| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年11月07日

世界バレー (TBSはバレーボールなんか愛しちゃいない)

1105topimg_j_tbs.jpg


ボクはいくつかの試合をテレビで観戦して感じたんですよ。

この世界バレーを独占中継しているTBSは、
バレーボールなんかちっとも愛しちゃいないよねって。

- - -

まぁ冒頭から激しい口調で申し訳ないんだけれどさ、
ボクがこう感じるのにはいくつかの理由があるのだ。


理由その1:

自分たちが独占放送している「世界バレーの情報」ばかり
(歌と踊りのショー含み)

まぁ、盛り上げようとする気持ちは視聴率商売なのだから理解もしよう。でもさ、観戦しているこっちとしてはさ、この世界バレーがオリンピックや一般的な世界大会となにが違うのかすらもわかんないわけですよ、申し訳ないけれど。


おまけに、男子大会も11/17から開催されるってことすらここを見て初めて知ったし、やはり、この試合を盛り上げるためはさ、周辺情報があって初めて盛り上がれるっていうことを知るべきだよ。


理由その2:
※その1に通ずるんだけれど…
実況と解説陣の素人っぷりに閉口


やはり、今放送で最も悲しいのは、WBC(ワールドベースボールクラシック)などと比べてもわかると思うけれど、実況と解説者のレベルの低さだよね。


「ここは頑張るしかない」とか、「踏ん張りどころ!」っていう…、誰とは言わないけれど、精神論の解説なんてこっちは聞きたくもないわけ。まぁ、100歩譲ってそれもアリだとしても、それだけっていうのも勘弁して欲しいのだ。


できればさ、普段、Vリーグ監督をしている方やよその国の代表監督を実況席に呼んで、戦術的な話しを聞くのも良いだろうし、もしくは、選手の母校の監督さんを呼んで当時の話しを交えながら現在の選手を語るのもいいだろう。


少なくとも、実況が終わってスタジオにカメラが戻ったときに、ジローラモの感想なんてどうでもいいことは確かじゃないですかね。(なにも彼が悪いっていってるわけじゃないよ…)



理由その3:

TBSの番組に対する考えがお粗末過ぎる


すべてはこれに尽きるのかも知れないけれど、自分たちが独占放送している「世界バレー」っていうコンテンツは、それはすべて普段のVリーグが存在して初めて成立している人気コンテンツになりえてる…ってことをまるで理解していない。


それは、選手を紹介するテロップな解説にも、なぜ所属チームすら並記しないのか?っていう単純な疑問からも容易に推測できる。


まぁ、ボクは広告業界に身を置いているので「もしかしらたスポンサーサイドの理由か?」とも思えなくもないけれど、もしそうだとしたら本末転倒もいいところで、日々のスポーツ競技という下地があって世界大会(オリンピックなども含む)が成立しているんだし、見ているこっちとしては、【普段、菅山かおる選手はJTマーベラスに所属していてウイングスパイカー/リベロっていうポジションなのか…】っていう情報があって初めて具体的に応援できるってものじゃないのか、と。


少なくとも、ボクは何度もこの大会の放送を見ているけれど、リベロっていうポジションだって【なぜ一人だけユニフォームが違うのか?】っていう説明だって放送中聞いたこともないし、前述した【世界バレーはオリンピックの次に大きな国際大会で、それは国際バレーボール連盟(FIVB)が初めて作った国際大会です】っていう説明だって聞いたことがない。(参考リンク


申し訳ないけれど、この記事を読んでいる方の中で、Vリーグがいったい全何チームで争われていて、いつ開催されていて、そして、この世界バレーが6つの国際大会のひとつであったことを知る人はどのぐらいいるというのか?


こういうことをまったく無視して放送されているTBSの番組づくりっていうのが、言い換えれば、【その場だけ視聴率が取れればいーじゃん】的に思えるし、なにか無性に鼻につくのですよ。




WaTも別に個人的に嫌いじゃないさ。どっちかっていうと好きですよ(笑)


でもさ、タイムアウトの度に大音量で会場中にテーマソングを流すのも、真剣に試合をしている選手や関係者たちはどう思ってるんだろうか、とか、誰が主役なのかっていうのをもう少し配慮した番組づくりをして欲しいと思うんだけれどどうだろうね?



そしてクドいようだけれど、選手一人一人に見ているこっちが恥ずかしくなるようなキャッチコピー(ex: 闘う妖精、かおる姫)を付けたり、無用なキャラクター作って売ったりする手間暇と余裕があるんならさ、選手の所属チームやVリーグでの成績などの周辺情報を紹介して下さいよ。


たのむ。>TBSの関係者


- -

とはいえ、データ放送のボタンを押せば、それらの情報はたしかに見られるっていうことぐらい確認済みではあるんだけれどさ、いちいち見ないわけですよ、普通の人は。(ボクがおかしいのかも知れないけれど)

- -
石山城ブログ内関連記事:
「正式名称で呼ぼうぜ」運動2006/08/01/


参考リンク:

「世界バレー」とは、どんな大会?(スポーツナビ)

「世界大会HP」(TBS)
※記事トップの画像はTBS世界バレーサイトを使用しています。


posted by 石山城 at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。