| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年12月02日

透明な貯金箱とガーディアン・エンジェルス

ガーディアン・エンジェルスから活動報告書が届いた。


- - -

彼らとの出会いは定かじゃないけど5〜6年前のことだと思う。

テレビニュースかなにかで彼らの活動を知ったボクは

「ボクができることはなにかないか?」

という衝動に駆られ、
当時関わっていたプロジェクト(広告代理店のSPもの)で、
なんとかスポンサードとしてねじ込めないか、とか、
彼らの活動になんとかスポットが当たらないものかと奮闘するも、
すべては空振りに終わった…というボクの力量不足な苦い記憶が蘇る。


ともあれ、話は前後するけれど、
テレビニュースで彼らの存在を知ったボクは
彼らと直接会って話しがたいという一心で、
当時赤坂にあったーーお世辞にも広くて綺麗とは言い難いーーこ汚くて雑然とする小さなマンションの一室に向かった。

そこにはペニーと呼ばれる目を輝かせた青年がいて、
彼から彼らの意外なほど地味で忍耐と努力を要する活動の現実を聞いた。


今さら説明の必要もないだろうけど、
彼らガーディアン・エンジェルスとは、
ニューヨークを起点としてはじまり今や日本全国の街角の安全を見守る
あの「赤いベレー帽の若者たちの団体」である。参考リンク


結果的に自分の得意分野で彼らに貢献できなかったボクは、
バツ悪くそのまんまの状態だった(メディアにありがちな態度)んだけれど、
ありがたいことに、そんなぞんざいな扱いをしてしまったボクに対し、
彼らからは定期的に活動報告書が送られてくるのである。




「寄付金のお願い」と共に…(笑)


冗談はともかく。

改めてその活動報告書に目を通して、
彼らがその後正式なNPO法人となり、
今もって地道に、そして着実に、成果をおさめていることを知り、
なにかしらボクはとても後ろめたい気持ちで一杯になった。


「そうだ、今ボクがすぐにできることは
 ブログで記事にすることから始めればいいんじゃん?」

…と、今更ながらの答えを見いだし12gぐらい気持ちが楽になった。


- - -

●透明な貯金箱


書くこと書くこと記憶が曖昧で申し訳ないんだけれど、
これまた2〜3年前、
ボクがとある外資の会社設立パーティーに招かれたときのこと。

そこで子供用の「透明な貯金箱」が売られていたことをふと思い出した。


そしてこれまた曖昧な記憶を辿れば、
その貯金箱にはお金を入れる場所が3つあって、

各々の投入口には、

 1.自分がすぐに使ってもよいお金。
 2.ちゃんと貯金するお金。
 3.ボランティアに寄付するためのお金。

…などと書かれていて、腰を抜かしそうなほど驚いた記憶がある。


特に、小さい子供の頃から自分のお金の管理を、
しかも用途別に保管しようとする教育概念に驚くのはもちろんのこと、

「自分のお金の1/3をボランティアに回す」
という発想そのものに驚いたんである。



ここで「ペイ・フォワード」という映画を思い出す。


幸せの伝達である。


しかし、この映画の結末を思い出すまでもなく、
現実はそううまくはいかないし、
正直者がバカをみて、日々コツコツ生きていくことはバカバカしいという風潮さえあるのは事実。

その結果、自分さえよければという風潮が拝金主義を生み出し、
今問題になっている「耐震構造計算書偽造問題」に発展しているような気がします。



●DARE TO CARE

「あえてお世話する」とでも訳せばよいのだろうか、
これは冒頭のガーディアン・エンジェルスのコンセプトである。


誰かのことを考えながら生きる。

他人のことを心配しながら生きる。


「そうはいってもねぇ〜。自分のことだけで精一杯なんだよ」
という意見もあろう。

ボクだって正直そうである。


でも、今、ボクたちが一番見失っていることは、
「自分を支えるためには、同じぐらい誰かの支えも必要なのだ」という当たり前のことを思い出し、少しでも良いから自分の出来るペイフォワードを実践することなんじゃないかと、ふと思った次第。



自分探しの旅も、自己改革も、自己啓発も、
構造改革も、今、問題になっていることのすべて、、

すべては足下に答えがあるんじゃないかと。


- - -

PS:ピアスくん(渋谷支部19才)の活動報告、感動しましたよ。

   日本ガーディアン・エンジェルス




posted by 石山城 at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>しかも用途別に保管しようとする教育概念に驚くのはもちろんのこと、

これいいね!頂き!

子供用につくるよ。

1.自分がすぐに使ってもよいお金。
2.ちゃんと貯金するお金。
3.お父さんに寄付するためのお金。
Posted by わき at 2005年12月02日 01:47
3.が特にグー ^^

- - -

寄付金って英語でdonationって言うので、
寄贈者はdonaterだと思ったら、待てよ。
寄贈者はdonor (ドナー登録のドナーね)じゃん。
当たり前だけど。


しかし、donateっていう動詞もあるので、
益々混乱する。なんだこりゃ? 
まぁどうでもいいか。
Posted by 石山城 at 2005年12月05日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

耐震構造計算書偽造問題
Excerpt: 一見頑丈そうで素人目には全くわかりませんね! だから余計に恐いですね・・・
Weblog: カリスマ探偵 blog
Tracked: 2005-12-02 10:19

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。