| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年10月06日

どんな学生時代でしたか? 思い出話などを聞かせてください

http://theinterviews.jp/ishiyamania/1929765Q:どんな学生時代でしたか? 思い出話などを聞かせてください

ーーーだれかにインタビューされる、そのインタビューに答える。でも、だれにインタビューされたかはわからない。そんな、インタビューサービス。 [ザ・インタビューズ] に答えてみました。- - -



Q:どんな学生時代でしたか? 思い出話などを聞かせてください


 ボクの学生時代は、元気なイメージの現在(と、よく言われます)からは、想像もできませんが、【重度のアトピっこ】だったことと、高校一年生のときには遺伝性の【バセドー氏病】で長期入院(結局、手術で除去)してたり、はたまた、中学の時は坊主なのに円形脱毛症で500円玉ぐらいのハゲができたりと、けっこう残念な時期だった…という印象です。




 もっと言っちゃうと、『今日はかゆいので帰らせてください』と担任に言えば、帰宅を許してもらえるぐらいひどいアトピっこ…と言えば、なんとなく想像が可能でしょうが、とにかく、ボクの学生時代は、【かゆさ】と、そしてバセドー氏病による【けだるさ】を、持ち前の明るさで吹き飛ばそうと、ものすごく我慢を強いられていた…そんな時期だったような気がします。




 まぁ、ベースはそんなカンジなので、一応、建前上の性格は明るく、成績だって悪くありませんでしたし、曲がりなりにもサッカー部でそれなりにも活躍もしていましたが、ボクの中のボクは、いつもどこか冷めていた少年だったような気がします。





 あまり、今と変わりませんねw




Justice of darkness~妖怪人間ベムのテーマ/8月の永遠
 ともあれ、妖怪人間ベムの「はやく人間になりたい…」ではありませんが、「ボクも早くツルツルの皮膚になりてぇ〜〜!」って、いつも思っていたので、その後、30才ぐらいのときに、なぜかアトピーが治って以来、生まれ変わったような感覚でしたし、それだけでも丸儲け…のような気持ちで、今を生きています。



- - -
参考リンク:『アトピー克服への道』ボクのブログ内コンテンツです。
       http://ishiyamania-blog.seesaa.net/article/469941.html

- - -
- 石山城 [ザ・インタビューズ] (参考リンク)


posted by 石山城 at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。