| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年12月17日

若者の「兵役」の一考察





石原さんの言った「今の若者は軍隊でも行って鍛え直した方が良い」っていう、兵役を示唆するコメントに対するTwitterでのツイートが目立つけれど、ちょっとボクなりに考えてみた。

本当にダメかな?…って。

・それが例えば3ヶ月とか半年ぐらいだったらどう?
 
・イスラエルのように、そこで徹底的にITやリタラシー教育が習得できるカリキュラムとかがあったらどう?

・あまりにも画一的で横並びな日本のシステム…例えば、大学のスケジュールや企業の就業規定などなど、このシステムを韓国のように19〜35歳までの間に…という自由度をもうけたら、風穴をぶち空けられないだろうか?

- - -

骨髄反射的に「No」を唱える前に、「兵役」っていうウルトラC的エクスキューズを用いたとしたならば、問題解決の絶好の機会にならないかな、と。

※もちろん、ボクは両手を挙げて賛成を唱えているわけではありませんよ。単純に「問題解決と最高の教育の機会」と捉えているだけです。


posted by 石山城 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。