| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年01月20日

浮遊霊のようなキャンペーン

 クの前回の記事、本日の「できちゃった婚は【授かり婚】」から、わきさんのとこの「浮遊霊みたいなコトバ」に話しが続いたので、面白そうなので調子にのって、その続きをこっちで記事化&トラックバック。


- - -


流れをちょっと要約すると、
最初に「言葉を言い換えることによってどうなっちゃう?」ってことから、
わきさんが「浮遊霊のようなコトバ」っていう名キャッチをつけて、

で、その定義とは、
「どこからどこに発せられたか
 わかんないような意味不明なコトバ」として、
この記事なわけです。




で、この流れでボクが思いついたのが
「浮遊霊のようなキャンペーン」
ってのも、ついでに定義したいってこと。




これは例えばこういうこと。



「おみやげは、無事故でいいよ、お父さん」


みたいな標語って、
いたるところにベタベタ貼ってあるけれどさ、

あれをみて「よしっ!」みたいに思うドライバーが
どれほどいるのか?っていう効果と、

あの垂れ幕が日本の街の景観を
どんなに損なっているってことや、

「ほら、日本の警察はこんなに良いことしてやってるんですよ」っていう、
本当は誰に向けてやっているのか分かんないよね・・


・・っていう類のモノを
浮遊霊のようなキャンペーンって定義したいってこと。




ちなみに、わきさんが書いていることを
そっくりこれに当てはめてみても、

浮遊霊キャンペーンをすぐつくっちゃう人ってのは大抵、
小利口な団体とか組織ですね。客観性が大好きな。……ってのも、同じ。



さらに、ちゃんとした効果測定もしないキャンペーンをやっておきながら
「オレはちゃんとやったよ」
っていう図式もおんなじ。



ということで、ボクの中では類似語と認定。



- - -


■付録:



ともあれ、言いっぱなしは
プランナーの端くれとして良くないと思うので、
街なかで見かける、この浮遊霊な交通標語について、
「ボクはこうしたら良いんじゃないの?」ってことを書きます。




このキャンペーンの主な目的は
大きく2つあると思われる。


それは「運転しているドライバーへの注意喚起」と、
標語を作らせることによる
「子どもたちへの交通安全意識の醸造」
ってことだと思うんですよ。


だけど、ボクが疑問に思うのは、
その目的を達成するために、
その成果物が「垂れ幕」でなければならない必要性はないし、

そもそもドライバーへの注意喚起と子どもたちへの交通教育を
ムリにふたつを結びつける必要性だってないんじゃないかってこと。



であれば、対ドライバーへの注意喚起は
「無機質な【速度注意】という看板の設置」
だけでも良いかも知れないし、


(っていうか、ボクはそんなメッセージが
 ドライバーに必要な情報なのか?って、
 疑問を持っているんだけれども)


子どもたちへの標語コンクールも、
別に表彰式を開催したり、
全国紙で掲載すれば良いだけではないかと思うのである。



周囲を見まわして欲しい。


ボクも小学生の時に交通標語を宿題で考えたこともあるし、
交通標語入りのポスターだって書かせられたけれど、
街の中でみかけるそれらの標語やポスターを見て

「あぁ、私も昔考えたっけ…」

っていちいち思い起こした人間を見たこともないし、
もし、思い出した人がいたとしても、
それが、「運転、気をつけなきゃ」などと、
思ったことがある人間がどれほどいるというのかってことを。




だけれど、
一方でこういう見方だってボクは理解してる。



この交通標語の垂れ幕や看板を、
町中に溢れさせるキャンペーンが
いつ頃からスタートしたのかは正式にはわからないけれども、

当時は、まだ車社会に慣れていない時代で、
全国民的にそういう注意を喚起しなければならない時代的要因もあったと思うし、
それはそれで効果があったのではないかってことです。



でもね、時代は変わったんですよ。


今、標語を作っている小学生たちは
成熟したモータリゼーション社会の中で生まれているわけだし、
運転するドライバーだって、
そんな交通標語の書かれた垂れ幕よりも
優先順位が高い情報を求めている時代なんですよ。


それは例えば
リアルタイムな…
渋滞情報や、駐車場情報や、多言語表記とか、
プライオリティの高い情報の方が多い。



そろそろ、「昔から続いているから…」
というだけの理由で行われるキャンペーンや習慣も、
もう一度検証し直してみる必要があるんじゃないか?
ってことをまとめとして提言したいし、

やっぱり、一言で言うなら、
「あの交通標語の垂れ幕はいらねーよ」ってことに尽きる。


posted by 石山城 at 18:28 | Comment(3) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういうキャンペーンも成仏させてやらないとね。
Posted by わき at 2006年01月20日 22:49
くそー、うまいこといーやがるなー(>_<)

浮遊霊だけに成仏か。。


くやちー
Posted by 石山城>わきさん at 2006年01月20日 22:57
この一連の記事のやり取りをしてみて
あらためて感じましたよ。

この世の中は
「浮遊霊的なものばかり」ってことに(笑)


- - -

「お前の存在が一番そうだ」っていう
 コメントは受け付けてませんよ。ちなみに。
Posted by 石山城 at 2006年01月23日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

感動の”授かり婚”を!!
Excerpt: 「授かり婚」って素敵な言葉ですよね。
Weblog: 結婚おめでとう!〜結婚に役立つ裏技大公開!〜
Tracked: 2006-08-19 16:53

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。