| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2010年04月26日

ボクが本日【オタキングex】についてツイッターで書いたことまとめ

 オタキングex 岡田斗司夫さんから、『そこまで考えてるなら、社員になれw君なら三日目で投資の元がとれるから』と、Twitterでありがたいリアクションを頂いたおかげで、ツイッターでのフォロワーさんが続々と増えております。ありがとうございます。すごいなぁ^^


 ということで、せっかくこのタイミングなので、ボクが本日ツイッターで【オタキングex】(http://otaking-ex.jp/)について語ったことをまとめておきます。バラバラだと参照しづらいと思うので。- - -






【オタキングex】1.前々から気になっていたけど、時間を掛けてじっくり読みたいと思っていた岡田斗司夫さん(@ToshioOkada)のオタキングexを一気読み。まとめて思いついた感想を続けて吐き出します。#otakingex(posted at 15:35:00)


【オタキングex】2.「ノート術」について:実はボクも梅棹忠夫氏の情報カード、ブザン式マインドマップ、山根一眞氏袋ファイル、野口悠紀夫氏の一連等々…の経験がありますが、そこで得た教訓は実はこのノート術で語られる「概念」であり、そこを押さえないと続かない…という岡田氏の意見に大納得(posted at 15:44:26)


【オタキングex】3.「ノート術」:岡田さんの「レコーディングダイエット」の章でも語られるけど、ノート術然り、なぜ続けるのか?続けられるのか?続けるとどうなるのか?という、上っ面じゃないところを押さえるアプローチはとっても大事なことだとつくづく感じました(posted at 15:47:40)


【オタキングex】4.「ノート術」:とにもかくにも、巷に溢れるすべてのノウハウ本の根底に流れる概念(心構え・生き様)がここに詰まっているし、しかも、YouTubeで短時間に分割して語られていて見やすいので「ノート術」は必見。(http://bit.ly/anMRRN)(posted at 15:52:08)


【オタキングex】5.「ノート術」:ボクなりのひとこと感想まとめ。岡田さんの「ノート術」は、単なる記録術である「ノート」ではなく、自分=即ち自分の脳と会話するための…正しい表記は「脳と」であると感じるに至る。(posted at 15:56:10)


【オタキングex】6.続いて「オタキング ex のひみつ(http://bit.ly/9PyczV)」:14話に渡る「なぜ社員が給料を社長に払う会社 オタキングexを作ろうと思ったのか」の岡田さんの思いを一気読み。続けて感じたことを続けて吐き出します。(posted at 16:01:10)


【オタキングex】7.「オタキング ex のひみつ」:実はボクは岡田さんの「ぼくたちの洗脳社会」を初めとするいくつか著書を読んでいて、このバックグラウンドに流れる「表現のできないモヤモヤとした思い」はなんなんだろうとずっと気になってたんだけど、この章を読んですべてがクリアになった(posted at 16:07:05)


【オタキングex】8.「オタキング ex のひみつ」:それはたぶん、岡田さんはこういう生き方がしたかったんだ…と、このオタキングexという組織というか決意表明することによって、自分の腹をくくったんだと納得できるコンテンツでボクもとても共感。「人類の苦痛0.3%の軽減目指す」(posted at 16:10:44)


【オタキングex】9.「レコーディングダイエット」:ボクも昨年の春からジム通いをすることを契機に自ずとこのレコダイを実践していて、既に今は「ノート術」でいうところの「巡航」段階で、この段階になると「無用なことには興味が無くなる目利き」ができているw(posted at 16:16:14)


【オタキングex】10.「レコーディングダイエット」:ということで詳細はざ〜〜〜〜っと省きますが、「ノート術」やその他のノウハウ本の根底に流れる概念というか考え方はこのレコダイも同じで、最も重要なのは、最終目標は氏の言わんとする「人類の苦痛0.3%の軽減目指す」に通じている。(posted at 16:18:39)


【オタキングex】11.うわ、自分でもこんなに長くなるならまとめてブログで書けよって今頃気づくが、まぁいいやw ということで、「オタキングex」という世にも奇妙な組織は、表面上の上っ面のノウハウ論を極めるところじゃなくて、「どうせ生きるなら楽しく生きようぜ」な仲間たちじゃないかと(posted at 16:20:44)


どうしても、自分の中でもやもやしているのがイヤな性分なので、こうしてまとめてどこかに吐き出すとスッキリしますw また、吐き出すことで客観的に考察できるし更なる展開も可能になる。こういうのがノート術の重要な点ではないかと。#otakingex(posted at 16:27:17)


【オタキングex】(追伸):ボクも勝間和代さんのウェブサイト構成ーーー実に良くできたビジネスモデルーーーを舐めるように考察してしまった。なるほど、こりゃ儲かるなと。(もちろん悪い意味じゃありません)(posted at 16:33:54)



- - -


 ※加筆:


 上記の呟きに関しては、今にして思えば、もっとこういう書き方もあったなぁ…と思える箇所もあったんだけど、あえて加筆・修正を加えずそのままを流し込みました。

 こういうのはその場のグルーヴ感が大事だと思うので。


 ということで、岡田さんからお誘いを頂いたので、ちょっと真面目に社員入りを検討してみたいと思いますw


 
 っていうか、このオタキングexでいうところの社員というのは一般的なそれとはまったく違って、【仲間】という意味であって、そして、キャッチコピーにある【社員が給料を払う会社…】っていう文言は、あくまでもキャッチーにするための表現で、正確には【仲間となるための覚悟の表れとしてのお金(こういうことがないと踏ん切りが付かない人も多いだろうし、担保という意味でもあるし、そして、岡田さんフリー化には必要な資金だ)】のことであり、そんなビックリするようなもんじゃない。


 考えれば考えるほど、すごく真っ当なことだと思う。


 ということで、延々と書いてしまいそうなので、今はタイミングが大事なので、取り急ぎこの辺であげておきます。


 


posted by 石山城 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。