| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年07月27日

July 27, 2012



  • セレソン(Seleção)は、ポルトガル語で"代表"を表す。…こんなシンプルな意味だったのか。もっと深いと勝手に想像してた。 #セレソン #goocus http://bit.ly/MNNjD3 posted at 11:52:18


  • カーボショッツ!

  • #health 山仲間とトレラン仲間にしか通じないかも知れないけれど、夏バテ気味なのでカーボショッツ(コーラ味)投入しました。 たぶん、熱中症気味でもあるので、帰りにOS-1も買うことにしよう。この季節の常備品。 posted at 12:16:18




  • いまだかつてないレベルで、沖縄がアツいらしい。あちこちでその話を耳にします。Hanako まで動いてますか…。ボクもあやかりたいなぁ…。 posted at 13:22:48




  • #Ads ARは広告表現として面白いし、もっともっと拡がって良いはずだと思うんだけど、契約やら仕掛けの敷居の高さや面倒くささがネックになってるんだよね。もったいないと思う。 posted at 13:33:11



  • #nowplaying 明日へ ~つながる手~ ♪ Lil'Fang http://bit.ly/LR7DDV in iPod app ダルダルな暑いに日に、元気でる。アコギでアレンジして弾きたい。 posted at 13:47:33


  • 大政絢とか剛力彩芽とか、名前だけ見たらどんな屈強なイメージなんだと思わせる、そもそものギャップ萌えの要素は時代性だなぁと思う。昭和ならこの名前でのデビューはないもんね、たぶん。 posted at 13:58:56




  • 【PR:定期ツイート】…ボクのFacebookページはこちら。情報発信のメインはTwitterですが、そこでは伝えきれなかったビジネス中心のネタをまとめています。また、個人fbアカウントは、直接ボクとやりとりした方限定。すいません。 https://www.facebook.com/ishiyamania posted at 14:06:17



  • 『〜〜は〜〜するモノ』というかつての既成概念がどんどんぶち壊れていて面白い。誰が自家用車が家庭用非常用電源設備になると思っただろうか? そういう意味で、『テレビは国内のテレビ番組を視聴するだけの受信機』だという幻想は、関係者は一日も早く捨てた方が良いと思う。 posted at 14:17:47


  • ボクなりのツイッターの面白さ 7/27/2012現在:1)自分の思いつきの備忘録(ネタ帳) 2)情報収集のツールとして 3)これは思うツイートに対してコメントポスト→その後のやりとり 4)知人の行動情報含めた近況情報収集とコミュニケーション ※個人のfbアカウントは(4)に特化 posted at 14:42:06


  • 電通『鬼の十則:振り回されるな振り回せ』の意味するところは深い。 posted at 15:04:42


  • #Biz 『見切る/白紙化する』…なんにでも制限がある。それは時間だったり、予算だったり、はたまた、(取引相手とビジネスの)スタンスや考え方が違ったり…ね。 きちんと筋を通せば、それはわがままじゃないし逆に責任ある対応だと思う。感情論のつけ込む隙なんて1mmもない判断。 posted at 15:17:19



  • 社会に出たときの立ち居振る舞いは、ボクはこの本ですべて学んだ。あるツイートを見て、突然、思い出しました。//フィリップ チェスターフィールド 『わが息子よ、君はどう生きるか』 (参考リンク) posted at 15:38:06



  • おまけ)仕事の段取りは、ボクはこれでぜんぶ学びました。アナログとデジタルで使うツールは変わったけど、「整理」「表現」(3部作)は、今でも充分通じると思う。// 山根 一眞 『収集 (情報の仕事術) 』http://amzn.to/SWT6XQ posted at 15:41:45


  • #Biz 世の中、どんな企画書やスライドショーが最新なのか? そのフォーマットはスライドシェアにほとんど落ちている。ぜんぶ自分で、01で、手探りで、やっつけで、ペーパー作るの、そろそろやめようぜと言いたい。 // https://www.slideshare.net/ posted at 15:47:52

  • あー、ものすごく、言いたい!書きたい! …ってことに限って、どこにも書けないんだよ。 #ひとりごと  だから、飯ウマーとかのツイートばっかりになるw  さて、移動します。まだお外は激アツなんだろーなー。 posted at 16:15:02

  • #Biz ボクは、知人から「〜〜の件で悩んでるみたいだから相談に乗ってもらえる?」って、紹介を通じて仕事に繋がっていることが多い。今、請け負わせて頂いている顧問契約も「定期的に来ることは可能?」ってカンジで続いてるだけだし、そこから単体のプロジェクトに派生してる…という流れ。 posted at 18:48:36

  • #Biz こんなこと書いちゃいけないのかも知れないけれど、ボクのやってることをムリヤリ表現したのがコンサルティングとかプランナーとか後付けで言ってるだけなので、肩書きなんて実はなんでも良いと思ってる。来年なにやってるかもわかんない…。これが正直な気持ち。 posted at 18:50:42

  • とある縛りがなくなったのなら、ふらりと外国に住んじゃうことだってアリだと思ってる。幸いにも家族も居ないしw でも、Tokyo には一生片足を着いてるんだと思う。なんとなくだけど。 posted at 18:51:56

  • #Biz その道のプロにはとても失礼なのかも知れないけれど、テレビはテレビ屋が全部つくらないといけない…なんてルールはないし、当たるモノつくれる人がつくればいいんだと思う。コンテンツに携わる人は、もはやメディアなんか問わない…これが正直な気持ち。 posted at 18:54:00






*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"


posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。