| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2006年11月11日

『親愛なるキミへ その2〜言うべきか言わざるべきか、やるべきかやらざるべきか迷ったら〜』

親愛なるキミへ


こんばんは。昨日のブログを読んで貰えたようで嬉しいです。そして、その後の報告(?)も、より具体的になったし…。いずれにしても確実にキミの環境はキミの努力によって変わっているようなので良かったですね。ボクもとても嬉しいです。


さて、今回は、モノゴトには【なにがなんでも言わなければいけないこと】と、【あえて言わなくてもいいんじゃないのか】っていうことがあったり、また、同様に、【今やるべきか後からやるべきか】、【それともまるでやらなくても良いことか?】…なんて、日々判断に迷いながらボクたちは日々生きてるわけだけれど、今回はちょっとこんな内容についてのアドバイスです。



そして、ちょっと変化球気味に話をそらすと、【知ってても知らないフリをするべきか】、とか、【嘘を付いてまでごまかした方が良いべきか】、などという選択肢もあるよね。



ということで、こういう判断に迷ったときの対策を今回はアドバイスします。(身の回りの話しに例えているけれど、これはビジネスでもまったく同じだよね…って気が付いて読んで参考にして貰えると嬉しいです)



- - -


いろんな判断に迷ったときの特効薬…。


それは実はとてもシンプルで簡単なことだったりします。
いや、シンプルすぎて逆に気づかないっていうこともアリかも(笑)



ということで本題。



【何が一番重要なのかを見失わない】



っていうことです。




これを常に意識していれば、日々の判断で右往左往することが少なくなります。つまり、【目先の善し悪しで決めるな】という言い換えも可能かも知れません。





例えば、ボクが川崎市のマンションから郷里である東北の福島市へ帰省するとしましょう。


方向的には間違いなく【北】であることは言うまでもないですよね。



でもね、ボクのマンションから最寄り駅までは【南】方向だし、更に、最寄りの東横線から渋谷に向かうためには、方向は【東】に進行していくんです。



ここで、目先しか判断できない人は、最初から【北】に向かうのが正しいと思っているので、【南】にある最寄り駅に向かうことが間違いだと進言し、しかも、その先で【東】に向かうことは以ての外だ!…なんて言うこともあるんです。





そんな馬鹿な…と、この例では思うけれど、実際の選択肢も実はとても似ているんです。



一番の重要な優先順位(目標)を見失わずにいて、そこに向かうためにはどうすれば良いかを常に考えていると、急に目の前に、タイミングよく長距離トラックの運転手と友達になったからといって、飛び乗ってしまうことは避けられるんです。



そのトラックの行き先が関西方面っていうことも充分ありえる(逆じゃねーか、なにやってるんだか…とほほ、という事態に陥らないのです)




とても話は脱線してしまったけれど(笑)、常に自分の中で、最も重要なことはなにか?を意識し続けることは、それはイコール、自然にその他の優先順位がつけられることを意味してるっていうことです。




目的は何か?


 どうしたいのか?


  どうなりたいのか?




意識し続けることはなによりも大切なことだとボクは思います。




取り返しがつかなくなってしまう前に…。

- - -
※機会があれば、「なにごとも遅すぎることはない、いつでもやり直せばいい」ってよく巷では言われているけれど、【モノゴトはすべてタイミングと縁が一番大事なんだと思うよ】っていう話しをしたいと思います。


--
※過去ログ:

『親愛なるキミへ その1〜To Do Listや備忘録作成のアドバイス〜』


posted by 石山城 at 02:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、すごく分かりやすい例えだ。>帰省の話

それから、昨日は電話ありがとう。
近々、行きますよ。
それとも来てくれます?
もちろん夜中になったら帰りは送ってきますよ。

ところで、このお手紙はいいなー。
これは本当に相手がいるのだろうけど

私も、仮の相手に向けて
お手紙風ブログを書いてみようかな。
その方が、優しい表現にできそうな気がする。
Posted by わき at 2006年11月11日 03:17
これは実際に相手が居ての「お手紙風味」なんですけど、このスタイルだと実際の相手を思い浮かべて書けるので、まさにターゲットを限定してるわけですよね。でも、他の響く人には響く(と願う(笑))と。

一度、わきさんのこのスタイルも見てみたいです。

Posted by 石山城>わきさん at 2006年11月30日 14:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。