるのもツライ。



いや、ただ単なる意味の取り間違いなのは分かっている。


でも、本人にはそう見える。それが名前ってもんです。


- - -



IMGP0703.jpg



やっぱり渋谷が好き。


これは上京した16年前から同じである。


バブル全盛期によく耳にした
「渋谷の東急VS西武戦争!」
…みたいな話しはすっかり聞こえなくなったけれど、


原宿に漂うアーティスティックでクリエイティビティな感じもあるわけでもなく、

かといって新宿に代表されるような汚らしさもない、


最近でも若者の街でありつづけてるけれど、
ボクのようなオトナだって充分楽しめるお店がいっぱいある雑多な街、渋谷。



IMGP0704.jpg


駅前にあるこのツリーと3つ見える大型ビジョンを、
ハチ公の前にあるーーー鉄で出来た冷たい座り心地の悪いーーーベンチに腰掛けてぼーっと眺めてみる。



一服しようとタバコを出しかけて、
喫煙コーナー以外では禁煙になったことを思い出してしまう。


なんでこのスペースに
缶コーヒーを飲むための自販もないのか、と舌打ちしてみる。



条例で決まったはずなのに
相変わらずキャッチのお兄ちゃんたちが通り過ぎる女の子を物色して声を掛ける。

決まって彼らは薄手のスーツを着ているけれども寒くないのか?
しかも、胸ははだけている。もう冬だぜ?



ボクの横では急に彼が来られなくなったのか
携帯を握りしめながら泣き出す女の子。


こんな時間から一体どこへ行こうというのか
家族連れの外国人旅行者に

「ハチ公をバックに写真を撮ってくれ」と

身振り手振りで頼まれて引き受ける。



シャッターを押す瞬間にボクが
「ハナー、ドゥルー、セッ!」と言ったらビックリしてた。



「待ちましたか?どうも初めまして〜●●です」
「あっ、どうも。これで揃いましたね、じゃどうしますか?」


これから合コンなのだろう。
若い男女6人がボクの左斜め1mの距離で集合した。


女の子のメンバーに目をやる。


このグループに居合わせなかった自分の幸運を祝った。




…こうして、各々の都会の週末は過ぎてゆくのである。



posted by 石山城 at 05:23 | Comment(6) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by at 2005年12月01日 22:22
いつも楽しくヨーロッパからブログ拝見しています。城さんと同年代なのでうなずくこと、考えること多いです。今回は幼いころから馴染みのある青山特集で、毎年帰ると必ず青山通りを渋谷まで一回は歩いてみるのでものすごく楽しかったです。そして「こどもの城」でのコメントを理解するのにちょっと時間がかかりましたが、笑えました!今度は・・・キラー通り編待ってます。
Posted by at 2005年12月01日 22:30
石山さん。こんにちは。
こんな感じで歩きながら写真をとりつつ、コメントっていいですね。今度大連でもやってみようとおもいます。大連は朝起きたら冬景色でした。。
Posted by nobert at 2005年12月03日 20:07
>ヨーロッパからの名無しさんへ^^

楽しんで頂けたようで嬉しいです。今回は「名無しさん」になっていますが、以前ブログでやり取りさせて頂いた「あの方」ですか?^^違っていたらごめんなさい。

ともあれ、こんななんでもない、いつもの景色でさえも、写真に納めコメントを付けていくのは面白い試みであり、少しでも喜んで貰える方がいらしてボクも嬉しいです。拙いブログですが今後とも宜しくです。

- - -

>nobertくん

ボクはまだ大連には行ったことがないので、何気ないスナップ写真だけでも充分に楽しめるので楽しみに待ってますよ。っていうか、そろそろ中国語で書かないと通じないほど「大連の人」になっちゃってますか?^^

…ともあれ、ボクがそっちに遊びに行くのは「暖かくなってから…」だと思うので、それまで寒い大連で堪え忍んでいて下さい!またブログに遊びに行きますね!!! いつも、駄文コメントばかり残して恐縮ですが…(笑)
Posted by 石山城 at 2005年12月05日 19:33
今回は「名無しさん」になっていますが、以前ブログでやり取りさせて頂いた「あの方」ですか?^^違っていたらごめんなさい。

ちがいまーす。初めての者で、名前を書くのも忘れていたんです。ごめんなさい。子供のころからヨーロッパに居るからどんどんアジアに惹かれてしまいます。なので城さんブログが楽しみです。それから健康でないと旅の楽しみも半減してしまうので、気をつけましょうね!
Posted by Alice at 2005年12月06日 17:33
それはそれは!!
改めましてこんにちは!Aliceさん。^^

ボクはまだ東北地方出張中ですが、
今晩か明日朝には東京に戻る予定です。

落ち着いたらまたゆっくりブログ更新しますので、
楽しみにしてて下さい!

Posted by 石山城>Aliceさん at 2005年12月06日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。