| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2011年11月25日

Nov 25, 2011『ソーシャルネットという大海原に飛び込みますか?』『履歴書に書ききれない評価軸』など




    diving.jpg


    ■ソーシャルネットという大海原に飛び込みますか?

  • ソーシャルネットの時代なので、実名出したら過去のバレたくない自分が露呈して…という危惧もある中でーーー今日のHOPE100 チャリティーセミナーで話題に出たーーー、今は、なんでもありのドサクサな時代だとも言えるわけで、やったモン勝ち、言ったモン勝ちな部分はあると思うんだよね(続く posted at 00:55:42


  • 続き)これはちょっと前の中国ビジネスととても似ているとボクは思っていて、『よくわからないけどとにかく行っちゃえ!』って実際に行った人たちが今のアドバンテージを獲ってるんだよね。 (続く posted at 00:58:00


  • 続き)でも、とにかく自分で「キテる!」と直感したモノやコトには、とにかく片足突っ込んじゃう…っていう思い切りの良さやフットワークの軽さは、今は絶対に必要なんじゃないかと思うわけです。まぁ、それにはいろんな意味で健康が大事ってことに…(あぁ終わらないからこれで終わるw posted at 00:59:53
    - - -
     ※加筆:冒頭の『ソーシャルネットという大海原に飛び込みますか?』というタイトルの答えだけれど、もはやインターネットが世界中に繋がった段階でグローバル社会なわけで、ソーシャルネットだったわけで、もう後戻りはできない世界なんですよね。で、いずれ否応なく対応するのであれば、誰よりも早く対応・適応しておいた方が得策なのかな、とボクは思います。




  • 正直、よくわかってないんですけど、流行ってるみたいなのでボクもfacebookページ作ってみました。もし宜しければ「いいね」をしていただけると嬉しいです。http://www.facebook.com/ishiyamania まだfbに慣れ親しんでいない方も一緒に学んでいきましょw <(_ _)> posted at 01:12:27




  • 評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている■履歴書に書ききれない評価

  • #Biz コミュニケーションとかマネジメントとかビジネススキームづくりとか…。今、求められるそれらの能力って、既存の評価軸では計れない・表現しづらいものばかりだね。履歴書や経歴書のフォーマットを抜本的に考え直した方が良いかもね。 posted at 22:24:05
    - - -
     ※加筆:もしくは、ソーシャルネット上の評価が、そのままその人個人の評価に直結するんだろうね。何故ならソーシャルネット上の個人の評価は、一朝一夕では得られないものだし、また、集合知という意味合いでも(正しいとは思わないけれど)間違う確率は少ないものなのかな、って思います。




  • なんにせよ男性vs女性を筆頭に、対立構造をつくったトークはもりあがるものだけれど、忘れちゃいけないのは、そこに集った男性・女性は、たまたまそこに居ただけであって、世の男性と女性を代表する意見じゃないってことね。「現地で聞いた海外の話し」というのも同様。 posted at 23:11:40








*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"


posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。