| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年10月27日

『日ハム:ヒルマン監督に見る愛されるコミュニケーション術』

『アリガトウゴザイマシタ! シンジラレナ〜イ! 北海道の皆さんは世界で一番です(日本語で)』


今日、何気なくテレビをつけたらちょうど日本シリーズの8回裏ぐらいだった。試合経過は、日本ハムの稲葉がダメ押しといえる本塁打を打ったあたりで、もはや実況アナウンサーの解説も、中日の残る9回表の1イニングの反撃などまるであり得ないような口ぶりとなっていた。

ボクはそのまま何の気ナシにダラダラとキッチンでコーヒーを煎れたりしながら、その後の日ハムの胴上げの様子を横目でボーっと眺めていた。

そして、ヒルマン監督の冒頭のインタビューコメントを聞いた途端、ハタと我に返り、「ははぁ〜ん、これなんだよなー、コレコレ…」って思ったことをいくつか。(長いマエフリですまぬ)

- - -

某メルマガなのかミクシィなのか、それともここの過去ログなのか、もはやどこで書いちゃったかも忘れちゃったけれど、ボクがこのテレビ中継を見てハッと息を呑んだことはーーー

【ありがとう新庄!お前の涙でオイラももらい泣きさ!】とか【さすが日本一請負人:稲葉!】っていう、クローズアップされがちなことなんかじゃなくて

ーーー、先にも書いたように、ヒルマン監督の、この日本語のスピーチなのだ。

そして、このスピーチを聞いて決定的に誰かと違うナーって感じたのが…、最後には尻切れトンボのように去っていった元サッカー日本代表監督のジーコや現監督のオシムね。

彼らとヒルマン監督は明らかに一線を画すと感じたし、ヒルマン監督は【愛される努力】をしている人なんだなぁーと、素直に感動したし、それが今回の日本一に繋がってるんじゃないかって思ったのだ。


もちろん、先に挙げたジーコやオシムもプロなのだから、結果を求められることは絶対条件であることは言うまでもないんだけれども、ボクが明らかにずーーーっと彼らに違和感を覚えているのは、【日本で、日本のチームのために監督をしているのに、インタビューで『こんにちは』とか『ありがとう』とか、ただの一言だって言わないっていう態度と感覚なんですよ。



これは別にボクが日本人としてのナショナリズムに訴えて言ってるんじゃなくて、【やはり、ファンあっての仕事(プロ)なのだ】っていうことを、理解した態度かどうかっていうこと。


はやり、人は愛されてナンボ。

その努力をしてるかどうかっていうことも、とても大事なんじゃないかと思うわけ、ボクは。


特に応援してくれるファンがいてこそのプロリーグがあるならば、その精神は最も重要な要素なんじゃないかと思うし、そういう意味では、それはボクたち一般の社会人だって同じなんだよね。



『アリガトウゴザイマシタ! シンジラレナ〜イ! 北海道の皆さんは世界で一番です(日本語で)』


ボクは日本の社会で働く外国の方々とたくさん出会っているけれど、まず最初に会ったときに「コンニチハ」「ハジメマシテ」って挨拶をしてきたり、「アリガトウゴザイマス」「ゴチソウサマデス」「ヨロシクオネガイシマス」っていう日本語をきちんとできる人は、きっちり仕事をして結果を出している人が多いような気がしてるんです。


もちろん、これ以外のやりとりは現地語でも構わないし、その為に通訳だっているんだしね。でも、大事なことは『わたしは余所から来ている人なので、まずはあなたたちに合わせることを心がけていますよ』というアピールを『気持ちよく行えているかどうか』っていうことだし、少なくとも目線は【顧客満足度(CS)】を意識してのサービス精神のあらわれとボクは受け止める。



そういえば、カルロス・ゴーンさんが日産の社長に抜擢されて直ぐに、全国の工場や販売店を視察に回ったときのドキュメンタリー映像を前に見たことがあるんだけれど、その時も、現場で働いている人たちには、最初、たどたどしいながらも日本語で挨拶していたと記憶している。



そう、人は感情の生き物なのだよ。


だから、ボクは中国に行ったら北京語だけじゃなくてできれば上海語や広東語でも、【こんにちは】や【ありがとう】や【おいしいです】や【気持ちいいです(これは余計か)】とかを真っ先に覚えたし、それは出かける機会がある先々では必ず予習して覚えてから行くように心がけてる。


まぁ、あとはいい加減な英語で乗り切っちゃうんだけれど…、やっぱり、英語圏じゃないところでは、最初っから英語で話すよりも、現地の言葉できちんと挨拶をするっていうところから、コミュニケーションは生まれるとボクは思っているし、経験上、とてもうまく行くことが多い。



本日の結論:「コミュニケーションの無いところにビジネス成立せず」

- - -

余談:

そういえば、今年初めに開催されたトリノ五輪の開会式でも、英語でスピーチした後に地元の協力を讃えるようにイタリア語でも挨拶をしてたよね。

そして、そのイタリア語のスピーチ(伊の大統領でしたっけ?)が終わるやいなや、会場が揺れるほど熱狂してたシーンがあったよね。ボクはこの瞬間にトリノ開催は成功するなって予感しましたよ。

やっぱり、愛されるコミュニケーションって、挨拶から始まるんだよね。

- - -

追伸:日本ハムファイターズ、日本一おめでとうございます。
(参考リンク:Yahoo!Sports【号外】『おめでとう北海道日本ハムファイターズ』

- - -
追伸:そういえば、あの「ほぼ日手帳」にも、世界各国の「おいしい」っていう言葉が紹介されてましたね。【世界のおいしい】


posted by 石山城 at 03:01 | Comment(6) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石山さん、こんにちは。

わぁーーっ。及ばずながら私も同じ事を思っていました。

ヒルマン監督、インタビューするアナの言葉も、
言っている事を殆ど通訳なしで、
理解できていたみたいですね。

授与式でも、声は聞こえなかったですが、頭を下げて、
口の動きは「アリガトウゴザイマス」でした。。

反対に、○ーコ元監督なんて、
選手で来ていて、監督で来て、親族をスタッフに呼んで、
日本サッカー協会から、幾ら持って行ったの?
と、
思いました。まあ、支払う方も良くないですよね。。

日本シリーズからも、石山さんの記事からも、
また色々教えられました。ありがとうございました。


Posted by ほたる at 2006年10月27日 15:32
やっぱり個人が保有するスキル的な能力もすべて、
【発揮できる場】があってこそだし、
その発揮できる場っていうのはやっぱり
【人と人のコミュニケーション】の土台が不可欠ってことで、

まずは、その努力をしているかどうか?ってことを
今回のヒルマン監督の優勝スピーチにおける言動に
あらためて学びました。


やはり、同じ視点ですね、光栄です^^>ほたるさん
Posted by 石山城>ほたるさん at 2006年10月27日 15:57
とてもとても良い記事ですね。
ホンとその通り!
Posted by ドラビゾン純恵 at 2006年10月27日 17:33
あまり大きな声ではいえないのですが、ここに住んでもう3年目になるというのにうまく話せない私です。
でも、内心ここの国の人たちが大好きだし、感謝していることもたくさんあるし、その気持ちをアウトプットできないのは非常に苦しい・・時もあるわけです。
おそらくそのせいですが、とりあえず間違いなくはっきりと伝えられる短い気持ち、そう、挨拶ですね、それだけは大きな声で笑顔で言うようにしています。
まぁこれは日本にいるころから自然にそうしていますが、こっちに来て、主人や周りの日本人たちに「ともちゃん・・挨拶がとっても感じがいいね」と苦笑されるのですが(それ以降言葉が続かないもので・・^^;)
だってそれが精一杯の私にできる気持ちの表現だから・・・

この現状を何とかしたいとは思いつつ
城さんのこの日記を読んで、ちょっと気持ちがほっとしたような・・

ぁあ・・、でももうちょっとポルトガル語頑張ります〜^^;
Posted by 朋子(実名漢字にて) at 2006年10月27日 20:39
外国人の方が日本語をしゃべって下さると
「あなた日本好き!私、あなた好き!!」って
思考回路が出来てたことに、気づきました。
単純..
Posted by mana at 2006年10月29日 12:04
「コミュニケーションの無いところにビジネス成立せず」<

職場のばかな上司で挨拶が出来ないのがいるのですよ・・

もちろん仕事は出来ない。みんなから嫌われてます。

しかし、本人全く気づかず。。お手上げです。。

ヒルマン監督の鼻くそでも食べてほしいです。
Posted by V2(えん) at 2006年10月31日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

英語で考え英語で話すって?英会話って?
Excerpt: 「英語で考える」 機会ある度 私たちはよく言っていることなんですが それって一体どうゆうこと? そんなことできないじゃないか? 小さな子どもが母語と同じように習得するならともかく 母語が身につ..
Weblog: 福島市の語学スクール:AGORA(アゴラ) update Weblog
Tracked: 2006-10-27 17:34

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。