| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年04月19日

日本の戦後処理と外交あれこれ

 クは日本人なので、この件に関する内容はすべて、日本擁護に受け取られるかも知れないけれど敢えて書いてみたい。

 まず最初に、ボクは歴史学専門家ではないので、過去、日本が諸外国に対し、どこで、どんなに酷いことをしてきたのは正確に把握しているわけではない。


 ここで「正確に把握しているわけではない」という表現を使ったのは、ボクは日本が定める教科書でしかそれらのことを学んでこなかったからだ。


 それは、現在、反日感情に揺れる中国や韓国の方々もそうであるように、ボクも同様なのだ。


 そして、ボクは戦後生まれであり、リアルに戦争を体験してきた者でもないし、そしてまた、今、反日活動をしている方々も、ボクのような戦後生まれの方々だと思う。




 だからと言って、ボクは、「過去はすべて闇の中なのだ…」ということを言いたいのではない。



 なぜなら、戦後から現在に至るまで日本が戦後処理として行ってきた賠償の詳細と、その時々に取り交わされている書簡と代表者名のサインなどは、正確に書面として残っているものなので、検証は容易で明らかなはずだ。


 ボクは、あれこれインターネットで戦後処理として日本国が行ってきたデータを収集しようとしたが、日本人であるボクでさえも、その国別に掲載されている場所を探すことができなかった(バラバラに散らばったデータをみることはできたが…)



 そこで、ボクはこの機会に、第三者発表による、正確な戦後処理の発表を望みたい。



 ボクが学生時代に教科書で習った内容が事実で、記憶が確かならば、
 

 例えば、中国との戦後処理は、中華民国との平和条約(1952)の日中国交回復に伴い終了していると認識している。


 これが正しいとか間違っているということをボクは言いたいのではない。誤解しないで欲しい。



 ボクはその時に取り交わされた内容を、「これで終了することを認める」という記述があったのかなかったのか、そして、あったのであれば、どの立場の誰がサインを取り交わしたのか?


…という事実を、日本をはじめとする諸外国は知る権利があるはずだし、きちんと認識する必要があるのではないか?と言いたいのだ。


 どの情報が知らされ、どの情報が知らされていないのか?


 それを第三者によって正式に発表してもらいたいのである(※日本でも、中国でも、韓国でも、、、当事者の発表は良くない)


 しかし、例えそのようなことが行われたとしても、「それは捏造である」という解釈はどうかしないでいただきたい。


 だから、信用のおける第三国がそれを引き受けては貰えまいか?と願うのである。


 問題がこじれれば、例え夫婦であっても家族であっても裁判所が必要なように、当事者間の問題解決にはすべてにおいて限界があるのである。


 
 また、最後にこれだけは言いたいということがある。


 それは、ボクも観て涙したが、韓国映画の「brotherhood」の例えを出すまでもなく、ボクたち一般国民は、誰ひとりとして、戦争に望んで行った者などいない、ということがひとつ。


 そして、現在の出来事を過去の価値観でそのすべてを計ることが不可能なように、過去の価値観を現在の価値観に照らし合わせて解釈することも難しいのではないか?ということがふたつ。


 さらに、三つ目も、上の二つと少々重なるけど、「当時は、有無を言わさず、それが正しいこと」と誰もが信じて、いや、そう信じるしか選択肢がなかった状態で出兵した経緯は、どの国の国民も同じなのだ、と。

 

 そして、最後のひとつが、

 何故、日本はこれほど周囲の国々に嫌われるのか?ということを、そろそろ日本は真摯に考える必要があるのではないか?ということ。


 「相手が理解してくれないから…」というのは理由にならない。


 例え、相手が理解を示そうとしなかったとしても、良好な関係性を構築してゆくことが外交という仕事なのではないだろうか?



 「外交が下手」というのは、日本のマスメディアの常套句だけど、そんなステレオタイプのようなことではなく、具体的に、良好な関係性を築くためには何が欠けていたのか?


 どうすればよいのか?ということを、


 ボクはコミュニケーションの仕事に携わっている立場からも、是非とも、日本政府の関係者には真摯に取り組んでもらいたいと切に願うのである。


 ※参考リンク:Yahoo!カテゴリー「中国の反日行動」
 ※参考リンク:Yahoo!カテゴリー「韓国」




posted by 石山城 at 03:54 | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。