| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年02月15日

すべてが現実的なことへの虚無感

[一夫多妻男]の化けの皮がどんどん剥がされてますね。

ということは、
「女性に惚れさせる呪文はやっぱり存在しなかった」
ってことが確定的になっちゃったってことで
個人的にはちょっと寂しい気がしないでもない。

- - -

別にボクは
この男を擁護するつもりなんて
さらさらないのだけれど

なんか、こう…

超人的で、神がかり的で
ファンタ〜スティックなナニかって
ーーこの世の中は広いんだからさーー
あってもいーじゃないか?って思っちゃいたいだけ。


個人的には
心霊手術も、惚れさせる呪文も、
エコエコアザラクもなにもかも…
実在して欲しいよね。


だって、この世の中がすべて
現実的なモノだけで成立しているのなら
なんかちょっと味気ないじゃないか。


もっとファンタスティックに溢れる世の中だって思いたい。


これじゃ、子供の教育にだってよくないって。

夢を見ようがないもの。


posted by 石山城 at 18:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントにそう思いますねぇー
Posted by yasu at 2006年02月15日 23:26
いや、呪文がばれると本当にやばいから。

供述したふりなのではと??(W)

と少し夢?を伸ばしてみました。。。

ps、今年の風邪は咳がヒドク、体中が痛み、
熱がでます。。(中部地区では)

おからだにはお気をつけくださいませ。。

僕はやっと復活の兆しです。<早く寝ろ!
Posted by V2(えん) at 2006年02月16日 01:50
>呪文がバレるのを恐れてウソの供述を・・・


 なるほど、その読みがありましたね、
 ボクもまだまだです。

 これでもう少し夢がみられそうです^^
 ありがとう。

 とにもかくにも、早めの回復を祈ってます!!
 >V2(えん)ちゃん
Posted by 石山 at 2006年02月16日 05:25
「女性に惚れさせる呪文はやっぱり存在しなかった」
ってことが確定的になっちゃった

とは言えないかも・・・・
ただ、魔術が誰にでも通用するとなると別だけど・・・呪文はある、100%ではないけど。

最近は呪文使える男性は少なくなってきているように思います。気のせいでしょうか?
Posted by ねこ at 2006年02月17日 12:51
例えば、すごい催眠術師って、小道具使わなくても
相手を催眠状態に陥れるでしょ?
状況を理解できない人から見れば、魔術だよね。

人をコントロールするだけじゃなくて
「どうやってそれをやったか理解できない」って時は
魔術を見てるのと同じだよね。

城さんも、魔術使ってるでしょ?
おねーちゃん関係に。
Posted by わき at 2006年02月18日 23:22
なにを書いてるんだー!!!(笑)
見てビックリしました。
Posted by 石山>わきさん at 2006年02月20日 14:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。