| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年10月04日

城さんの仰っている「段取り7分」には、どのような段取りが含まれていますか?それらの中でも、城さんがとりわけ注意やコストをかけて取り組むことにしている段取りについて教えてください。

http://theinterviews.jp/ishiyamania/1930747Q:城さんの仰っている「段取り7分」には、どのような段取りが含まれていますか?それらの中でも、城さんがとりわけ注意やコストをかけて取り組むことにしている段取りについて教えてください。

だれかにインタビューされる、そのインタビューに答える。でも、だれにインタビューされたかはわからない。そんな、インタビューサービス。 [ザ・インタビューズ] に答えてみました。- - -



Q:城さんの仰っている「段取り7分」には、どのような段取りが含まれていますか?それらの中でも、城さんがとりわけ注意やコストをかけて取り組むことにしている段取りについて教えてください。


こんにちは、質問有り難うございます。

さてさて、ボクの座右の銘としている『段取り7分の仕事3分』ですが、これまたナイス質問!すごい! 

では早速本題。


ボクの言う段取り7分というのは、もしかしたらものすごく広い意味があるのかもなぁ…と、今になって思い直しました。それらをランダムに箇条書きとして書いてみます。




■ボクの考える『段取り7分』:

・医者とか弁護士とか、特別な仕事以外…、いや、もしかするとそれらも含めて、この世に存在するあらゆる仕事の違いなんて「3分(30%)」しか違わないんじゃないの?っていう、そもそもの考え方を持っています。


・では、その3分とは…ですが、人とちゃんとお話しができる、電話の対応ができる、挨拶ができる、お礼が言える、常識を知っている、協調性がある…などなど、ものすごく大雑把に言ってしまうと、『大人としての常識・思慮分別を持っている』ということが全体の7分なのではないか、と思っています。


・ということは、自分のまったく知らない領域の仕事に関わったとして、その領域では0点だったとしても、段取りとして60点を取っていたら、もはやその仕事でも合計60点を取っているということ。 つまり、仕事というか、人生は、総合点の勝負ってことだと思っています。

- - -

・更に、別の意味で言う「段取り7分」ですが、あらゆる仕事においての下準備の重要性…ということを意味しています。下準備がすべてパーフェクトなら、もはやその仕事の7分(70%)はできたも同然!ってこと。 結局、当日、本番で求められるパフォーマンスなんで『30%に過ぎない』って意味でもあります。



- --

うまく説明できてるカンジがまったくしないのですが、ごめんなさい。




■とりわけ注意やコストをかけて取り組むことにしている段取りは?


この質問ですが、前述のように「段取り7分、仕事3分」の基本的な考え方は、『総合点でナンボなの?』というボクの基本思想がベースなので、ものすごく意味が広いんだと思います。


でも、ものすごく強引に一言でまとめるならばーーー


『なんでも一所懸命に取り組む』


ーーーに、尽きるのではないかと思っています。
(それが総合的:ホリスティックに、段取り7分の力を伸ばす)


・・・と、信じていますw

- - -
- 石山城 [ザ・インタビューズ] (参考リンク)


posted by 石山城 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。