| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年10月04日

城さんが、お仕事などでの失敗経験を踏まえて、自分に戒めてる「べからず集」や「チェックリスト」のようなものがあったら、その内容をご紹介いただけませんか?

http://theinterviews.jp/ishiyamania/1928989Q:城さんが、お仕事などでの失敗経験を踏まえて、自分に戒めてる「べからず集」や「チェックリスト」のようなものがあったら、その内容をご紹介いただけませんか?

だれかにインタビューされる、そのインタビューに答える。でも、だれにインタビューされたかはわからない。そんな、インタビューサービス。 [ザ・インタビューズ] に答えてみました。- - -



Q:城さんが、お仕事などでの失敗経験を踏まえて、自分に戒めてる「べからず集」や「チェックリスト」のようなものがあったら、その内容をご紹介いただけませんか?


■仕事の失敗経験を踏まえ、自分に戒めてる「べからず集」:


 ・銀行口座に入金があるまで、油断するべからず。
  (仕事の終了は、入金を確認するまで)

 ・自分の「イエス」は、「自分以下に関わる人たち全員のイエス」であることを忘れるべからず。

 ・プロとして仕事を請け負う以上、どんな理由があろうともタダでは絶対に仕事をしない。(価格競争に加わるべからず)





■チェックリストについての考え方:


 ボクはどんな仕事であれ、お医者さんの「問診票システム」のような共通フォームはある程度通用すると思っていて、ボクと仕事で関わった方たちは見たことがあると思うのですが、毎回、決まった自作のプロジェクトシートを使っています。


 そして、この自作のプロジェクトシートを使う最大のメリットは、「これは仕事として受けてますよ」、「クライアントは〜〜ですよ」、「〜〜プロジェクトですよ」…と、相手の見える形で、いつも見せられる、「あなたの見ている前でこれを書いてますよ」(曖昧にさせない)などがあげられます。


 こんなカンジです^^

- - -
- 石山城 [ザ・インタビューズ] (参考リンク)


posted by 石山城 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。