| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年10月11日

北朝鮮 核実験を裏読みしてみる。その2

まだ調査途中ながらも、各国の見解は

「どうやら核実験ではなかったらしい」

…というセンが濃厚になってきたわけだけれど、
前回の記事に引き続きこれを深読みしてみる。

- - -

もし、ボクが関係者で、
今回の北の核実験により
多少でも被爆の可能性があったとするならば、


『人的影響はないレベル』

『核実験じゃなかった』

…と発表するだろうな、と。



なぜなら、

日本は世界で唯一の被爆国なので、

そのアレルギーたるや
それはボクらの想像を遙かに超えた反応を起こすと思われるからね。



もしも、漏れ伝わるように
北朝鮮は世界の中で孤立無援になっていて、
究極の瀬戸際外交で核実験を行っていたとするならば、

しかも、
実験中になんらかの事故が発生していたのならば、


間違いなく、『なかったものにしてしまえ』的な
情報隠蔽作業が世界レベルで起こると想定してもおかしくないよね。


だから、鵜呑みに「あぁ、核実験じゃなかった」と安心するのは、どうなのかと。


まぁ、横目で見過ぎて
過剰に深読みしすぎるのもどうかと思うけれど(笑)


とにかく、

忘れていけないのは
「情報を流しているメディアや政府の人たちの誰一人、その実験を見ちゃいねぇ」っていうことね。


posted by 石山城 at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。