| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年05月22日

「今、世間で何が流行っているかわからない」という方へ

「灯台もと暗し」という言葉があるように、
広告業界に関わっていながらも
巷で何が流行っているのかがわからない人って
思いのほか多かったりするよね。

ということで、
基本の基本情報ではあるんだけれど
こんなサイトを押さえておくことは
やっぱり大事なんじゃないか?
…っていう情報のご紹介。

- - -


本当は、ボクなんかが紹介するのは
ちょっと気が引けないでもないけれど、
流行を押さえなければならない職業って、
何も広告業界に限った話しじゃなくて、
思いのほか多いような気がするし、

で、一応、広告業界に身を置いている者の一人として、
ボクが基本的にチェックしている情報収集の場所が
もし参考になれば…
と思って勝手にリストアップしてみることにしたわけです。


1)雑誌
zassi_net.gif
■zassi.net(http://www.zassi.net/
現在、流通しているすべての雑誌の目次や中吊り広告を見ることができます。また、フリーペーパーも一部見られます。無料の会員登録とプラグインが必要な箇所アリ。



j-magazine.gif
■日本雑誌協会(http://www.j-magazine.or.jp/
日本雑誌協会に加盟している【すべての雑誌の発行部数】と【読者媒体データ】を見ることができます。媒体データについては【pdfやExcelデータ】でアウトプット可能です。




2)インターネットニュース

yahoo_news.gif
■Yahoo!Japan News(http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/
見やすいカテゴリー別の最新ニュース集。いろんなニュースサイトがあるけれど、ボクは一番慣れ親しんでいるという理由からもここ。併せてYahoo!News アクセスランキングを見ると、どの記事がデイリー&ウィークリーで注目されているのかが見える。



technorati.gif
■テクノラティ(http://www.technorati.jp/
個人情報発信の源とされる国内ブロガー記事に特化したポータルサイト。その中でも、トップページに表示される【今、もっとも検索されているキーワードランキング】はリアルタイムで大衆心理が掴めるのではないかと。ちなみに、今日(5/22/2006)現在、350万個のブログから1.8億個の記事が登録されています。


machinoakari.gif
■街の灯(http://www.matino-akari.com/linksyu/
独自のライターによる、ある意味偏ったニュースセレクトの秀逸さと、サイトを支える読者の声をまとめて見られるのが面白い。


- - -


と、まぁ書き出せばキリがないと思うんだけれど、
問題は【こういう情報の扱い方】だと思うんです。


例えば、
ビジネスユースで日々の情報を追うだけであれば、
上にあげたサイトを見ることを習慣化すれば、
なんとなく掴めるようになるような気がするし、

また、同業者で新しいコンテンツを見いださなければならない人には、
【今の情報】を追うよりも、
自分が関わる案件のより近いと思われる
ターゲット層を狙っている雑誌の(読者媒体データを参考にすれば良い)
【ここ数ヶ月の特集記事と通年の特集記事】
定点観測的に拾い集めるだけでも
人気を博している【傾向と切り口】は掴めるんじゃないか?っていう具合。

ex.anan:http://anan.magazine.co.jp/

anan-1512.gif anan-1511.gif anan-1510.gif anan-1509.gif
anan-1509.gif anan-1507.gif anan-1506.gif anan-1505.gif
- - -

この他にもRSSリーダーを使って
効率的にお気に入りブログの更新情報はチェックしているし、
上記テクノラティに気になるキーワードの後追い情報も
RSS収集しているんだけれど、
書き出せばキリがないので今回はこの辺で。

- - -

…なんてことをそれらしくは書いているんだけれど、
ボクの場合、これらの日々の情報収集を元に
「これは?」と思ったことに関しては
【直接関係するような友達に聴く】
っていうことを基本にしています。


やっぱり、最終的な確認作業は
【リアルなコミュニケーションによる情報収集】なのである。



posted by 石山城 at 16:02 | Comment(5) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今まで膨大なストックを本棚に抱えて調べものをしていた時代が、遥か大昔のように感じますね。参考になりました。
Posted by タケ at 2006年05月22日 19:05
僕もインターネットというものに関わってから、情報収集ということに関して感覚がかわりましたですねぇ。。

たとえば『絹さや』で料理を考える。

昔なら本屋か自分の持本で探す。でしたが

今はgoogleでググってみるになりましたねぇ。。

でもやっぱり最終的な確認は作ってみる、とか
直接専門家に聞くですねぇ・・<一緒ですね。

知識だけでは経験とか事実と違う時ってあるのですよね。。<とたまにはマジレスしてみました。
Posted by V2(えん) at 2006年05月23日 01:38
砂を手で掴むような思いで世間の流行を収集していた大連→日本の私。いくらでも情報をググれてしまう(使いかたただしいでしょうか)環境で、この・・流行を掴むピンポイントの情報リンク集本当に参考になりました。ありがとうございます。
Posted by nobert at 2006年05月23日 09:20
やっぱり世間で何が流行っているかって、
この業界かなり重要なのに、
流行を網羅できてないのは痛いですね。

クオリティーが高いデザインを求められるばやいは特に情報って重要ですので参考にさせてもらいますね♪
Posted by しーちゃん at 2006年05月23日 21:13
人生いろいろありますねー。本当に大変です(;x;)
Posted by ERI at 2006年05月24日 11:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。