| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2004年12月14日

「Mr.インクレディブル」を観たよ

「Mr.インクレディブルを観たよ」

さすがにピクサー、さすがにディズニーだ。いやいや参った、脱帽である。>Mr.インクレディブル
これがボクが抱いた感想である。

では何に参ったのか?

愛すべきキャラクターを産み出す創造力、決して2時間を飽きさせずにドキドキ、ハラハラ、ワクワク、家族愛、人間の持つ弱さと強さ…などを巧みに演出する脚本と構成力と…、すべてがすごいです。


そして、それよりなにより、同業者の立場から想像すれば…、
簡単なスクリプト材料しかない(はずの)状況下で、
経常収支を予測し(たぶん、でっち上げでしかないはずなのに)、
プレゼンし(たぶん、これも堂々と)、
巨大資本を(まんまと)集めることに成功した...
...そのプロデュース能力と圧倒的なパワーだ。


やはりエンターテインメント産業は、
アメリカにかなわないのかなぁーと思いましたよ。


だって、「遊びにおいでよ〜!」って、
ミッキーマウスが子供に呼びかけておいて、
親の財布から平気でお金を搾取するディズニーだもん(笑)



posted by 石山城 at 14:55 | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

Mr.インクレディブル
Excerpt: KAZZのこの映画の評価  やっぱり、ピクサーは凄い3Dアニメって言うのかな 映像が凄い 今回のピクサーの最新作、”Mr.インクレディブル”を見て来ました トイ・ストリー、モンスターズイン..
Weblog: (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
Tracked: 2004-12-20 16:00

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。