| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年08月23日

【フラット・シンキング】と【All for me. Me for me】

先日、某所でこんなことをインタビューされる機会があったんだけれど、
ちょっとその場の思いつきで話したことが
意外にも「おぉ、意外とオレいーこと言ってるじゃん」
…みたいな内容だったのでここで備忘録、と。

- - -

まずひとつめ。

【フラット・シンキング】
世の中ったらちょっと油断してたら、鼻を突くようなポジティブ・シンキング野郎ばっかりになっちゃったので、あえてこっち路線でボクはいきたい、と。

それは、「別にそんなに鼻息荒くしなくたっていーじゃん? 無意味に落ち込む必要性も、はしゃぐほど前向きにならなくたってもいいんだって。フラットに行こうぜぃ〜」的な意味で、定義&ネーミング。



で、ふたつめ。


【All for me. Me for me】
察しの良い方なら既にご存じだろうが、これは【All for one, One for all】のアレンジなのである。

【すべてはボクのために、そして、ボクはボクのために】っていう、受け止め方によっちゃ、かなり米国のネオコンっぽいグローバルスタンダードな価値観でもあるし、いっそ、言い切ってしまうところに我ながら清々しさすら感じられなくもない。



ちゃお。


posted by 石山城 at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。