| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年10月04日

ツイッターとブログと両方を更新し続けていらっしゃるようですが、使い分けルールのようなものはあるのでしょうか?また両方を続けるために心がけていらっしゃることなどありますか

http://theinterviews.jp/ishiyamania/1930344Q:ツイッターとブログと両方を更新し続けていらっしゃるようですが、使い分けルールのようなものはあるのでしょうか?また両方を続けるために心がけていらっしゃることなどありますか

だれかにインタビューされる、そのインタビューに答える。でも、だれにインタビューされたかはわからない。そんな、インタビューサービス。 [ザ・インタビューズ] に答えてみました。- - -



Q:ツイッターとブログと両方を更新し続けていらっしゃるようですが、使い分けルールのようなものはあるのでしょうか?また両方を続けるために心がけていらっしゃることなどありますか...


先ずは、質問ありがとうございます。とても嬉しいです。


っていうか、ナイス質問!!^^



■ツイッターとブログの使い分けルール:


あのですね、正しいかどうかはわかりませんが、なんとなくのボクのイメージを先ずは聴いてくださいませませ。



それは、ブログって、結局、ボクは仕事のカンバンなわけで(あれでもw)、なんだかんだ言っても24時間休むことなく働いてくれる営業マン(セールスプロモーションツール)だと思ってるんですね。


で、また、仕事柄「コミュニケーション」という領域で働いているので、本来ならば、ツイッター内でやりとりしている「すべて」をログとして見せていくのが、『本来のボク』をそのまま見て貰えるとも思ってるんですが、でもそこはやっぱり、見る人の気持ちを考えると…


「いちいち全部なんて見てらんねーよ!」


ってのが本音だと思うんです。

ボクも逆の立場だったらそう思うからw



であれば、ボクは普段はツイッターをメインに使ってるんですが、ブログに載せるのは、

『そのうちのいくつか』

…に焦点を絞って、しかも、誰かと会話したツイートではなく、

ボク・オリジナルで発信したものだけを選択してまとめているのが「ブログ」という位置づけで日々更新しています。( http://ishiyamania.com
) いわば、ボクの日々のエキス…ですねw


また、余談ですが、ボクが日々どういう着地点に向かってツイッターやブログを更新しているか…ということを書かせて頂くならば… ぶっちゃけ、内容なんてなんでもいいんだと思ってるんですw でもーーーーー


最終的には

「あぁ、やっぱりこの人、プランニングやコンサルやってる人なんだな」

ーーーと、感じてもらえるようには、努力しているつもりですw


あと、あくまでもボクはリアルな人なので、『何かについて非難して終わり…』というなことはしないようにしています。

何かについて非難するのであれば、プランニングやコンサルティングに関わるプロなら、その代替え案を示さずに書くことは、プライドとしてやりたくない…ってカンジです(書いててカッコイイ!と思ったけど、そんな大袈裟じゃないですw 

ときとして、斜めからモノを見たり書いたり、鋭い視点だけで良いのなら、実は誰だってカッコヨク書けるんだとも思うし、でも、ボクが一番大事だと思ってるのは「どうすれば良くなるの?」という手段と方法だと思ってるから。


長くなっちゃいましたねw




■ツイッターとブログ とフェイスブック:


まとめると、普段使いが使い慣れたツイッターをiPhoneやMacBookで気軽に投稿して、そのエキスをブログに反映、そして加筆。 更に、リアルな知人がいるフェイスブックでは、ツイッターやブログでは書けないちょっと突っ込んだグチや言いっ放しのこと…なんかをさらけ出す…  というような使い分けをしています。


長文乱文多謝 <(_ _)>


- - -
- 石山城 [ザ・インタビューズ] (参考リンク)


posted by 石山城 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。