| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年08月28日

WOWOW×TBS のコラボドラマ「ダブルフェイス」香川照之×西島秀俊に、残念20% ワクワク80%のワケ




    doubleface.jpg■WOWOW×TBS という衝撃

    WOWOWには、フジ(9.99%)、TBS(9.69%)、日テレ(9.07%)と、ほぼ似たような比率で資本が入ってるんだけれど、こういう地上波とドラマコラボするのはTBSだった…というのが意外。

    仕掛けますね−。っていうか、もはや地上波もBSもCSも、はたまたキー局もローカル局も、ウェブもテレビも関係ないよね。どんどん仕掛けていく時代なんだと思う。(参考リンク:wiki)



    ■残念20%

    それにしても、新しい試みでわかりやすいとはいえ、持ってくるコンテンツがコレですか…という、ちょっと個人的には残念感いっぱいなのです。

    という ”コレ” というのは、トニー・レオンとアンディ・ラウの主演の香港映画「インファナル・アフェア」 → それをハリウッド映画でリメイクしたのが、レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンの「ディパーテッド」→ そして、それをまた日本のヤクザと刑事ものでリメイク…←イマココ …という具合だから。


    ここはいっそ、コンテンツも新境地を切り開くようなタイトルを持ってきて欲しかったなぁ…などと、まったく無関係のボクは思ったりするわけです。(番組参考リンク:ダブルフェイス)


    ■テレビは終わったのか?

    さておき、『テレビがつまらなくなったなぁ…』というのは、あちこちから聞こえてくる今日この頃だったりするわけですが、実は、個人的には、「いやいや…テレビの復権…というか、隆盛は、むしろこれからなんじゃないかな」などとボクは思ってたりするんです。


    というのも、今はまだ放送局の垣根や制作会社のあらゆる垣根が、まだまだドンと存在している状況ではあるけれど、『このままじゃマズいよね…』という雰囲気は、今までの "なんとなく" ではなく、ボクの関わっている限りでも、かなりの現場レベルでも "そろそろマックス" で感じている状態だし、そこでは全方位的に顔色をうかがいながらも(笑)、『一発仕掛けてやるぜ』的な熱気はビンビンと伝わってきてるから。


    http://bit.ly/OqC8NX■ワクワク80%

    更には、既存のテレビ…という意味合いとはちょっと違うけれど、スマートテレビの時代だって、もうすぐそこまで来ているのは事実なんだよね。(参考リンク:スマートテレビ)

    更に更に、やっぱりお茶の間の特等席にデンと構えるメディア(受像器)の強さ…とでも言うのでしょうか、これを超える存在はなかなか難しいんじゃないかとも思うのですよ、ボクは。それを裏付けるように、国内の人口ピラミッドを見ても、ますます高齢化社会は進むわけで、その方々がこれからの新しいデバイスに馴染めるか?って考えると、最上級のマスメディアたり得る存在は、やっぱりテレビなんじゃないか?!…と思うわけです。




    ■これからのクロスメディア・コンテンツのあり方の可能性を感じた『メイキュン』

    meikyun.jpg



    ちょっと余談ですけど、先週土曜日(8/25/2012 放送)の『メイキュン』っていう番組は、『TBS』 x 『PLAZA』 x 『みんなのメイク』という3社のコラボ番組で、相当にが面白かったんですよ。

    これは言わば、『人気SHOP』と『人気WEB』を、『テレビ番組』にまとめあげた、最強のTVコラボコンテンツ展開のカタチ。作り方もとても上手だったなぁと、いちいち頷きながら番組を観てました。(番組:参考リンク)


    また、番組の続きは『みんなのメイク』のウェブで見せることで、ロングテールの話題づくりとしても上手だし、なんせ『みんなのメイク』はそもそもメイク動画の投稿サイトなので<視聴者参加型>ときてるし、もうすべてがWIN x WINの関係性を構築できてる。本当に上手。しかも、放送枠も土曜日午後の『王様のブランチ』のすぐ後だったので、もうパーフェクトな流れだったんじゃないかと。※たぶん、今回は関東ローカルだったことからするとパイロット放送だったんじゃないかと思うんだけれど、この店舗×ウェブ×番組というあり方は、全国のローカル局でも今すぐにでも応用可能な仕掛けだったんじゃないかと思うわけです。



    <閑話休題>


    とにもかくにも、だらだらと書いてしまったけれど、ボク個人としては、こんな激動のテレビ業界の片隅に居られる興奮は隠しきれないよなぁーってことと、日進月歩であらゆる放送局やメディアの枠を超えるコンテンツ・番組が増えていくことに、ワクワクしっぱなしなのです、ということで。

    https://www.facebook.com/ishiyamania- - -
     ※加筆:この記事は、ボクのFacebookページのリライト版です。もし宜しければ、ボクのFacebookページで「いいね!」をクリックして頂けると嬉しいです。m(_ _)m (Facebookページ)








*ボクのツイッターの全ログをご覧になりたい方はこちら(twilog "joe_i"
フォローはお気軽に。(Twitter "joe_i"


posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。